釣りビジョン マガジン

2022年09月22日公開

川のエリアも面白い!ストリームエリア必釣の超基本!

524_main

エリア(管理釣り場)と言えば、イメージされるのはポンド(池)の釣り。ただ、そればかりがエリアではない。自然の川を利用したストリームタイプのエリアも存在する。山梨県大月市にある『奈良子釣りセンター』もそのひとつ。ここはポンドのほか、自然の川を利用したストリームエリアや本格渓流もあるのが魅力の管理釣り場。そのため、流れのある川でのトラウトゲームも楽しめるのだ。今回は、この奈良子釣りセンターのストリームエリアでのライト&カジュアルなエリアフィッシングをムカイフィッシングのMAX田中さんに紹介してもらおう!

ポンドよりも釣りやすい魚が多いのがストリームエリア

「ストリームのエリア」と聞くと難しい?とイメージする人もいるかもしれないが、ある意味ではポンドタイプのエリアよりも釣りやすく、よりビギナー向きの一面もある。というのも流れがあることで、魚の着き場や向きが明確になるからだ。
「基本的に魚は流れの上流に頭を向けて泳いでいます。そこを意識すると魚の見つけ方やルアーの通し方がわかりやすくなる。また、ポンドの魚に比べ隠れ場所も多く、流れによって酸素量も豊富なことが多いため、比較的釣りやすい魚が多い傾向です。なので、ライト&カジュアルに楽しむスタイルにはかなり適していると言えますね」とMAX田中さん。
もちろんストリームエリアにもスレた魚はいるし、手強い状況はある。でも、隠れ場所が少なく絶えず四方八方からルアーが行き交うポンドタイプのエリアに比べると、魚たちにかかるプレッシャーはおしなべて少ないのだ。

奈良子釣りセンターのストリームエリア。こちらはルアー&フライ区間。今回はここで流水ゾーンのエリアフィッシングを楽しむ
奈良子釣りセンターのストリームエリア。こちらはルアー&フライ区間。今回はここで流水ゾーンのエリアフィッシングを楽しむ
自然の川を利用した奈良子釣りセンターのストリームエリア。流れの中でヒットさせたニジマスはファイトも強く楽しい!
自然の川を利用した奈良子釣りセンターのストリームエリア。流れの中でヒットさせたニジマスはファイトも強く楽しい!

ルアーはポンドでも活躍するクランクベイトが必携!

「多用するルアーは潜行深度1mほどのエリア用クランクベイトですね。これは僕がポンドタイプでも最も使っているルアーです。つまり、ストリームエリアでも通常のエリア用ルアーでOKというわけです。あえて言うなら、潜りすぎず、波動が強めのタイプが使いやすいと思います」とMAX田中さん。
流れのあるストリームだからといって、渓流用のルアーを用いず、通常のエリアルアーとタックルで遊ぶのがMAX田中さんのスタイル。しかも本格的な渓流用のミノーよりも、ポンドで使用するクランクのほうがストリームでも釣りやすく釣果が伸びるケースも多い。
「ストリームであっても、やはりエリア。流れの速いところもありつつ、流れの弱いところにも魚が多い。そういう場所ではエリア用のルアーのほうがスピード感的にも使いやすく、反応もいいんです」

使用ルアーはトレモ35MR-F(ムカイ)。波動が強めで、かつスローに水面直下~水深1mのボリュームゾーン(釣りやすい魚が多くいるゾーン)を引きやすいクランクベイト。ストリームでも必携!
使用ルアーはトレモ35MR-F(ムカイ)。波動が強めで、かつスローに水面直下~水深1mのボリュームゾーン(釣りやすい魚が多くいるゾーン)を引きやすいクランクベイト。ストリームでも必携!
 

ストリームだからこそ活躍する視認性の高いカラー

クランクベイトならば水流を受けて泳ぐルアー自体が釣れる動きを演出してくれる。そのため、アングラーは余計なアクションを加える必要がない。それよりも大事なのは、釣れそうな魚がいそうな場所を正確に通してくることだ。
「特に白泡のあるような流れの中では、自分のルアーの位置が把握しづらい。すると、ココだ!という場所をルアーが通っているのか、いいアプローチができているのか……がわかりにくい。なので、ストリームエリアでは、視認性の高い派手な色のルアーがオススメです。魚へのアピールもありますが、まずはアングラー自身がどこを通しているか?を把握するための派手系が基本カラーです」
地味系を投げるのは、派手系でチェックしてからだ。派手系で釣れれば当然OKだし、釣れなくても、視認性の高いルアーを投げておくことで、流れの中でのルアーの軌道を把握できる。だからこそ、最初は派手系カラーから投げることがキモなのだ。

基本は派手系のカラー。視認性が高くルアーの位置を把握しやすい。また、放流間もない魚や高活性な魚ほど派手なカラーへの反応もよい。そのため活性の高い魚を寄せる効果も高いのだ。派手な色で反応が渋い時や反応が薄くなったら地味なカラーをフォローで投入
基本は派手系のカラー。視認性が高くルアーの位置を把握しやすい。また、放流間もない魚や高活性な魚ほど派手なカラーへの反応もよい。そのため活性の高い魚を寄せる効果も高いのだ。派手な色で反応が渋い時や反応が薄くなったら地味なカラーをフォローで投入
派手系は視認性が高いだけでなく、高活性の魚に対して高いアピール力と集魚能力を発揮。ストリームでは派手系のクランクから!
派手系は視認性が高いだけでなく、高活性の魚に対して高いアピール力と集魚能力を発揮。ストリームでは派手系のクランクから!
地味系は派手系での反応がよくない時に使用。派手系で釣ったあと、同じトレモ35MR-Fの喰わせ系カラーにチェンジしてキャッチ
地味系は派手系での反応がよくない時に使用。派手系で釣ったあと、同じトレモ35MR-Fの喰わせ系カラーにチェンジしてキャッチ

数を伸ばすならダウンストリームの釣りを実践せよ!

ストリームエリアでは魚が上流を向いていることと、派手系とフォローの地味系のクランクベイトを使うことはわかった。では、ストリームエリアではどう釣るのが正解か?落ち込み下の白泡の中に潜んだ高活性な魚であれば、対岸へクロスでキャストして流れを横切るように巻いてくるだけOK。ただ、エリアだけに多少なりともプレッシャーがかかっている魚も多い。そういった魚たちは流れの緩い場所でゆったりステイしていることが多く、クロスでルアーを横切らせても、振り向いてルアーを追ってくることが少ない。しかし、MAXさんが狙うのは主にこのような魚たちだ。
「ルアーを横切らせて釣れるならいいですが、そこまでの活性ではない魚のほうが圧倒的に多い。そんな魚たちを釣るには、ルアーを下流側に投げ、クランクベイトを流れに逆らわせながら巻いてくるダウンの釣りをしたほうが効果的です。なぜなら、そのほうが魚の目の前にルアーをとどめておけるから。横切るルアーを追うことはしないけど、目の前でルアーが泳ぎ続ければ、口を使う。そういった魚のほうが多いんです。だからこそ下流からゆっくりルアーを巻いてくるダウンの釣りがオススメなんです」

クロスの攻め方。×印の場所にルアーを投げ、流れを横切らせてくる。泡の下流の○印にいるトラウトの目の前を横切るようにリトリーブしてくる。活性の高い魚に効果的な攻め方だ
クロスの攻め方。×印の場所にルアーを投げ、流れを横切らせてくる。泡の下流の○印にいるトラウトの目の前を横切るようにリトリーブしてくる。活性の高い魚に効果的な攻め方だ
活性の高い魚は白泡の下に隠れていたり、白泡の下流側で流下してくる餌を待っているケースが多い。一度はルアーを横切らせ反応をチェックしたい。まずはクロスで攻めてみよう
活性の高い魚は白泡の下に隠れていたり、白泡の下流側で流下してくる餌を待っているケースが多い。一度はルアーを横切らせ反応をチェックしたい。まずはクロスで攻めてみよう
白泡の下をトレモ35MR-Fが通過。視認性の高いルアーだと、このようにルアーの位置が確認できる。これが大きなメリットだ
白泡の下をトレモ35MR-Fが通過。視認性の高いルアーだと、このようにルアーの位置が確認できる。これが大きなメリットだ
ダウンの釣り方。下流側に投げ、ゆっくりと巻いてくる。ダウンでは水に強く押されるため、通常のスローよりも、さらにゆっくり巻くこと。通常のスローくらいでは、抵抗が強くなりすぎてクランクが暴れすぎてしまうのだ。また、ココ!と思う場所では巻きを止めて泳がせ、バイトを待つ!
ダウンの釣り方。下流側に投げ、ゆっくりと巻いてくる。ダウンでは水に強く押されるため、通常のスローよりも、さらにゆっくり巻くこと。通常のスローくらいでは、抵抗が強くなりすぎてクランクが暴れすぎてしまうのだ。また、ココ!と思う場所では巻きを止めて泳がせ、バイトを待つ!

クランクベイト以外のオススメルアー

クランクベイト以外にもスプーン、ミノーなどストリームエリアで効果的なルアーは多い。ただ、クランクでは反応しづらい魚、釣りきれない魚に対してという意味なら、オススメはボトム系ルアーやスピナーだ。
「ボトム系ルアーはより深い場所をダイレクトに狙う場合や、落ち込みの脇や岩陰などのピンスポットを狙う場合に有効です。スピナーはブレードが回転するので、クランクよりもハイアピールで放流直後の高活性魚にはもちろん、活性が落ち気味の魚のスイッチを入れる効果もあるので、キリフダ的に使ってみるのもアリです」

ポゴ(ムカイ)。ダートアクションを得意とするボトムダートミノー。落ち込みの脇や岩陰のピンスポット狙いや、流れの緩い場所ではボトムを取ってダートさせながら誘ってくるのが効果的だ
ポゴ(ムカイ)。ダートアクションを得意とするボトムダートミノー。落ち込みの脇や岩陰のピンスポット狙いや、流れの緩い場所ではボトムを取ってダートさせながら誘ってくるのが効果的だ
ポゴはボトムでヘッドを着底させて、テールを上に向ける。そのため魚がついばみやすい。底を意識した魚に対して威力を発揮する
ポゴはボトムでヘッドを着底させて、テールを上に向ける。そのため魚がついばみやすい。底を意識した魚に対して威力を発揮する
Bボール(ムカイ)。おそらくエリアトラウト界初のスピナーベイト。回転するブレードで魚を寄せ、バイトボールで喰わせる「寄せと喰わせ」を兼ねたルアー。幅広いリトリーブスピードに対応
Bボール(ムカイ)。おそらくエリアトラウト界初のスピナーベイト。回転するブレードで魚を寄せ、バイトボールで喰わせる「寄せと喰わせ」を兼ねたルアー。幅広いリトリーブスピードに対応
スピナーがそうであるようにトラウトは回転するブレードルアーも効果的。ダウンで巻いてきてキャッチ。追う魚は多数いた
スピナーがそうであるようにトラウトは回転するブレードルアーも効果的。ダウンで巻いてきてキャッチ。追う魚は多数いた
ロッドはエアースティックゼロASZ-1602UL-M(ムカイ)。軽いルアーの操作からボトムルアーまでこなすロッド。超高感度内空太軸ブランクが特徴。リールはヴァンキッシュC2000S(シマノ)。ラインはPE0.3号にフロロリーダー3lbをセット
ロッドはエアースティックゼロASZ-1602UL-M(ムカイ)。軽いルアーの操作からボトムルアーまでこなすロッド。超高感度内空太軸ブランクが特徴。リールはヴァンキッシュC2000S(シマノ)。ラインはPE0.3号にフロロリーダー3lbをセット
アングラー=MAX田中。ムカイフィッシングで企画開発&営業を担当する。ライトでカジュアルなスタイルのエリアフィッシングを提唱している。最近では渓流ルアーフィッシングへも足繁く通うアングラーだ
アングラー=MAX田中。ムカイフィッシングで企画開発&営業を担当する。ライトでカジュアルなスタイルのエリアフィッシングを提唱している。最近では渓流ルアーフィッシングへも足繁く通うアングラーだ

施設等情報

■奈良子釣りセンター
〒409-0635 山梨県大月市七保町奈良子10
TEL:0554-24-7636 奈良子釣りセンターホームページ

施設等関連情報

■料金
一日券:6時30分~17時まで。4,700円(大人)3,800円(女性・中学生)3,000円(小学生以下)※魚の持ち帰りは10尾(合計2kg以内まで)
半日券:6時30分~12時まで(午前券)12時~17時まで(午後券)。3,600円(大人)3,200円(女性・中学生)2,500円(小学生以下)※魚の持ち帰りは5尾(合計2kg以内まで)
※ルール等は公式HPを参照
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

宮崎 紀幸
東京は多摩川のほとりに住まうフリーランスライター。
地元・多摩川での釣り&野外活動を楽しみつつ、自身でもトラウトやシーバスなどのルアーフィッシングを嗜む。冬はカワハギ釣りにも熱くなる!
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事