俺に訊け

いはら釣具 本店

2017-11-25放送
  • 釣具店名

  • 出演者

    石塚和彦さん

  • 釣りのアドバイス

     いはら釣具 本店

    投げ釣り(カレイ)

    鳴門沿岸の投げ釣りのカレイは、1年を通して人気のある釣り。秋は大型が多く、マコガレイ、イシガレイの30~40㎝超が狙えます。

    鳴門沿岸カレイ投げ釣りTackle
    竿 :投げ釣り用竿4m前後 25~40号負荷
    リール:投げ釣り用リール 4000~5000番ドラグ付き
    道糸 :PE3号200m
    力糸 :7~8号10~15m
    天秤 :25~40号
       ★スパイク天秤、円盤天秤など
    仕掛け:市販の2本針(ハリス4~5号)
    エサ :ホンムシ、アオイソメなど

    『地形変化を探る』
    カレイは、駆け上がりやシモリ周辺など地形に変化がある場所に潜んでいます。沖、足元、正面、左右など様々な場所に投げてみて、ゆっくり引いてきたときに、少し引っかかるような場所がポイントです。止めて待ちましょう。
    高い場所から見ることができれば、明るいうちに探ってみましょう。

    『餌はこまめに交換する』
    餌は常に新鮮なものに交換しましょう。ヒトデやウミケムシなどエサ取りも多い時期です。仕掛けをポイントに入れたまま放置しないで、こまめに引き上げ餌を交換し、エサ取りをかわしましょう

    『釣り座を決めたら、その場所で粘ってみる!』
    カレイはそれほど移動しません。同じ場所にいながら、時合にならないと口を使わないことが多い魚です。釣り座を決めたら、そこから狙えるポイントを見極めじっくりと時合を待ちましょう。複数の竿を出して、潮どまりの前後などは特に集中しましょう。

    『仕掛けに一工夫』
    カレイは砂地に生息しています。濁った中でも仕掛けが目立つように、エッグボールやキラキラと光るビーズなど仕掛けを目立たせるアイテムでアピールしてみましょう。ただし、エサ取りが多いときは注意が必要です。

    鳴門周辺のカレイは、12月くらいまで楽しめます。ポイント情報やタックル選びなど、詳しい情報はぜひ店頭までお問い合わせください。

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。