釣りビジョン

群馬県・神流湖でバス&ワカサギ、冬の2種目フィッシングプラン!

2023年01月06日公開

657_main

年末年始、“釣り納め”と“初釣り”を「いつ、どこに行こうか」と考える人が多いはず。どちらも“よい釣り”が出来ると普段とは違った特別な嬉しさが込み上げるものだ。私は、毎年恒例で大晦日と元旦は「大漁祈願」と称して、釣りに出掛けている。今回はホームレイクの群馬県・神流湖(かんなこ)に出掛けた。

【この記事を書いたライター】櫻井 淳

釣果情報よりも水面を観察する事が大切!

山間の早朝、気温は0℃。しかし、湖の表層水温は8.9℃とまだまだ高く、シーズン最低水温にはなっていない。例年なら白濁する冬の神流湖だが、今年は水深3mのボトムが見える程のクリアウォーター傾向だ。その水質も影響しているのだろうか、ボート桟橋の釣果情報ではブラックバスもワカサギも厳しいとの事。しかし、桟橋周辺の表層には3cm程のベイトフィッシュの群れが多い。その上、早朝には時折表層でブラックバスがボイルするシーンも確認出来、期待を持ちつつ準備して出船する事が出来た。

2魚種用のタックルなのでボート上は荷物満載。
2魚種用のタックルなのでボート上は荷物満載。

朝一と夕方はバスフィッシング。日中はワカサギ釣りのプラン!

時期的に厳しいながらも“釣り納め”、“初釣り”で一番避けたいのはノーフィッシュ。そこで一昨年から冬の“2種目フィッシングプラン”を構築。しかし、「二兎を追うもの一兎も得ず」にならないように、大まかな時間配分で決めたのがこちらのプランだ。
●早朝~10時までバスフィッシング
●11~14時までワカサギ釣り
●15~17時までバスフィッシング

と言うのも、経験上この時期は日中にバスからのバイトが得られない印象があるからだ。延々とキャストしていると、夕方になるまでに集中力が切れ、心が折れてしまう。そうならない為に日中でも釣れるワカサギにシフトして、夕方もバスフィッシングに集中出来るようにしているのだ。また、これからの時期に実績があるエリアに絞り込む事も重要だ。
下流域では農協ワンド、犬目ワンド、大栃ワンド、中流域ではアブ沢周辺、太田部周辺が釣れる確率が高い印象でお薦めだ。
魚探で探ったところ、ブラックバスは段々畑跡、岩盤、岩がある8~14m。ワカサギはワンド出口の32~35mのボトムに映る印象があった。

キーは陽が当たる山面に沢があるエリア
キーは陽が当たる山面に沢があるエリア
メイン画像で釣れた魚のスポット(岩)
メイン画像で釣れた魚のスポット(岩)
ワカサギが釣れる水深35m
ワカサギが釣れる水深35m
 

想像していたより釣れた魚、釣れなかった魚

“釣り納め”のメモリアル釣行に応えてくれたのは、ブラックバスだった! 朝一から有望なポイントを巡りながらバスフィッシングを展開。「そろそろワカサギ釣りに切り替えるかな?」という時間帯でのバイト。「ん?なんかティップが重くなった?」感覚で効き合わせ。「釣れちゃった感」満載だが、ドラマチックな1匹目だった。
その後、ワカサギ釣りにシフトするが1時間アタリもなく早々に片付け。再びバスフィッシングに切り替えた。すると夕方のチャンスタイムで2匹ものバスを追加する事が出来た。釣り方は3インチのピンテールとシャッドテールのダウンショットリグ。2022年は、感無量で大晦日釣行を終える事が出来た。

冬のドラマフィッシュ!
冬のドラマフィッシュ!
バスの状態に応じてエア抜きが必要となる
バスの状態に応じてエア抜きが必要となる
夕方2匹目
夕方2匹目
同ポイントで3匹目。感無量です。
同ポイントで3匹目。感無量です。

初日の出を拝み大漁祈願

翌日は、神流湖から初日の出を拝み大漁祈願。この日も前日と同じプランでスタート。早朝にブラックバスから貴重な1バイトを得るもフックアップできず。悔しさで崩れ落ちる。
日中のワカサギ釣りでやっとの思いで初フィッシュを釣り上げたが後が続かず。夕方のバスフィッシングでは陽が落ちるギリギリまで挑戦したが、反応がないまま元旦釣行は終了となった。

初フィッシュはワカサギ
初フィッシュはワカサギ
元旦は陽が落ちるまで挑戦
元旦は陽が落ちるまで挑戦

施設等情報

神流湖観光ボート(株) 通称:KKB
〒370-1403 群馬県藤岡市保美濃922
TEL:0274-56-0522

施設等関連情報

営業日:年中無休
営業時間 :平日7:00~16:00、土日祝6:00~17:00
遊漁料:日釣り券1,000円、年券5,500円
ローボート:1人2,000円、2人2,500円、3人3,000円
エンジン付きボート:1万円
レンタル:フットコン…バッテリー込み4,000円、バッテリーのみ2,000円
持ち込みボートスロープ代(湖面ルール:エンジン付き4ストのみ利用可能)
カヌー:1,000円/日、小型ボート:2,000円/日、中型ボート:3,000円/日
公共交通機関:関越自動車道…児玉藤岡IC⇒国道462号を鬼石方面に22Km、上信越自動車道…藤岡IC⇒県道13号⇒国道462号を鬼石方面に21Km
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。

この記事を書いたライター

櫻井 淳
普段は会社員。休日は群馬県の神流湖をホームグランドに、トーナメントやバスフィッシングガイドサービスも営んでいる。関東指折りの難易度と言われる神流湖のフィールドや地域の旬な情報や魅力も発信。冬はワカサギ釣りやエリアトラウトフィッシングのお届け予定。釣り方動画は、YouTube「神流湖マニアック」で検索。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事