オフショアマガジン
2014.11.15号

鶴丸・静岡県田子の浦港
駿河湾・田子の浦沖、1ヶ月遅れの“秋ダイ・ワラサ”乱舞!

04_main.jpg
静岡県・田子の浦港『鶴丸』の鶴牧謙二船長から、「マダイにワラサも交じって釣れている」との情報が入った。田子の浦と言えば、“田子の浦に 打ち出てみれば白妙の 富士の高嶺に雪はふりつつ”百人一首に出てくる名勝。今頃の時期を詠んだ詩であろうか…田子の浦まで富士は裾野を広げ、雪帽子を被り、凛として聳える、秀麗な富士山を目の前にして“タイ&ワラサ”を釣る。贅沢な釣りになりそうだ。楽しみも二倍に膨らむ。連休明けの4日(火)に出掛けた。

「鶴丸」は突き当り3番目に係留

東名高速道路を富士ICで降りると、田子の浦港まで15分程で着いた。漁協事務所近くに来ると、“富士山シラス街道”の立て看板がやたらと目に付く。駿河湾はサクラエビや生シラスが特産品になっている。漁港を左手に見ながら200m程走ると、港への降り口。そこを下り、戻る様に進むと、突き当り手前3番目が「鶴丸」。港には何十隻も係留してあるが、遊漁船は数隻で、殆どがシラス専業船のようだ。

田子の浦漁協
突き当り手前3番目が「鶴丸」
山部赤人の詩。漁港先の公園に記念碑

“世界遺産”富士山を仰ぎつつ鯛と撓むる

午前5時頃に着いたら、既に船長は来ていて、車の駐車誘導をしてくれた。船に明かりが灯され、船長はコマセのオキアミをバケツに小分けし、釣り人は釣りの準備に忙しい。左舷側3人、右舷側は私を含め4人。全員揃ったという事で、定刻5時半より少し早めに出船した。富士山を左手に見ながらベタナギの海を進む。15分程で釣り場に到着。慎重にポイントを決め、「ハイ、どうぞー。55~45mでやって下さい」と船長からアナウンス。期待を込めての第1投。しかし、コマセを撒いても撒いてもアタリが来ない。上げると付け餌だけが取られている。朝日が昇り、ベタナギの海面を眩しく照らしていく。

朝日が海面を照らす
コマセのオキアミ
秀麗な富士山

静寂は突然破られた

船中第1号が上がったのは、開始1時間30分後。左舷の胴の間(中央)の星合弘之さん(石和町)にアタリが来た。手巻きでリールを上げている。タモで取り込まれたのは目測2.3kg。「さあ、続け」と意気込んでみたが、その後は又静寂の時が続いた。9時頃、突然左舷ミヨシ(船首)でリールがジージーと鳴り出した。ドラグを利かせた電動リールのスイッチを入れたのだ。「オマツリか?いやマダイだ」。久し振りのアタリに半信半疑の様子。取り込まれたのは、目測1.7kgの食べ頃サイズ。羨望の目が集中する。時合良しとみて、右舷ミヨシで私も竿を出した。船長の下限指示ダナからコマセを振り、上限ダナで待つ。時折2~3m道糸をゆっくり下げたり、上げたりして、餌のオキアミを動かして誘い、キーパーに掛けた時、突然竿先が海面を突き刺した。「来た!」。ドラグを利かせて慎重に巻き上げる。ビシを掴み10mのハリスを手繰り、タモに納まったのは、実測1.45kg。嬉しい1匹を手にした。

船中第1号 星合弘之さん、目測2.3kg
石井茂さん 目測1.7kg
実測1.45kg

マダイ、クロダイ、ワラサの乱舞

右舷トモ(船尾)で丸々太ったヒラソーダが上がった。左舷の星合さんが又元気のよい“中ダイ”を取り込んだ。朝の静寂から一変し、好時合になって来た様子。この日が初めての釣りと言う望月啓次さん(沼津市)も掛けた。竿やリールが真新しいので聞いたら、「どうせやるなら形から入らなければ」と新調したらしい。隣の友人、紅一点の内田愛さん(沼津市)の助言を受けて慎重に巻いている。海面近くになると「ソーダかな?・・・いや、ワラサだ!やったー!バンザーイ」。右舷トモ(船尾)の鈴木敬さん(沼津市)も軟らかい竿を一杯に曲げ、ワラサを取り込んだ。そして、立て続けにマダイも掛けたが、タモ、タモと言っても皆手が離せない。「エイッ」と抜き上げた途端、船縁で痛恨のバラシ。海釣り初めての望月さんがクロダイを上げた。入れ喰いモード突入だ。鈴木さんに又もマダイのアタリ。「今度は逃がすなよー」と無事にタモ取りして貰った。

鈴木敬さん ヒラソーダもデカイ
星合さん一人気を吐く
海釣り初体験で釣りました、ワーオ

仕掛け図
船上風景
チョット小振りかな!

マダイの入れ喰いタイム!

入れ喰いタイムが続いている。星合さんが3匹目を抜き上げた。「枝バリに来ました。塩焼きサイズです」と、星合さん1人気を吐いている。10分もしない内に又々竿を曲げた。海面に浮いて来たマダイを見て「タイだ、デカイぞー!」隣の友人が「なんでマダイばかりなんだよ―」と悔しがると、星合さんは「私はタイ釣りに来たんだ」と誇らしげに切り返す。

4kgぐらいあるかなー
望月啓次さん マダイかと思った!
秋ダイ最高!

女神は最後に微笑んだ!

右舷胴の間の内田愛さんはコマセをしっかり撒き、時々ゆっくり竿一杯上げ、又ゆっくり降ろす落し込みを試みるが、アタリが無い。しかし、女神は最後に微笑んでくれた。突然竿先が海面に突き刺さった。竿を小脇に抱え、時には竿でかわし、強い引きに道糸が引き出される。仕掛けはマダイ用の4号ハリス。ワラサと思って慎重にやり取りしている。船長も操舵室から出たり、キャビンから覗いたり気が気で無い様子。竿先が何度も海面に突き刺さる。5分も経っただろうか、海面に顔を見せたのは4kg級のワラサ。船長の差し出すタモに無事に納まって「ホッ」。左舷の星合さんが5匹目のマダイを取り込んだ所で、沖上りの時間となった。

マダイにワラサ、最高です!
内田愛さん やったわよ!
綺麗なタイでしょう

釣果はマダイに交じり、ワラサ、クロダイのゲスト

舵を握った鶴牧謙二船長
マダイが0~5匹(船中10匹)。“ゲスト”にワラサ、イナダ、クロダイ、ヒラソーダと多彩。船長から事前に、ワラサが交じるのでハリスは6号8mを用意する様に言われたが、皆さんに聞いて回ると、自作仕掛けは「4号10m」と一様に言う。マダイ用仕掛けでワラサも釣り上げたと言う事なのだろう。
「潮の流れは程々に有った。太陽が昇ると釣れ出す。秋ダイは例年より1ヶ月遅れている。これからですよ!」と、船長も太鼓判を押した。秋ダイは数釣りが楽しめ、ワラサも交る。大型クーラーは必携だ。

(釣りビジョンAPC・飯妻武夫)

今回利用した釣り船
静岡県田子の浦港『鶴丸』 〒419-0201
静岡県富士市厚原894-11
TEL:090-1629-3680
詳細情報(釣りビジョン)
鶴丸ホームページ
出船データ
コマセマダイ船9,000円(餌・氷付)
午前5時半集合、準備が整い次第出船、11時頃沖上がり
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー