『富士丸・千葉県大原港』記事一覧

『富士丸・千葉県大原港』記事一覧

富士丸・千葉県大原港

2020年11月15日

02_main.jpg

千葉県・大原沖で一つテンヤ・マダイが絶好調!!

千葉県・外房、大原沖の一つテンヤ・マダイは、この時期、数釣りに沸く。元気の良いマダイが活発に餌を追うため、入門者でも楽しめ、経験者にはステップアップのチャンス。大原港『富士丸』に出掛けた。

富士丸・千葉県大原港

2019年11月1日

02_main.jpg

千葉県・大原沖、秋の一つテンヤ、釣り入門にもおすすめ!!

様々なターゲットが本格的シーズンを迎える秋。手軽な道具を使ってゲストも多彩、時に良型も狙える一つテンヤは、沖釣り入門としても好適だ。一つテンヤ・マダイ釣り発祥の地として知られる千葉県・外房、大原。秋のシーズンの様子を伺いに大原港『富士丸』に出掛けた。

富士丸・千葉県大原港

2018年11月1日

02_main.jpg

千葉県・大原沖の一つテンヤマダイ、秋の数釣りチャンス!

千葉県・大原沖の秋の一つテンヤマダイは魅力が一杯!釣り場の水深が浅く、軽いテンヤでも釣りやすい。数釣りが期待出来るので初心者からベテランまで楽しめる。特に初心者にはいい練習になりステップアップのチャンス!入門するにもアタリが多い今がベストだ。大原港『富士丸』から出船した。

富士丸・千葉県大原港

2017年6月15日

02_main.jpg

千葉・大原沖、水深100m!?未開の領域を一つテンヤで攻略!

映画、音楽、食…あらゆる分野で“ディープな領域”は存在する。それは釣りの世界も同じこと。アユやヘラブナ、イカやフグ釣りの“深み”にハマっている人が、あなたの周囲にも居る筈だ。「このところディープなマダイ釣りをしている船宿がある」と聞きつけ、一つテンヤマダイの“故郷”、千葉県・大原港の『富士丸』へ出掛けた。

富士丸・千葉県大原港

2016年12月1日

02_main.jpg

一つテンヤマダイ、初冬の千葉県・大原沖で食い活発!!

秋から釣れ続いている浅場での一つテンヤマダイ。千葉県いすみ市・大原港『富士丸』の坂下隆一船長から「水深13m前後の浅場で好調だよ。小振りが多いけど1kg級も交じって釣れてますよ。テンヤも3、4号の軽いのがいいね」との情報。11月17日に出掛けた。

富士丸・千葉県大原港

2016年6月15日

02_main.jpg

千葉県・大原沖で“乗っ込み”大型マダイを狙う!

関東地方の梅雨入りが間近に迫り、千葉県・外房、大原沖の一つテンヤで大型マダイが釣れ出したとの知らせ。そこで5月29日、大原港『富士丸』の予約乗合、午前船に乗った。