番組ラインナップ

ストーリー

ギアステーション

第591回

VODで視聴する
ギアステーション 第591回

第591回

釣りにまつわる道具をテーマに各メーカーの最新タックル情報や道具選びのプロからのアドバイス、何かと役立つモバイルサイト情報など盛りだくさんのコンテンツが満載です。お見逃しなく!!

■ギアコレクション
■俺に訊け!
■ギアステモバイル
■MONO×Fishing

初回放送
2018年4月28日(土)
出演者名
松田悟志・福島和可菜

出演者プロフィール

  • 松田悟志

    1999年に俳優デビューして以来、現在までに数々のドラマ、映画、舞台に出演中。最近の主な出演作はNHK「てっぱん」「精霊の守り人」など。その他、エッセイやCDのリリースなど活動の幅を広げている。

  • 福島和可菜

    1982年12月2日 北海道(函館)出身元陸上自衛官。釣り・トレイルランニングなどの趣味を活かして、テレビ・雑誌・CMなどの多方面で活躍中。歌手としても(ビクターレコーズより)現在新曲をリリース中!!

ギアコレクション

メーカー
ジャクソン
出演者
井熊亮

『ギャロップアシストスローフォール』(ルアー)

ギャロップアシストシリーズで、ゆっくりとしたフォールスピードに特化したモデル。フォールしていく様子はヒラヒラとスプーンのように舞い、メタルジグとしてはゆっくり沈んでいくので魚にアピールできる時間が長く取れ、低活性な魚や根魚などの遊泳力の弱い魚などにも対応。リアクションよりも魚の食性に訴えかけてバイトへと導く。
18g、28g、38gの3サイズ。それぞれ8色。
5月末発売予定。

ギアコレクション 『ギャロップアシストスローフォール』(ルアー)

『ギャロップアシストロングキャスト』(ルアー)

飛距離に特化したモデル。表面積を減らしたコンパクトにまとまったデザインは、飛距離が出やすく広範囲を探れるのはもちろん、シルエットの小ささはベイトサイズが小さなときには大きなアドバンテージとなる。スローからファーストまで幅広いリトリーブスピードに対応できるため、様々な魚種を狙うことができる。
22g、32g、42gの3サイズ。それぞれ8色。
5月末発売予定。

ギアコレクション 『ギャロップアシストロングキャスト』(ルアー)

『サーフグライド』(ルアー)

飛距離を最大のテーマに開発を行い逆風にも負けないぶっ飛びミノー。強風下でも狙ったポイントに一直線にキャストするためにテールにボリュームを持たせ、キャスト時に極度の後方重心になるように設定。
また、断面を多面形状にすることで、“体積=浮力”をかせぎ、9mmの大型タングステンウエイトを搭載。キャスト時はもちろん、水中でのアクション時にも重心が1点に集中し、泳ぎだしや水噛みが良くなりキビキビとしたウォブンロールアクションを発生。使用シーンは、サーフだけに留まらず、河口部や荒磯など幅広いシチュエーションに対応。状況に応じて2フックタイプと3フックタイプの使い分けが可能。
カラーは8色。
発売中。

ギアコレクション 『サーフグライド』(ルアー)

『港のジェームズ』(ルアー)

なまめかしい、ゆらめきスイングが魅力。固定重心を採用したことで、動き出しが早く艶めかしい揺らぎをじっくりと魚に見せることができ、背中には独特のカットを施し、ボディ横面はフラット形状になっているので、明滅効果も抜群。デッドスローリトリーブでもしっかり揺ぎ、身もだえるようなフォールで集魚し、小気味のよい上昇アクションでバイトを誘発。リップは、ラインアイ下につけることで、シンペンにありがちなレンジコントロールの難解さを解消。ロッドワークのみで、20cm~60cmを難なくキープ、バチ抜けシーズンはもちろん、ハイシーズンにおいても小場所や地形変化をピンポイントに攻略することが可能。
カラーは8色。
5月末発売予定。

ギアコレクション 『港のジェームズ』(ルアー)

『ちぬころバイブ』(ルアー)

チニング用バイブレーション。シャローで、ボトムレンジの岩やブレイク周りで、カニや貝などを捕食しているチヌやキビレにアピール。やや軽量ですが、独特のボディー形状と絶妙なウエイトバランスにより、安定した飛行姿勢でまっすぐ飛び、圧倒的な飛距離で狙ったポイントに確実にアプローチ。根がかり回避力も高く、岩に引っかかってもラインアイが支点になりボディが上方向に持ち上がり、回収できる。ボトムではルアーが倒れることなく、フックを上に向けて着底するので、魚に強くアピール。砂地では、ロッドを軽くしゃくることで左右にダートし、エビが逃げ惑う様子を演出する。
8g、12gの2サイズ。8色。
5月末発売予定。

ギアコレクション 『ちぬころバイブ』(ルアー)

『アスリート12SSP』(ルアー)

アスリートシリーズの最新作。遠浅サーフのフラットフィッシュ用120mmシンキングペンシル、驚異の飛距離と速攻フォールが魅力。コンセプトは、あらゆるシチュエーションで誰が投げても飛距離が出せ、遠浅サーフでもボトムを擦らずにスローで誘えるルアー。後方重心設計で、キャスト時に飛行姿勢がブレず、常にメタルジグに匹敵する飛距離をたたき出す。着水後フリーフォールで後方から垂直落下し即ボトムを取りスイミングすることが可能。アクションはスローリトリーブでお尻を大きく振るロールアクション、リトリーブ速度を上げていくにつれウォブンロールアクションへと変化する。後方重心の為、アクションが大きく引き抵抗も程よくあり、シンキングペンシルというよりミノーを使用しているイメージテンションを掛けた状態でのカーブフォールではお尻下がりではあるが、細かなローリングフォールをしフォールで誘う。フラットフィッシュ特有の下から突き上げてくるバイトもしっかり拾えるよう、120mmサイズをいかし3フックシステムを搭載。フラットフィッシュのみならず、青物やシーバスにも有効。
カラーは8色。
5月中旬発売予定。

ギアコレクション 『アスリート12SSP』(ルアー)

俺に訊け

釣具店名
島根県 釣具のポイント 出雲店
出演者
宮崎聡店長

SWL(大社湾のエギング)

アオリイカの実績が高い大社湾についてはお客様からの問い合わせが、連日続いていましたが、4月上旬くらいからようやく釣れはじめました。
サイズは、800g~3kgのビッグサイズも出ています。昨年のこの時期には、1人で42杯釣った人もいました。

『ボトム付近をスローに探る』
春のアオリイカは、できるだけ少ない移動距離でベイトを捕えようとするので、イカが潜んでいる可能性の高いボトム付近、アマモやホンダワラが生えている場所でエギをじっくりアピールすると良いでしょう。動かし方は、トゥイッチングなどあまりエギが跳ね上がらないアクションのスローなエギング。大型のイカが狙えます。

『潮の通るタナでエギをステイさせる』
ボトム付近からシャクって来るときに重く感じるタナを見つけましょう。潮通しが良いタナなので、そこでステイさせるイメージでエギをドリフトさせ、藻の際を通しイカを誘いましょう。

『エギは3.5~4号のシャロータイプ』
大社湾の水深は深くても12~13mと全体的に浅く4~5mくらいの場所が多いので、エギはシャロータイプでサイズは3.5~4号くらいがオススメです。
     
『GWまではハイアピールカラーその後はナチュラル系』
エギのカラーについてですが、シーズン初期はオレンジやピンクなどのアピールの強いカラーが良いですが、だんだんとスレてくるので、GWを過ぎるくらいからは、オリーブ系などのナチュラル系のカラーがおススメです。

俺に訊け 島根県 釣具のポイント 出雲店

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。

放送スケジュール

放送日 開始時間 回数・サブタイトル
現在放送予定はありません。

第591回。釣りにまつわる道具をテーマに各メーカーの最新タックル情報や道具選びのプロからのアドバイス、何かと役立つモバイルサイト情報など盛りだくさんのコンテンツが満載です。お見逃しなく!! ■ギアコレクション ■俺に訊け! ■ギアステモバイル ■MONO×Fishing バスフィッシング、沖釣りをはじめ、さまざまなジャンルの番組を放送している日本で唯一の釣り専門チャンネル『釣りビジョン』公式サイト。多数の動画、全国の釣具店情報、釣果情報なども無料で利用できます。BSデジタル放送、スカパー!、ケーブルテレビ等で放送中!