オフショアマガジン
2014.10.15号

勇盛丸・千葉県大原港
クエも出て“激アツ”スタート!千葉県・大原沖のヒラメ&マハタ

01_main.jpg
10月1日、千葉県・大原沖のヒラメが解禁になった。外房・大原港『勇盛丸』ではイワシの泳がせでヒラメとマハタを釣らせるとの情報。心は騒ぐが台風が邪魔して儘ならない。18号と19号の間隙を縫って10日に出掛けた。

活イワシが運び込まれて即出港

『いさばや』の前から出船(帰港後撮影)
『勇盛丸』は、『いすみ東部漁協』の直営店『いさばや』の前から出船する。縦列に停泊する遊漁船の一番手前だ。予約時、集合は4時30分と聞き、4時頃到着すると、既に船に照明が入り、先着の釣り人は支度に余念がない。座席は到着順、私は右舷胴の間(中央)に座った。ほどなく餌の活イワシが運び込まれて4時35分、永谷亘(ながたにわたる)船長の操船で出港となった。

4時には既に照明が
照明の下で支度する
生簀に活イワシが放たれる

水深は100m、高まる期待

釣り人は私を入れて6人。船は漆黒の海原を進む。1時間ほど走ると空が明るくなってきた。沖で日の出を迎えるのが、大原の漁師に伝わる伝統と聞いたことがある。ポイントに到着すると船長は活イワシを配って直ぐ投入合図を出した。「やって下さい。水深は100m!」。常連さんによると「このポイントは大物が上がる」とか。期待が高まる。

満月を背にしてポイントに向かう
1時間ほど走ると明るくなる
ポイント到着と同時に陽が昇った

仕掛け図
自作の仕掛けを持ち込む人が多い
[動画]“激アツ”スタート!ヒラメ&ハタ釣り

船長と釣り人の掛け声が飛び交う

このポイントは起伏があるらしい。船長から「2m上げて…、3m下げて」と、細かく指示が出る。「アタッたよ」との声に振り向くと右舷ミヨシ(船首)の釣り人の竿が弧を描いている。船中第1号が早々とタモに収まった。いきなり魚を見せられて船内の士気は一気に高まった。置き竿は1人もいない。ふた流し目は、左舷ミヨシの釣り人の長尺竿が曲がった。流し変える度に、誰かしらにヒットする。ダブル、トリプルヒットもあって「そっちはあと何m?」と、タモを手にする船長と釣り人の掛け声が飛び交った。開始1時間半で全員が魚を手にした。

早々と船中第1号を手にする井崎龍一さん(東京・北区)
長尺竿を操る酒井正夫さん(いすみ市)
魚も野菜も自力調達 中村公夫さん(いすみ市)

苦労した分喜びも大きい 潮来六朗さん(東久留米市)
ラスト2時間で“爆釣ごぼう抜き”竿頭の腰越政敏さん(四街道市)
当日最大は3.5kg 酒井さん

根掛かりと勘違い 強烈な引き込みの正体は…

左舷胴の間の中村さんの竿が海中に突き刺さった。取り込まれたのは3kg級のマハタ(この時はそう思った)。中村さんによると「いきなり引き込まれて動かないから最初は根掛かりかと思った。5mほど巻き上げて魚と確信した」とのこと。よく見るとハリスがささくれている。根ズレを起こしたのだろう、危ないところだった。そして帰港後、その魚の正体は「クエ」と判明したのだ。クエと言えば、天然物にはめったにお目にかかれない★が五つ付く高級魚ではないか。

根掛かりか、と思った魚の正体はクエ 中村さん
達成感が伝わる
後検量3.23kgのマハタ 井崎さん

船長特製の仕掛けでヒラメをゲット

大きな獲物を見せられては我慢しきれず私も竿を出した。『勇盛丸』では市販の仕掛けは用意がないとのこと。船長が即席で作ってくれた。ハリスにクセが付いていない特製仕掛けだ。いつもの取材なら最後の1、2時間しか竿を出せないが、今日は残り4時間もある。オデコ(ゼロ)では言い訳が立たない。真剣勝負が始まった。最初のアタリは残念ながら「スッポ抜け」。早合わせを入れる悪い癖が出てしまった。2回目のアタリはじっくり食い込ませて竿をゆっくり立てると、魚の重みがズンと手に加わった。慎重に引き込みを交わして2kg見当のヒラメが上がった。

“宙層”ではいきなりの引き込み

次の流しでは、着底後、船長からタナをゆっくり3m上げるよう指示が出た。暫くしていきなり竿が引き込まれた。「宙層では前アタリがないことがよくあるよ」と、隣の井崎さんから聞いた通りだった。こうしてひと回り大きなヒラメが上がった。あまりの嬉しさに舞い上がってしまい、その後のことはよく覚えていない。

船長にシャッターを押してもらう
「マハタもヒラメも」井崎さん
大満足の釣果

「今日来てよかった」…地元のベテラン

女将の美佳さんと永谷亘船長
最終結果は、ヒラメがトップ7匹 次頭4匹が2人。クエ1匹、マハタも船中2匹交じった。「今日来てよかった」とは地元のベテラン2人組の弁。全員大満足の釣行となった。船長によると「解禁後、本格的にヒラメ、マハタを狙ったのは今日が初めて」とのこと。台風シーズンが去れば本格的にシーズンインする。大原沖のヒラメ&マハタ釣りは“激アツ”のスタートを切った。

*11月1日(土)と2日(日)に開催予定の『いすみ市沖釣フェスタ』に『勇盛丸』はヒラメの部でエントリー。10日現在、2日は満席、1日は「空きあり」との事。

(釣りビジョンAPC・谷口 晴治)

今回利用した釣り船
千葉県外房大原 『勇盛丸』
TEL:0470-62-2086
詳細情報(釣りビジョン)
勇盛丸ホームページ
出船データ
マハタ・ヒラメ予約乗合
料金:12,000円(活イワシ・氷付)
集合:4時30分(準備が整い次第出船)
沖上がり:11時30分
仕掛けは予約時に申し込んでおく
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー