釣りビジョン
ON AIR
2011.2.15号

利八丸・千葉県勝山港
洲崎沖のヤリイカ、いよいよ本格化!

今シーズン、釣果に波のあったヤリイカだが、ここに来て千葉県・南房総、洲崎沖で絶好調になって来た。トップが“束超え”という日もあり、これならイカ釣りが苦手な私でも何とかなるのでは?と思わず甘い考えが頭を過った。ヤリイカと言えばあのコリっとした歯ざわりと甘味が絶妙の“イカそうめん”だ。とにかく1年に1回や2回はあれが食べたい。7日、内房・勝山港『利八丸』に予約を入れた。

[動画]洲崎沖のヤリイカに出船!
昨夏に進水した第1利八丸
食べても最高のヤリイカ

「満員御礼」の2隻出し

午前5時30分に到着すると「すみません、お客さんが急に増えて、船を分けますので少しお待ちください」と女将さん。昨夏に進水したばかりの大型新造船『第1利八丸』は、すでに満船状態でもう1隻に釣り人を誘導している。やはり、釣れている時ほど釣り人は多い。私と同じ“甘い考え”の人も多いのかも。結局、1号船の右舷胴の間(中央)に入れてもらい、定刻の6時にモヤイが解かれた。ポイントの洲崎沖まではおよそ1時間の航程である。

舟宝康弘船長
大人気のヤリイカ釣り
洲崎沖のヤリイカ船団

予報以上のウネリとサバに苦戦

午前7時過ぎ、洲崎沖のポイントに到着。GPSを見ると、海底はまるで崖っぷちの様な地形である。「はい、どうぞ。水深180m、下から20mくらいまで探ってみて下さい。あんまり上まで探るとサバが居ます」。思いの他、強い風と高いウネリで釣り辛いが、全員が竿を手に持ち、船縁に体を預ける形で立ち上がっている。これを1日やり続けるのは結構辛そうだ。だが、投入して間もなく、あちらこちらで電動リールのスイッチが入り、硬いヤリイカ竿がギュンギュンと絞り込まれ出した。中層で仕掛けが止められるのは、大半がサバの仕業だ。だが、無事に仕掛けが底まで着いた釣り人には、ヤリイカのアタリが伝わる。「オモリが着いたら糸フケを取って1mくらい持ち上げてから探って下さいね」と、船長からアナウンス。着底と同時に「乗ったよ」という声も聞こえて1流し目から良型ばかり3杯をキャッチした人もいて船内に活気が溢れた。
朝の内はヤリイカの活性も高いのか、オモリが着底すると大抵アタリが出た。しかし、ウネリが高くて釣り辛いのに加え、1回の流しで1投入しか出来ない状況が続いた。「1流しで何回も出来ると、数が伸びるんですけどね」。ポツリポツリの拾い釣り状態に船長は不満顔。最近の“爆釣”に比べ、スロースタートなのだろう。

中型サイズ
こちらはダブル
小型は子持ちのメスが多い

洲崎沖は“魚”の気配も濃厚

この日は、陽が高くなってからもヤリイカの活性に大きな差はなく、投入合図で仕掛けを落として探ると、大抵アタリが出ていた。とは言え、船内ではイカ釣りに慣れている人とそうでない人の差が現れ始めていた。そんな中、左舷胴の間(中央)の人が、竿先を強烈に引き込まれながらやり取りを始めた。「メダイじゃない?」の声の通り、無事タモに収まったのは2㎏級のメダイ。何と釣れたヤリイカを喰って、イカヅノに掛かって来たのだ。よくカンナが伸びなかったものである。その他にも同サイズのメダイが1匹上がり、食い千切られたヤリイカが結構上がっていた。メダイは、とても美味い魚であるが、1つ付け加えれば、オマツリにならないように周りの人は仕掛けを上げて待った方いい。

[動画]洲崎沖のヤリイカ釣り
いいサイズ
上乗りの早川さん、大型をキャッチ

アタリは小さく、乗れば大きく

さて、9時すぎの流しから私も竿を出したが、納竿までに大・中・小交じりで15杯のヤリイカをキャッチ。ただし、船長のアドバイスを聞いていなければ釣果は半分以下に落ちていたと思う。
イカ釣りのシャクリは、指示されたタナをゆっくりと探って乗らなければ落とす-の繰り返しが基本だが、「もちろん、シャクらないとダメな時もありますが、最近は止めてないと乗らないんですよ」と船長。特にこの日の日中は、海底から3mまでのタナでしっかり止めて見せないと中々アタリが出なかった。“アタリ”というより“触り”と言った方がいい程の竿先の変化である。「マルイカの直ブラ釣りでも止めて見せるでしょう。あのイメージに近いです」と言うのは上乗り役の早川さん。手本を見せてもらうと、実に分りやすく説明してくれた。やはり毎日海に出ている船長達はよく知っている。私も見様見真似でやってみると、何とか“触り”を感じる事ができた。小さな“触り”で巻き上げてみると大型のヤリイカが付いていた。

[動画]上級者の仕掛け撒き
2キロ級のメダイ
タルから飛び出しそうな大型ヤリイカ

洲崎沖は、GWまでのロングラン

結局、この日は25~45cmのヤリイカがトップ44杯。船中の平均は20杯位でお土産には十分。別船のトップは56杯だった。この釣果で、「最近では一番厳しいです」と女将さん。やはりヤリイカの群れは相当濃いのだろう。「スルメも2杯くらいほしいね」という釣り人も居たが、この日は全くと言って良いほど交じらなかった。洲崎沖のヤリイカ、状況次第だが、GWくらいまで楽しめる可能性も十分あるとの事。群れの濃さが半端ではない今がチャンスだ!

45cm級
私の釣果
仕掛け図

(津端 雄大)

今回利用した釣り船
千葉県勝山港『利八丸』
〒299-2117 千葉県安房郡鋸南町勝山471-7
TEL:0470-55-3837
詳細情報(釣りビジョン)
利八丸ホームページ
出船データ
(料金)ヤリイカ乗合=氷付き8,500円。HP割引有り
(貸し竿) 電動リール・竿のセットで1000円(予約時に要確認)
(午前6時出船、午後1時沖上がり)
ページトップ