釣りビジョン

なぜ今頃になってサイコロラバーが琵琶湖で大ブレイクしているのか?

2022年11月14日公開

576_main

2016年に発売された本家サイコロラバー。あれから6年が経った今になってなぜか琵琶湖で突如ブームになっている。その理由をちょっとだけ考えてみた。

ライブサイトで才能開花?

まず、サイコロラバーを知らない人のためにざっくりと説明したい。
香川県でアルティメイトワールドという釣具店を営む田渕秀明さんが考案、2016年に彼のブランドであるフィールドサイドから発売したのが元祖である。オリジナルは全10サイズ。それを田渕さんが使用して、2016年JBマスターズ霞ヶ浦戦で見事優勝。その後、関東のローカルトーナメントでもよく釣られていたのが口コミで徐々に広まっていく。2019年JBトップ50霞ヶ浦戦で藤田京弥さんが2位になったことで決定的に「有名なシークレットベイト」になったと思う。

筆者自身も2018年に購入し、琵琶湖でも2019年には使っていた。しかし、釣れなかった。関東のリザーバーなどと同じような感覚で、シャローのサイトフィッシングで使っていたのだが、サイコロラバーよりも小魚っぽいワームのホバストなどの方が明らかに効いた。まあ、他地域発祥のテクやルアーが琵琶湖ではさっぱり流行らないというのは珍しくないので(例:虫系、でか羽根モノ、パワーフィネスなど)これもその類かとその時は思っていた。

ところが、今年になってから琵琶湖でもサイコロラバーがトーナメントなどを中心に急速に流行っているのだ。火付け役は諸説あると思うが、筆者的にはO.S.P.プロスタッフの林晃大さんがB.A.I.T.(琵琶湖のプロトーナメント)で2戦連続準優勝をした影響が大きかったように思う。そして、11月12日~13日に開催されたB.A.I.T.クラシック(MUTA バスフィッシングジャパンオープン)では複数の上位入賞選手がサイコロラバーを使用していたという…。

O.S.P.から今年の春にリメイクされたというのもあると思うが、それにしてもなぜ今頃流行?…と思っていたら、やっぱり使い方が全然違った。関東ではサイトフィッシングでの使用が定番なのだが、琵琶湖の場合、ミドル~ディープがメイン。沈みモノに集まるバスをライブソナーで観察しながらリアクション的に食わせる…という使い方らしい。しかも……おっと、文字数に限界がきたようだ。

元祖サイコロラバー(フィールドサイド)。オリジナルは全10サイズだが、O.S.P.版は12mmのみ。
元祖サイコロラバー(フィールドサイド)。オリジナルは全10サイズだが、O.S.P.版は12mmのみ。
昨日(2022年11月13日)のB.A.I.T.クラシックの表彰台。上位選手も使用していた。
昨日(2022年11月13日)のB.A.I.T.クラシックの表彰台。上位選手も使用していた。
 
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。

この記事を書いたライター

望月 俊典
千葉県九十九里町生まれ。雑誌『Rod and Reel』副編集長を経て、フリーランスの編集/ライターとなる。海外の秘境釣行も大好きで、『世界の怪魚釣りマガジン』の立ち上げ&制作を手掛けた。現在は、琵琶湖事務所で仕事や釣りにいそしむ。著作は『バスルアー図鑑』(つり人社)。ちなみに、学生時代に、ネッシー(といわれているであろう現象)を目撃&撮影したことがある。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事