釣りビジョン マガジン

2022年06月28日公開

静岡県沼津市・西浦、平沢堤防でファミリーフィッシング!

438_main

静岡県沼津市・西浦の平沢堤防は、ファミリーフィッシングにピッタリな釣り場である。毎年2回、同僚の親子たちと家族ぐるみでの釣りを楽しんでいるが、今回はその平沢堤防に出掛けた(今回で3回目)。ここでの“初釣り”は2021年5月だったが、その時は、メジナやタカベが入れ喰いだった。

【この記事を書いたライター】磯部 哲

小サバを狙ってフカセ釣り

午前5時半過ぎ、同僚の中野親子、元同僚の麗ちゃん(長野から参戦)、磯釣りクラブメンバーの杉崎さん(私の釣りの師匠)をピックアップし、コンビニで買い物を済ませて平沢堤防を目指した。

午前7時前に伊豆長岡三津線から内浦湾に出る。途中の木負堤防、久連堤防は多くの釣り人で満員御礼。程なく平沢堤防に到着したが、既に12、13人の先着者がいた。過去2回の釣行では、この時間でも堤防の先端を確保出来たが、今年の伊豆半島はアオリイカがフィーバーしているためか大賑わいである。そこで、今回は堤防の中間に陣取ることにした。

まずは中野兄の仕掛けを準備する。仕掛けは3m程の振出し竿に小型スピニングリール、Bの円錐ウキにオモリBをセットして、1.5号のハリスに6号のグレバリを結んだ。タナはまずは1尋(約1.5m)。コマセはオキアミ6kg、パン粉2kg、ヌカ3kgを準備、これを全員で使う。付け餌は生オキアミ(コマセと共用)。

コマセを撒くと、暫くして小サバがやって来た。中野兄が仕掛けを入れると、付け餌が馴染む前にハリスをひったくられる。合わせを入れると狙い通りに小サバをゲット!魚が見えるようになったので、タナを矢引き(約1m)に再調整した。一方の中野弟は兄を見て、「早く仕掛けを作って!」とせがむ。焦る私の横で杉崎さんが延べ竿仕掛けを組んでくれた。固定ウキにオモリBをセットして、1号のハリスに4号のグレバリを結び、タナは矢引きでスタート。兄に負けじと1投目から小サバを釣り上げた。

平沢堤防 こじんまりした堤防であるが魚影は濃い
平沢堤防 こじんまりした堤防であるが魚影は濃い
幸先よく小サバをゲット
幸先よく小サバをゲット

狙い通りメジナがヒット!

暫くすると、海底付近にメジナの姿が見え始めた。コマセの量を多くすると、メジナが段々と上ずってくる。2人の仕掛けをタナ1尋に調整すると、狙い通りメジナが喰って来た。20cm弱の小型だが心地よい引きを味わい、2人ともご満悦。そんな兄弟の父は一段高い場所でウキフカセ釣りをやっているが、なかなか釣れない。苦労の末に釣り上げたのはネンブツダイだった。面倒見の良い麗ちゃんは、子供たちの面倒を見ながら合間に竿を出し、延べ竿を満月にしながらメジナ釣りを楽しんでいる。杉崎さんは皆に釣り方のレクチャー、横目で子供たちの釣りを見ながら自身も竿を出している。流石の杉崎さん、1投1匹のハイペースでメジナを釣り上げニコニコだ。暫くすると杉崎さんに呼ばれた。「メジナの動きを見てみな」と言われ、海中を覗いてみると、打ったコマセに反応したメジナが海底から上を向いて湧いてくる。コマセに到達したメジナは口を使った瞬間、反転して海底に戻る動作を見せた。頭の中では分かっているが、普段の磯釣りでは滅多に見られない状況で、フカセ釣りにおけるタナ合わせがいかに重要か堤防釣りで教えられた。

綺麗な尾長メジナ
綺麗な尾長メジナ
 

この日最大魚の到来!!

この日はサビキ用のアミコマセと投げ釣り用の青イソメも準備して来たので、仕掛けを変更した。トリックサビキを試していた中野兄にこの日初めてのタカベがヒットした。「これは良いぞ」と期待したが、何故か後が続かない。「それでは、海底の魚はどうだ?」と投げ釣り用のジェット天ビン仕掛けでシロギスを狙ってみる。平沢堤防の先端側は、沖に生け簀が設置されているので水深もあり、過去の釣行から海底は砂地である事を知っていた。30m程度のチョイ投げで海底の様子を探ってみると、頻繁に海草に引っかかって釣りにならない。どうりでアオリイカ狙いの釣り人が多いはずだ。仕方なく仕掛けはそのままで、青イソメ1匹をハリ付けて、足元付近に投げ込んで置き竿にした。

5分程経ったところで置き竿のドラグがジージーと鳴って道糸が走った。慌てて竿に駆け寄り、ドラグをきつく締めてフッキングするとなかなかの手応え。この竿は中野弟がこの日のために新調した竿なので、ここでバトンタッチ。小さな身体で頑張って巻き上げると、この日最大のタカノハダイをゲット!小さなヒーロー誕生に堤防が盛り上がった。

サビキ釣りではタカベがヒット
サビキ釣りではタカベがヒット
この日最大魚はタカノハダイ
この日最大魚はタカノハダイ
今回の釣果
今回の釣果

楽しい昼食タイム

「こんなにたくさん釣ったのですか?」と話しかけられ、堤防は他のアングラーとコミュニケーションが取れる素晴らしい釣り場だと再認識した。

釣りの合い間にランチを取った。外で食べるご飯は最高だ。しかし、昼食の最中に急に雲行きが怪しくなり、あれよあれよという間に雨脚が強くなって来た。予報よりも早い雨となったが、十分な釣果と美味しい昼食が取れたため、片づけをして本日の釣りはここで終了とした。

麗ちゃんが食べた全部乗せ
麗ちゃんが食べた全部乗せ
釣りで出たゴミは必ず持ち帰ろう
釣りで出たゴミは必ず持ち帰ろう
小サバはから揚げに
小サバはから揚げに

施設等情報

平沢港
〒410-0234 静岡県沼津市西浦平沢

施設等関連情報

車:新東名高速道路・長泉沼図ICから約35分
※駐車料金:一回700円
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

磯部 哲
伊豆半島・真鶴半島をメインに活動する磯釣りクラブ「湘南爆釣族 まるやま倶楽部」の斬り込み隊長 兼 小物釣り師 兼 週末アングラー。磯釣り歴は約15年で絶賛修行中。釣った魚を料理するのも大好き。クラブメンバーで釣行を共にする杉崎さん、竹中さん、高橋名人、磯部の「釣れないカルテット」が繰り出す珍釣行に、乞うご期待!!
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事