番組ラインナップ

ストーリー

ギアステーション

第501回

VODで視聴する
ギアステーション 第501回

第501回

釣りにまつわる道具をテーマに各メーカーの最新タックル情報や道具選びのプロからのアドバイス、何かと役立つモバイルサイト情報など盛りだくさんのコンテンツが満載です。お見逃しなく!!

■ギアコレクション
■俺に訊け!
■ギアステモバイル
■MONO×Fishing

初回放送
2016年6月18日(土)
出演者名
松田悟志・福島和可菜

出演者プロフィール

  • 松田悟志

    1999年に俳優デビューして以来、現在までに数々のドラマ、映画、舞台に出演中。最近の主な出演作はNHK「てっぱん」「精霊の守り人」など。その他、エッセイやCDのリリースなど活動の幅を広げている。

  • 福島和可菜

    1982年12月2日 北海道(函館)出身元陸上自衛官。釣り・トレイルランニングなどの趣味を活かして、テレビ・雑誌・CMなどの多方面で活躍中。歌手としても(ビクターレコーズより)現在新曲をリリース中!!

ギアコレクション

メーカー
ジャクソン
出演者
江口俊介、長谷川太紀

『ムシイイィィン』(ブラックバス用ルアー)

存在感抜群のリアルなフォルムを持つ文字通り虫パターン用フローティングワーム。
セミをモチーフにしたリアルテイストのボディは、フィールドでごく普通に目にする虫のサイズ感を意識。一口サイズでありながらファットでボリューミーな設計で、十分な飛距離を稼げる質量と浮力を確保。また、浮力体には中空ボディーを採用し、確実に浮かせつつ虫らしい絶妙な浮き感をキープ。ボディにはこのシンプルな構造により空気抵抗を減らす事は飛距離アップにも貢献。推奨セッティングは、マスバリのチョン掛け。セッティングポイントである頭部・尻部の肉厚を上げる事で耐久性をアップ。ワーム破れによる浸水を防止する事で快適な使用感を実現。9色。7月中旬発売予定。

ギアコレクション 『ムシイイィィン』(ブラックバス用ルアー)

『ヤゴオオォォン』(ブラックバス用ルアー)

シンキングタイプ。虫パターンと言えば、虫を模したソフト&ハードベイトを水面に浮かせて誘うトップウォーターの釣りが主流だが、水面のルアーに反応しても水面を割る事は無く、沈むものにしかバイトしない状況もあり、また虫は陸上昆虫だけで無く水中には多くの水生昆虫が生息しバスにとって重要なベイトの一つとなっている事も事実。トーナメントにおけるシークレットチューニングであるイモラバを、水生昆虫の中でも数が多く、比較的大型になるヤゴをモチーフにリファインしたシンキングタイプの虫ワーム。基本は、ノーシンカーによるフリーフォール&ずる引き。それだけで、ノーアクションの高比重ボディーに装着されたシリコンラバーレッグがプルプルと微波動を生みスレバスを魅了。キモはボディとパーツのマテリアルの違い。
9色。7月中旬発売予定。

ギアコレクション 『ヤゴオオォォン』(ブラックバス用ルアー)

『スーパートリックスターネット180/ラージフレーム/モンスターフレーム』(ランディングネット)

極限までラインを細くして挑むハイプレッシャーなフィールドや、水面まで届かない高所からのアプローチ、ブロックや急斜面のような不安定な足場など、ランディングが難しいとされる状況をアシストするバスフィッシング用ランディングネット。前作「トリックスターネット」をベースによりパワーアップ。ネットフレーム部を、折り畳み式フレームから、ワンピースオーバルフレームへ変更。より掬い易く、強度を優先。シャフトグリップ部は、ラバーチューブから、より滑りにくく、確実なホールドを約束するメッシュラバーグリップに変更、負担の大きい一番シャフトをクロスカーボンで補強。緩みを軽減するオリジナルヘッドキャップを採用。エンドキャップに空気を吸排するエアホールを増設することで、シャフト伸縮がよりスムーズ。ショルダーベルトから、カラビナへの変更。ヤブコギでの脱落を防ぐ、カラビナ付きシャフトホルダーを標準装備。

スーパートリックスター180:36×30cmのフレーム。
ラージフレーム:42×35cm
モンスターフレーム:48×40cm
シャフトの長さは、29cm~1m80cm、42cm~2m80cm、46.5cm~3m80cmの3サイズ。
カラーは、パープル×オレンジ、ゴールド×ブラック、ブルー×シルバーの3種類をラインナップ。7月末発売予定。

ギアコレクション 『スーパートリックスターネット180/ラージフレーム/モンスターフレーム』(ランディングネット)

俺に訊け

釣具店名
大阪府 フィッシングエイトアネックス
出演者
吉本智史

ブラックバス(淀川/琵琶湖)

淀川、琵琶湖ともにポツポツ大型が上がっていますよ。当店のスタッフも、40~50cmのコンディションの良いバスを釣っているようです。

『本流でヘビキャロを遠投』
淀川は、だんだんと水温が上がってきているので、少しでも水温の低い場所にバスはついています。流れの中のボトムの岩やストラクチャーなど流れがあたってよどんでいるような場所を狙うと良いでしょう。ルアーのカラーは、雨などで濁りが入っていれば、黒などシルエットがはっきりするタイプ。水がクリアであれば、ウォーターメロンなどナチュラル系ボトムをズル引きでOKです。

『アウトサイドのブロック帯』
この時季、バスは流れのゆるいスポーニングエリアを離れ、沖目のストラクチャーなどに移動します。流芯のあたるブロック帯付近を、パンチショットリグでていねいに探ってみましょう。

『梅雨の琵琶湖はトップウォーター』
梅雨時季は、雨の日が多くローライトで、バスが表層付近に浮いてきています。ウィードの間やエッジをトップウォータープラグで誘いましょう。ペンシルよりも、止めをいれることのできるポッパーがオススメです。

『湖流のあたるウィードエリア』
梅雨が明ける頃になると、琵琶湖も水温が上がり、バスは涼しいエリアに移動します。
湖流のあたるウィードエリアを、パンチショットリグやヘビーテキサスで狙いましょう。

俺に訊け 大阪府 フィッシングエイトアネックス

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。

放送スケジュール

放送日 開始時間 回数・サブタイトル
現在放送予定はありません。

第501回。釣りにまつわる道具をテーマに各メーカーの最新タックル情報や道具選びのプロからのアドバイス、何かと役立つモバイルサイト情報など盛りだくさんのコンテンツが満載です。お見逃しなく!! ■ギアコレクション ■俺に訊け! ■ギアステモバイル ■MONO×Fishing バスフィッシング、沖釣りをはじめ、さまざまなジャンルの番組を放送している日本で唯一の釣り専門チャンネル『釣りビジョン』公式サイト。多数の動画、全国の釣具店情報、釣果情報なども無料で利用できます。BSデジタル放送、スカパー!、ケーブルテレビ等で放送中!