番組ラインナップ

ストーリー

ギアステーション

第505回

VODで視聴する
ギアステーション 第505回

第505回

釣りにまつわる道具をテーマに各メーカーの最新タックル情報や道具選びのプロからのアドバイス、何かと役立つモバイルサイト情報など盛りだくさんのコンテンツが満載です。お見逃しなく!!

■ギアコレクション
■俺に訊け!
■ギアステモバイル
■MONO×Fishing

初回放送
2016年7月16日(土)
出演者名
松田悟志・福島和可菜

出演者プロフィール

  • 松田悟志

    1999年に俳優デビューして以来、現在までに数々のドラマ、映画、舞台に出演中。最近の主な出演作はNHK「てっぱん」「精霊の守り人」など。その他、エッセイやCDのリリースなど活動の幅を広げている。

  • 福島和可菜

    1982年12月2日 北海道(函館)出身元陸上自衛官。釣り・トレイルランニングなどの趣味を活かして、テレビ・雑誌・CMなどの多方面で活躍中。歌手としても(ビクターレコーズより)現在新曲をリリース中!!

ギアコレクション

メーカー
ジャクソン
出演者
山中竜太、池上日明

『エビパニック』(SWLルアー)

あらゆるゲームフィッシュが好むエビを模したトップウォータープラグ。
小気味良いドッグウォークアクションとテールカップが生む、エビライクな甘いポップ&スプラッシュにより、捕食者に追われパニック状態で水面を逃げ惑うエビを忠実に再現。また、頭部に設置されたフェザーや、アシストフックに搭載されたラバー&ティンセルは、エビっぽい雰囲気を醸し出すだけでは無く、アクション~ポーズまでターゲットを挑発しスイッチを入れる。
更に、アシストフックを搭載した独特のフックセッティングは、単なる触覚のイミテーションでは無く、口の小さなターゲットによる、ジャレつく様なアタックすら絡め取る驚異のフッキング性能を発揮。
計算されたボディーバランスは、重量に見合わない飛距離を叩き出し、遠めのエビボイルをモノにする事が可能。
11色をラインナップ。発売中。

ギアコレクション 『エビパニック』(SWLルアー)

『ちぬころり』(SWLルアー)

シンキングタイプのチヌ用プラグ。比重ではなく独自の形状で根掛かり回避能力を高めている。
浮上部であるボディ本体からウエイトを独立させることで、フォール中はもちろん着底してからもボトムで立った姿勢を維持。ボトムと接する部分が球体上になっているためゴロタの切れ間などに深く挟み込まれることを防ぐ。
フックは浮いた状態のボディの先端にあるためフックが引っ掛かってしまうトラブルも激減。他には無い驚異のスタックレス性能を発揮するので、根掛かりが多発してしまうポイントでも積極的に攻めることができる。5g、7g、10gの3サイズ。
11色をラインナップ。発売中。

ギアコレクション 『ちぬころり』(SWLルアー)

『ちぬころクロー』(SWLルアー)

チヌ専用設計の甲殻類ワーム。全長1.7インチの小さなサイズながら、極力バルキーにデザイン。サイズの割に、大きな爪が付いたアームにはエアチャンバーを搭載し、微波動を生むリアレッグを装着。
アームは全長を極力短くする事で、ショートバイトに対応。爪だけかじり取られる歯痒いバイトを、獲れるバイトにする。
使用方法は、ジグヘッドやテキサスリグ等のボトム攻略の定番リグにパーフェクトに対応する他、ちぬコロリのトレーラーとしてもベストマッチ。
アピール力が欲しい場合にはそのまま使用。ショートバイト対策や、ボリュームを抑えコンパクトにまとめたい場合は、ボディー中央部のくびれからカットしてセット。エアチャンバーの浮力で爪が浮き上がり、威嚇する甲殻類をイミテートすると共に、フックを浮かせる事で、根がかりを軽減。
10色をラインナップ。発売中。

ギアコレクション 『ちぬころクロー』(SWLルアー)

『クワイエットビーツ』(SWLルアー)

エラストマーボディーを身に纏った、ソフトバイブレーション。ソフトボディーによる波動は、通常のハードボディーとは一線を画す、極めてナチュラルでライブリーな波動。ソフトボディーにより、ボディーとフックの干渉音も殆ど無い、究極のサイレントライブアクションを完成。更に、スローからファーストまで安定したハイピッチタイトアクションで泳ぎ切るハイバランス設計で、リフト&フォールに対しても、ハイレスポンスな立ち上がりとイレギュラーなフォールアクションを両立し、様々なメソッドに幅広く対応。
スレ切った港湾シーバスや、ヒラメ・マゴチ等のフラットフィッシュ、更に太刀魚など様々なターゲットに幅広く対応。11g、18gの2サイズ。
10色。9月発売予定。

ギアコレクション 『クワイエットビーツ』(SWLルアー)

『ディヴィティス』(SWLルアー)

ロングビルミノー。中層を攻略するのに不可欠な高いレンジコントロール能力と、タイトでハイピッチなウォブンロールアクションを融合。やや体高を持たせたボディ形状にすることで、スローフローティングながら90mm15gの重さを実現。重心移動ウエイトと組み合わせ高いキャスト性能を誇る。
リップは潜行角度を急にし過ぎないように設定することで、ロングビル特有の巻き重り感を大幅に軽減。
水深約2mレンジをストレスなくリトリ―ブできる性能は、さまざまな対象魚を狙うにあたり大きな効果を発揮。
10月発売予定。

ギアコレクション 『ディヴィティス』(SWLルアー)

『鉄PAN Long』(SWLルアー)

鉄PAN Vibのサイズアップモデル。115mmのロングボディにバランス良く配置したウエイトは、抜群の飛距離を稼ぎ出し広範囲を攻略。バランサースリットを搭載したステンレスプレートは、飛行からフォール、スイミング時の姿勢を制御することでストレスフリーな使い心地。
鉄板特有の強いフラッシングは2種類のラインアイを使い分けることで、さまざまな魚種と状況に対応。
3フックシステムは高いフッキング性能を発揮し、かすめるようなバイトも確実にする。10色をラインナップ。
10月発売予定。

ギアコレクション 『鉄PAN Long』(SWLルアー)

『鉄PAN Vib(新色)』(SWLルアー)

オリジナルサイズの鉄PAN Vibに新色3色がラインナップ。10月発売予定。

ギアコレクション 『鉄PAN Vib(新色)』(SWLルアー)

俺に訊け

釣具店名
神奈川県 上州屋 戸塚原宿店
出演者
加藤秀利

相模湾キハダ(餌釣り)

現在は、ルアーでの釣り。キメジ、カツオに交じり、10~20kgのキハダがポツポツ釣れ始めています。8月1日、こませ釣りが解禁。

今シーズン期待できるキーワード①“シラス”
現在、相模湾に入ってきているキハダは、シラスをベイトにしているんです。イワシがベイトになっていると、餌釣り解禁後もしばらくは、オキアミを食ってくれないんですが、小さなシラスがベイトだと、オキアミを食うので餌釣りが有利なんです。

今シーズン期待できるキーワード②“カツオ”
カツオが釣れている年は、キハダも良い釣果が上がっています。今シーズン、カツオは、ほぼ連日、釣れているので期待大!

オススメアイテム「バケ」
昨年くらいからキハダ釣り師の間で使う人が増えているのが、“バケ”。ブルー、グリーン、プレーンなど、その日によってアタリのカラーがあるので、数種類用意しておくのがオススメです。

「上州屋戸塚原宿店オリジナル仕掛け」
店内の仕掛け工房で、オリジナルのキハダ仕掛けを製作。年々、釣り方も発達し、また釣具も進化しているので、それにあわせた仕掛け作りをしています。
特に引張強度の強いフロロカーボンハリスに完成度の高い最新の専用針を、大物結び最強といわれる“坂本結び”で結んでいます。けっこう難しい結び方なので、一般の方の結びだと抜けてしまうこともあるようです。リーダーはナイロン50号に15号のケプラーを1m弱結んでいます。

俺に訊け 神奈川県 上州屋 戸塚原宿店

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。

放送スケジュール

放送日 開始時間 回数・サブタイトル
現在放送予定はありません。

第505回。釣りにまつわる道具をテーマに各メーカーの最新タックル情報や道具選びのプロからのアドバイス、何かと役立つモバイルサイト情報など盛りだくさんのコンテンツが満載です。お見逃しなく!! ■ギアコレクション ■俺に訊け! ■ギアステモバイル ■MONO×Fishing バスフィッシング、沖釣りをはじめ、さまざまなジャンルの番組を放送している日本で唯一の釣り専門チャンネル『釣りビジョン』公式サイト。多数の動画、全国の釣具店情報、釣果情報なども無料で利用できます。BSデジタル放送、スカパー!、ケーブルテレビ等で放送中!