番組ラインナップ

ストーリー

釣りうぇ~ぶ

223 GEARWAVE2024イチオシアイテムSP

釣りうぇ~ぶ 223 GEARWAVE2024イチオシアイテムSP 釣りうぇ~ぶ 223 GEARWAVE2024イチオシアイテムSP

223 GEARWAVE2024イチオシアイテムSP

2024年の各メーカーイチオシアイテムについて、釣りフェスティバル&フィッシングショーOSAKAの会場で開発担当者に特徴やスペックなど詳しく紹介していただきます。
釣り人の“見たい!知りたい!釣ってみたい!”心を刺激し釣りをより楽しむための多彩な要素を盛り込んだ番組独自の取材情報を主軸にスタジオから毎回発信!

初回放送
2024年2月9日(金)
出演者名
井手 大介・岡田 万里奈・高橋 麻美
ロケ地
神奈川県 横浜市・大阪府 大阪市
対象魚
ブラックバス・アオリイカ・メジナ・トラウト

出演者プロフィール

  • 井手大介

    音楽や釣りなどのアウトドアをこよなく愛し
    メディアを通して楽しさを広めている。
    2年間で200魚種を釣る「200目チャレンジ」にも成功。
    現在はラジオDJを始めテレビやイベントのMCとして活躍中。

  • 岡田万里奈

    元ガールズバンドボーカルとして活躍。
    釣りは、子供のころからフライフィッシングに親しみ家族で楽しんできた。
    また、ルアーなどの釣具を自作することが趣味。
    2021年10月より番組MCに就任。

GearWave

メーカー
シマノ
出演者
松岡豪之

「ツインパワー」

実釣における耐久性、機能的であることを追い求め続けるツインパワーが2024年、盤石の進化を遂げてリニューアル。ステラに搭載されている最先端の技術、インフィニティクロス、インフィニティドライブ、インフィニティループ、デュラクロス、アンチツイストフィンを搭載。37年間にわたって磨き上げ続ける質実剛健のコンセプトを踏襲し、徹底的に鍛え上げられた。

GearWave 「ツインパワー」

GearWave

メーカー
ブルーブルー
出演者
村岡昌憲

「エグイド90F」

ゆっくり引くだけで微細な動きを演出するフローティングミノー。ベイトが小さい春やバチ抜けシーズン、サヨリがメインベイトになる秋口などのシーバスフィッシングにおススメなマイクロベイトパターンの切り札!潜らせても20cmという設計により、水面直下を狙いやすく、リールワークで変化を加えるスローなアプローチで、気難しいシーバスの喰い気を誘う。

GearWave 「エグイド90F」

GearWave

メーカー
ヤマシタ
出演者
川上英佑

「エギ王K」

低活性のイカを釣る為の「エギ王K」に待望の新色“ボルカノロック”が登場。その名の通り、火山帯を思わせる色合いはアングラーが回遊待ちのイカを狙う赤茶色の岩礁帯に近い。イカが見上げている時はシルエットが目立ち、沈下時は周囲に溶け込むカラーはメリハリがあり効果抜群!さらに、人気のネオンブライトには「シャロー/スーパーシャローシリーズ」が追加。フィールドの水深に応じて使い分けることで、スレたイカにも効果絶大!

GearWave 「エギ王K」

GearWave

メーカー
フィッシュマン
出演者
赤塚ケンイチ

「Beams inte 7.7UL」

ソルトベイトフィネスの異端児、乗せと掛けの「inte」シリーズに、大物にも対応する7.7ULモデルが新登場!無駄を削ぎ落して軽量化を追求しつつも尺メバルにも対応できる張りをもたせることで“硬いが曲がる”魔法のブランクスを実現!アジングやメバリングはもちろん、フリーリグチニングやライトエギング、さらにキジハタゲームなど、ライトだけでなくミドルなゲームも視野に入る。その他、人気の「PE革命」の紹介も。

GearWave 「Beams inte 7.7UL」

GearWave

メーカー
マルキユー
出演者
平和卓也

「M.S.P(S)レッド」

オキアミを模した“つ”の字型のペレット「M.S.P」が遂に単体で登場!これまでもフカセ釣り用のベースエサに配合され、釣れた魚の胃袋を調べると「M.S.P」が捕食されていることは証明済み!水中でオキアミと同調し、ゆっくり拡散しながらユラユラと沈む様子は魚の視覚にアピールし、喰いと活性を高める。既存のベースエサにさらに「M.S.P」を加えることで、より高い集魚力に期待!

GearWave 「M.S.P(S)レッド」

GearWave

メーカー
ダイワ
出演者
川村光大郎

「STEEZ SV TW」

DAIWAが持つバスフィッシングへの本気を、バスフィッシングに本気で向き合う人々と共感する。そんな開発陣の秘めた想いが具現化したシリーズ「STEEZ」に第3世代となる新リールが登場!DAIWA独自の“SV”スプールと、レベルワインド“TWS”の搭載はもちろん、投げの設計思想「アルティメットキャスティングデザイン」を初採用。トラブルレスで、もっと遠くに、より正確にルアーを運ぶ。コンパクトな設計により、アングラーにより異なる様々な持ち方にもフィット。より快適に釣りを楽しめる。

GearWave 「STEEZ SV TW」

GearWave

メーカー
がまかつ
出演者
北村憲一、竹内潤太郎

「がま磯アテンダーⅢ」

“対象魚をいかに楽に獲り込むか”がま磯の真骨頂ともいえる「一定の竿角度でためているだけで、魚を浮かす」という設計思想をメインコンセプトに掲げ、3代目アテンダーは開発された。ブランクには、更なる粘りとパワーを演出するため、ASD(アクティブサスデザイン)の究極進化系「ウルトラASD」を採用。スムーズな曲がりは細ハリスにもやさしく、繊細なアプローチでスレた魚も攻略できる。操作性を向上させるため、リールシートやエンドグリップの形状を見直し、ホールド性の高いものを採用。さらに、先短設計を採用することで操作性を高めつつ、胴のパワーを瞬時に引き出すことが可能に。また、釣り場で竿を保持した際の持ち重りが低減するように重心の位置を最適化。様々な新要素を纏い、アテンダーが更なる進化を遂げた。

GearWave 「がま磯アテンダーⅢ」

GearWave

メーカー
サンライン
出演者
宮原浩

「トルネード SV-1(エスブイ・ワン)」

魚を欺く、ステルスピンク。
魚からは見えにくい色の波長を解明し、緻密な研究データを基にサンラインが生み出した「ピンクハリス SV-Ⅰ」。
当時のハリスの常識を打ち破ったSV-Ⅰに、同社の新テクノロジー「プラズマライズ」を新たに搭載。
「究極の潮馴染み」性能を手にした新生SV-1が、あたかもエサだけが海中を漂う姿を演出する。

GearWave 「トルネード SV-1(エスブイ・ワン)」

GearWave

メーカー
issei
出演者
村上晴彦

「形にとらわれない」という理念のもと創られたジギングメーカー「beat」。

ジギングメーカ-beatの先代の代表、大貝俊也氏と生前から親交のあった村上晴彦が遺志を伝承。
「株式会社beat」として産声をあげ、メーカーロゴを「&beat」と一新、村上晴彦氏が総合プロデューサーとして就任、あらたな一歩を踏み出します。

GearWave 「形にとらわれない」という理念のもと創られたジギングメーカー「beat」。

GearWave

メーカー
エバーグリーンインターナショナル
出演者
菊元俊文、清水盛三

「DDエックスオーバー」

エアロシェイプボディ&リップで、ミサイルのようにカッ飛び、スルスル巻ける。有効攻略レンジは5.5m。だが、ターゲットはディープだけにとどまらない。中層では、バルサ製ルアーを彷彿させるヌメヌメアクション。ボトムでは、舐めるように障害物をかわすヒネリアクション。全てのバイトを絡め獲るトレブル×3フックで、シャローのボトムから超ディープの中層まで、ハードベイト戦略の前例を超える清水盛三の次世代クランキングシャッド。

GearWave 「DDエックスオーバー」

「J×Jミノー」

ベイトフィッシュに固執するセレクティブなバスに効果的なジョインテッドミノー。
とはいえ特殊な状況だけに焦点を合わせた、使い手にシビアなセッティングや技術を要求する設計でなく、投げて巻くという基本動作を続けやすい小さすぎないサイズ感&弱すぎない波動・振動が特徴。全国定番のワカサギやアユパターンのみならず、霞水系のシラウオパターンにも対応。

GearWave 「J×Jミノー」

「Combat Stick ORION OCSC-68ML ファイアソード」

特殊な超低弾性カーボンとグラスのハイブリッド設計。グラスロッドに比肩する吸込み性能とバラシにくさを実現するだけでなく、カーボンロッドならではのキャストフィール・感度・操作性を実現したオライオンのクランキングスペシャル。

GearWave 「Combat Stick ORION OCSC-68ML ファイアソード」

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。

放送スケジュール

放送日 開始時間 回数・サブタイトル
現在放送予定はありません。
その他のストーリー
3月8日(金) 21:00 225
3月9日(土) 24:00 225
3月10日(日) 14:00 225
3月11日(月) 17:00 225
3月12日(火) 12:00 225
3月22日(金) 21:00 226
3月23日(土) 24:00 226
3月24日(日) 14:00 226
3月25日(月) 17:00 226
3月26日(火) 12:00 226

223 GEARWAVE2024イチオシアイテムSP。2024年の各メーカーイチオシアイテムについて、釣りフェスティバル&フィッシングショーOSAKAの会場で開発担当者に特徴やスペックなど詳しく紹介していただきます。 釣り人の“見たい!知りたい!釣ってみたい!”心を刺激し釣りをより楽しむための多彩な要素を盛り込んだ番組独自の取材情報を主軸にスタジオから毎回発信! バスフィッシング、沖釣りをはじめ、さまざまなジャンルの番組を放送している日本で唯一の釣り専門チャンネル『釣りビジョン』公式サイト。多数の動画、全国の釣具店情報、釣果情報なども無料で利用できます。BSデジタル放送、スカパー!、ケーブルテレビ等で放送中!