俺に訊け

福岡県 釣具のポイント 八幡本店

2017-12-23放送
  • 釣具店名

  • 出演者

    甲斐淳嗣店長

  • 釣りのアドバイス

     福岡県 釣具のポイント 八幡本店

    落としこみブリ(玄界灘)

    ブリは、ヤズ→ハマチ→ブリと出世していく魚なので縁起物として人気があります。
    正月の雑煮には、ブリを入れたブリ雑煮が定番です。また、九州北部では“嫁御ブリ”という風習があって福岡の嫁さんを貰ったら次の初正月には、旦那の両親からお嫁さんの両親にブリを送ることで、いいお嫁さん(嫁ブリが良いと認めているということになるそうなんです。

    玄界灘 落とし込みTackle
    サオ:落としこみ専用竿2.4m前後 80~150号負荷
    リール:中型電動リール
    道糸:PE4~6号 300m
    市販仕掛け(6本針)
    ハリス:14~20号
    ハリ:食わせ針 太地キツネ針(フラッシャー付き)
    オモリ:100号前後

    『仕掛けを止めない』
    この釣りは、中層で専用のサビキ仕掛けにベイトを食わせそのまま落として大型魚を食わせる釣りです。船長が指示ダナを教えてくれますが、そのタナで仕掛けを止めてはいけません。仕掛けを止めるとベイトが掛かりにくいです。多少サミングをしながら、一気に底まで落としましょう。底を取ったら糸ふけを取り、ベイトが掛かっていれば1~2mほど上げて待ちます。ベイトが掛かっていなければ、指示ダナより10mくらい上げて、再び底まで一気に落とします。

    『ベイトのかかりが悪ければ、仕掛けをサイズダウン』
    ベイトの掛かりが悪ければ、仕掛けのサイズを落としましょう。ハリス16号くらいが標準の仕掛けですがベイトが掛からなければ、16号→14号→12号とサイズダウンしていきましょう。また、天候によってはケイムラフラッシャー付きの仕掛けが非常に有効な場合があります。仕掛けの種類も豊富に用意することをオススメします。

    玄界灘の落とし込みは、例年9月から年明け1月いっぱいくらいまで楽しめます。興味のある方は道具選びから船宿情報など、お気軽にお問い合わせください。

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。