釣りビジョン
ON AIR
2010.9.15号

広川丸・神奈川県走水
東京湾・走水沖の“ブランド大アジ”を狙え!!

東京湾の“ブランド魚”として知られる走水沖のアジ。走水港『広川丸』は、大型に拘り、周年アジ専門の乗合船を出している船宿。秋はアジの味に磨きがかかる季節でもある。“ブランド大アジ”を求めて船に乗った。

この日は『広川丸』主催の釣り大会

船宿『広川丸』
出掛けたのは9月10日(金)。この日は、『広川丸』主催で釣り大会が行われるという。これはラッキー。腕に覚えの常連さんが多数参加するはず。大アジを釣るキモやマル秘テクニックなどを聞き出せるかも知れない。
朝6時過ぎに到着。出船は7時だが参加者の皆さんは既に準備万全の様子。ちなみにこの日は、普段と出船時間が違う。通常は1日2便で、午前便は朝7:30、午後便は13:00に出船。通常時の詳しい営業案内等は、「プレミアム海釣りマガジン」創刊号『広川丸』に掲載されているのでそちらをご覧頂きたい。

35cm級も姿を見せる

仕掛け図
ほぼ定刻に出船。釣り場までは5分も走れば到着だ。アンカーが沈められて釣り開始。水深は約50m。『広川丸』推奨のタックルは仕掛け図を参照。コマセはイワシのミンチ、付け餌は米粒大のイカを赤い食紅で染めた通称「アカタン」を基本に青イソメやサバなどの身餌も使う。
すぐにポツポツと釣れ出したが、サイズは15~20cm級がほとんど。しかし、8時半を回った頃から35cm級の大アジも交じり始めた。

イワシミンチのコマセ
付け餌はアカタン
いいサイズ!
思わず笑顔
走水の大アジ!

付け餌の工夫が大きなキモ

『広川丸』の釣り方の基本だが、いったんビシを底まで落とし、コマセを撒きながら2~3mビシを上げてアタリを待つ― これの繰り返しだ。仕掛けの長さが1.8mの2本バリなので、付け餌の位置は底スレスレからちょっと上にあるといったイメージだ。もちろん、アジの遊泳層は少し上下するので船長からの指示ダナを基本に各自で探って“当りダナ”を見付けたい。
ここで同じ釣り人が立て続けに35~37cmの大アジを数尾釣り上げた。これは何か秘訣が― と早速話を聞いてみた。すると、付け餌のアカタンを5cmほどの長さにしたものを使用していた。「自分もお師匠さんに教わった」そうで快く教えてくれた。また『広川丸』の上乗り・安田隆史さんは「キラキラ光るサバやサンマの皮付きの身餌も有効だ」と教えてくれた。この日も持参したサンマや釣れたサバをタンザクにして希望する釣り人に渡していた。“付け餌の工夫”という大きなキモを学んだ。

自作の長いアタカン
青イソメ
サンマの身餌

大アジ獲得のチャンスは確実に物にする

10時頃になると、船中の誰にも35cm前後のナイスサイズが釣れ始めた。当然、各釣り人の付け餌に注目していたが、どうやら普通サイズのアカタンでも青イソメでも同じように大アジは食っていた。食いさえ立てば…ということか。しかし、ここで別の釣り人に話を聞き“目から鱗”だったのがハリスの号数。食いが悪いからとハリスを細くするのはよく聞く話だが、食いが良い時には逆にハリスを基本の3号から4号へと太くする。これは魚を食わせた後を考えた戦略。より確実にヒットした魚を取り込むために太いラインを使用するという理屈だ。狙う大アジは40cm級である。細いハリスでは切れてしまう可能性だってある。数少ない大アジ獲得のチャンスは確実に物にするということだ。

深場に移動して“勝負”

その後、次第に潮の流れが速くなったが、35cm前後の大アジは好調に釣れ続いた。丸々と太ったマサバも加わり、美味しいお土産まで皆が確保できた11時半頃、この日初めてアンカーを上げて移動した。それまでより水深の深い約70mの場所で“勝負”に出た。この日の大会は2隻で行われていて、もう1隻の『第十広川丸』は、我々が乗る『第八広川丸』とは逆に初めに深場を狙い40cmオーバーの大アジをゲットしたという情報が入っていたからだ。

まだまだ大きいの狙うよ!
いいサイズが揃った!
前回大会の優勝者!!

ヒットした大アジは確実に取り込め!

さて、大アジを釣るためのキモだが、実は非常に大事な事があった。それはヒットした魚を確実に取り込むこと。「なんだそりゃ…」と言うなかれ、アジも40cm級になると強烈な引きを見せる。いつも大アジを狙っているベテランですら「こりゃサバだね」とか「この引きはアジじゃないよ」と言って大雑把にリールを巻き上げて来たら大アジだった― というのを何度も目撃した。当然、途中でバレてしまったものも多かった。「ひょっとすると記録的な巨アジかも!」と常に思って慎重にやり取りし、確実に取り込むことが大アジゲットへの近道なのかも知れないと思った次第である。
残念ながら勝負をかけた深場では前半を上回るサイズは出ず、タイムアップとなった。しかし、この日『第八広川丸』では、最大38cmを筆頭に13人で計294尾、『第十広川丸』では、最大44cmの特大アジを筆頭に11人で計123尾のアジを釣り上げた。
大会の方は、アジ3尾の重量制で行われ44cmを釣った関根博さんが総重量1561gで優勝した。

この日は爆釣!
優勝者の関根さん

最後に広川忠義船長からこの日の状況と大アジにかける熱い思いを聞いた。そして、上乗りの安田隆史さんからはアジの開きと〆サバの作り方を伝授してもらったので、その動画も是非ご覧頂きたい。

[動画]広川忠義船長コメント
[動画]狙え大アジ!大会風景
[動画]アジの開きとシメサバの作り方

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
神奈川県・走水『広川丸』
〒239-0811 神奈川県横須賀市走水2-867
TEL:046-841-8002(定休日:毎月第1、第3金曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
広川丸ホームページ
出船データ
出船時間・料金
午前便07:30~(¥5500)
午後便13:00~17:00(¥5500)
※1日通しの乗船料金は¥8500
ページトップ