釣りビジョン マガジン

2022年09月09日公開

群馬県『宮城アングラーズヴィレッジ』でストライパーを狙う!

512_main

今回は、息子が「久し振りに釣りに行きたい」と言うので、お盆休みを利用して釣行計画を立てた。そこで候補に上がったのが赤城山麓にある超人気管理釣り場『宮城アングラーズヴィㇾッジ』。常連にはMAV(マブ)と略称され親しまれている。魚影が濃く、珍しい魚も釣れる事で有名だ。また、スタッフが丁寧にアドバイスしてくれるので家族連れやビギナーにもオススメ。この時期はブラックバスがメインターゲット、そこで息子にバス釣りを教えながら私はストライパー(ストライブドバス)狙いで挑戦した。

【この記事を書いたライター】櫻井 淳

様々な攻め方が出来る中池がお勧め!

受け付けを済ませ、久し振りに訪れた事もありルールを再確認してから入場。入口側から下池、中池、川池、サイト池と4つのポンドに分かれており、池によって入っている魚種や狙い方が違うのが特徴だ。また、与えている餌はペレットが主流だが、日によって様々なライブベイトも放している。そのタイミングによって魚が反応しやすいルアーカラーや形状、誘い方が変わるのだ。そのため、使うルアーもペレットパターンにするのかマッチザベイトパターンを選択するかで、釣果に差が出やすいし、釣れる魚種も変わってくる。
スタッフに聞くと「ストライパーはライブベイトパターンで安定した釣果が出ている」との事。私はシャッドテールワームを選択し、息子には安定のペレットパターンとして、3インチのスティックワームでブラックバスを狙わせる事にした。先ずはブラックバス、ストライパーの魚影が一番濃く、ストラクチャー(障害物)が豊富な中池を選択し攻略してみる事に。

MAVの料金表
MAVの料金表
MAVのルール
MAVのルール
下池の景色
下池の景色
中池の景色
中池の景色
川池の景色
川池の景色
サイト池の景色
サイト池の景色

ルアーをよく観察するストライパーに大苦戦!

目の前に回遊してくるストライパーが度々見えるので、サイトでルアーをアプローチしていったが、殆どがスルーする。良いコースを通ると反応する事もあるが、惜しいところまで来ても追うのを止めてしまう。追ってくるだけに「いつかバイトさせる事が出来る筈」と試行錯誤を繰り返した。今から思うと、私が得意とするサイトフィッシングで、プライドをかけた魚との勝負……とキャストを繰り返す悪い癖が出てしまった。ポンドを変えてトライしてみたが、同じ様な状況で、いまひとつ魚とかみ合わず苦戦する展開。一方、隣では「また来たー!」と、息子はポツリポツリではあるがブラックバスを釣って嬉しそうな笑顔を見せる。そこで、私も一旦ストライパー狙いを止め、釣り慣れたブラックバスを釣ってみる事にした。

ブラックバスと格闘する息子
ブラックバスと格闘する息子
 

ついに狙っていた魚体が姿を現す!“5種目釣り”が実現

その後ブラックバスも釣れたので、終了間際1時間になって再びストライパー狙いに挑戦。しかし、状況は一変、ストライパーのチェイスすらなくなり「今日はダメか~」と諦めかけた矢先、スタッフが釣り方を教えてくれるとの事で下池に移動。まずは息子からチャレンジ。バイトはラインが走った瞬間にフッキングしないと掛からないシビアな展開だった為、息子には難易度が高く魚を掛ける事が出来なかった。そこで、私がフッキングまで決めて、その後のファイトを息子に任せた。ブラックバス、ナマズ、コイ、アメリカンキャットフィッシュと立て続けに釣れたので息子は大満足。そして、最後の最後、ドラマ魚としてストライパーが運よく掛かり、ファイトを楽しんだ私は感無量。今回の釣行を終える事ができた。

大物と格闘する息子
大物と格闘する息子
40cm程のアルビノナマズ
40cm程のアルビノナマズ
40cm程のキャットフィッシュ
40cm程のキャットフィッシュ
70cm程のコイ
70cm程のコイ
強烈な引きのストライパーのファイトシーン
強烈な引きのストライパーのファイトシーン
50cm程のストライパー
50cm程のストライパー

施設等情報

■宮城アングラーズヴィレッジ
〒371-0241 群馬県前橋市苗ヶ島町1950
Tel:027-283-0161 宮城アングラーズヴィレッジホームページ

施設等関連情報

営業日:年中無休
営業時間 『6:00~21:00』
■公共交通機関
北関東自動車道『伊勢崎IC下車前橋方面へ。国道上部17号6つ目の信号(飯土井町)を右折、そのまま直進で陸橋を越えて3つ目の信号を右折し800m左側。ICより15分』
■電車で利用する場合
上毛電鉄大胡駅にて下車。大胡駅よりデマンドバスにて「石川モータース前」まで停留所より徒歩1分
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

櫻井 淳
普段は会社員。休日は群馬県の神流湖をホームグランドに、トーナメントやバスフィッシングガイドサービスも営んでいる。関東指折りの難易度と言われる神流湖のフィールドや地域の旬な情報や魅力も発信。冬はワカサギ釣りやエリアトラウトフィッシングのお届け予定。釣り方動画は、YouTube「神流湖マニアック」で検索。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事