釣りビジョン マガジン

2021年12月22日公開

デカバスを釣るのなら低水温期の山梨県・河口湖!

326_main

多くのバスたちがディープに落ちる山梨県・河口湖の12月。しかし、体力のある“デカバス”はディープに向かうとは限らないのだ!

【この記事を書いたライター】佐藤 旬

ディープ?シャロー?どちらが正解!?

この時期バスアングラーが思い悩むのは、水温の安定するディープ(河口湖の場合は10~12m)を攻めるか、シャローに残ることができる体力のある“デカバス”を狙うかだと思う。この低水温期ではバスの反応は少なく、どちらも反応なしということも度々あるだろう。しかし、私の経験からすると、“デカバス”はシャローにもミドルにもディープにもいる。ただ50cmUPを狙うのなら、シャローかミドル。ここを攻めた方がサイズを出せると思う。そこで気難しい“デカバス”を狙うのなら、水温や風などのタイミングを見極めることで、反応の少ない冬でも狙って、“デカバス”をヒットさせることも可能だ。
この日は曇りで雨も降り、水温も1桁という寒さ。中々釣り人には厳しいタイミングだったと思うが、こんな時ほど“デカバス”は釣れたりする。諦めずにシャローからミドルにある岩をミドストで狙うとランカーがヒット!低水温期とは思えないファイトでドラグが鳴った。ちなみに、ミドストとはミッドストローミングの略で、ジグヘッドにワームなどをセットして中層を引いてくる方法だが、2007(平成19)年から河口湖ではワームが禁止されているので、ワームはポークなどで代用する。

体高もコンデションも良いシャローに残れる53cmの強い個体!
体高もコンデションも良いシャローに残れる53cmの強い個体!

ゲストがランカーバスをキャッチ!

こちらはガイドしたゲストの釣果だ。この日も“デカバス”を狙って浅めのレンジを探ると、狙いどおり55cmがヒットした。シャローからミドルにいると思われるランカーを狙うために、浅めのレンジからポークのダウンショットで丁寧にアプローチ。ミドルレンジでヒットした。
11月から4月位まではチャンスは少ないながらも来るとデカい。過去には自己新記録や1日で50cmUPが2匹キャッチできたゲストも。人間には寒くてもバスは意外に動けている。

ゲストが自己記録更新に成功!
ゲストが自己記録更新に成功!
55cmのランカーバス!コイかと思うくらい重厚感のある強烈な引きだった
55cmのランカーバス!コイかと思うくらい重厚感のある強烈な引きだった
 

冬でもこんなにバイトがあるの!?

上記のガイドゲストは、この55cm以外にもこの日、トータルで8バイト4キャッチ。バスプロでも苦戦する低水温期時期でもアジャストできると、シーズン中でも中々味わえない連発があるのが、冬のバス釣りの魅力だ。私も過去に48、35、25cmと3連発したことがある。
この日、最も鮮明に覚えているのは、55cmのバスよりも強烈なファイトでフックを伸ばして消えていったバス。もしかしたら1日で55cm以上を2匹釣っていたかもしれない。シーズン中では中々この様な貴重な体験は出来ない。冬や早春はレベルアップにも間違いなく繋がる時期なのである。攻略法が分からない人はぜひガイドに連絡して頂きたい。1から10まで包み隠さずにレクチャーしたいと思う。

この日は35~40cmクラスが連続ヒット!
この日は35~40cmクラスが連続ヒット!
女性ゲストに初の50UP。55cmだった
女性ゲストに初の50UP。55cmだった
今季ガイド最大サイズはポッパーでキャッチした57cm
今季ガイド最大サイズはポッパーでキャッチした57cm
休みを利用してバス釣りへ
休みを利用してバス釣りへ

今シーズンの低水温期で自己記録の更新を!

気がつけば2021年も後僅か、今年の河口湖も多くのゲストにお越しいただき、さまざまなドラマを見せてもらった。人生で初めてバスを釣ったり、初めてプラグで釣ったり、自己新記録がキャッチ出来たり。老若男女問わず一喜一憂できるバス釣りは面白くもあり難しくもあり、私も常に頭をフル回転させている。来年も「TOP50」に参戦しつつ、河口湖や相模湖などでガイドを行なう予定。是非遊びに来てほしい。

施設等情報

河口湖
住所 〒 401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町 周辺
河口湖漁業協同組合ホームページ

施設等関連情報

公共交通機関 河口湖駅発のバスで約10分
車 中央高速道路 新宿→大月JCT→河口湖ICを降りて約7分
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

佐藤 旬
普段、河口湖を拠点にトーナメントやバスフィッシングガイドサービスを営んでいる。「釣りビジョン マガジン」ではフィールドの旬な情報をお届けすると共に、トーナメンターならではの少し突っ込んだ、詳しいパターン等も含めて発信していく予定。フィッシングガイドでは、さらに細かく現場でのレクチャーをする事も可能(初心者でも大歓迎)なので、遊びに来てほしい。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事