オフショアマガジン
2014.4.15号

ムツ六釣船店・神奈川県久里浜港
“乗っ込み”マダイを東京湾・久里浜沖で狙う!

04_main.jpg
桜の花が散り出せばマダイの季節だ。“乗っ込み”の言葉に振り向くのは、釣り人の習性。海中から浮かんでくるあのピンクの魚体、それも腹回りが少し黒ずんでいて、釣り上げると青臭いような独特の匂い。まだ時期が早いかと思ったが、7日に神奈川県・久里浜港『ムツ六釣船店』に出掛けた。

ライトタックル(LT)、通常タックルの2本立て

久里浜港は横浜横須賀道路・佐原ICから東京湾フェリー乗り場方面に約15分。船着場のすぐ横に釣り人用の大型駐車場(無料)が有り、駐車場の一番近くに『ムツ六釣船店』の大看板が見える。釣り座は到着順に岸壁にある釣り物別看板前にクーラーを置く。当日は午前5時過ぎに到着、通常タックル4人、ライト(LT)3人と私の計8人が乗船、榎本幸司船長の操船で7時に出船した。

大看板
クーラーはこの前に
桟橋係留28号船

釣り場は目の前、航程15分!

キャビンで話を聞く間も無く釣り場に到着。全員釣り座に着き、船長のアナウンスを待つ。船長から「タナは上からラインの目印で合わせて下さい。コマセは撒き過ぎないように。ビシは海底まで下ろさないように」との指示の後、スタートの合図。海上は、ベタナギで波もほとんどなく、楽な状況で釣りが出来る。乗船者はお互い馴染みの方が多いようで和気あいあいの中、情報交換の会話が聞こえてくる。8時過ぎから餌が取られる様になって来たがアタリがない。先週の雨のせいか、「潮が暗く濁りが残っている」、「ラインが汚れる」などの会話が聞こえて来た。

出船前のレクチャー
今日の調子はいかがですか
マダイよ気が付け

船中1号は“常連組”を押さえて…

『ムツ六釣船店』では、ライトタックルは道糸2号、ビシFL40号。通常タックルはFL80号ビシを推薦している。コマセを大量に撒く必要の無い釣り方の場合、FLタイプのビシの方が水流の抵抗が少ないので、体力消耗が少なく魚も脅かせないようだ。ハリス等はホームページを参照し船長のアドバイスを聞くのが早道だ。
誘いを掛けたり、落とし込みを掛けたり各自釣り方に工夫してアタリを待っている中、船中1号が9時30分過ぎに掛かった。左舷胴の間(中央)でマダイ初挑戦の山崎貴之さん(平塚市)の竿が絞り込まれた。普段はブラックバス釣りをしているとか。アタリは、船長の「当たってますよ」の声で気が付いたそうだ。左横に釣り座を構えていた師匠の渡部寛さん(寒川町)のアドバイスを受けながら慎重に取り込んだのは、1kgを超える見事なマダイ。ピンクと腹回りの淡黒の魚体はまさに“乗っ込み”を感じさせた。すると左舷ミヨシ(船首)の五十嵐剛さん(海老名市)にもアタリが続く。こちらは常連さん、難なく1kg弱を釣り上げ全員の期待が膨らんだ。

緊張している初マダイ釣り、山崎さん
小型でも本日1匹目はうれしいです
独特の置き竿構え

より南へ移動

久里浜沖でワンチャンスをものに出来たが、その後が続かず11時30分過ぎに松輪沖に場所を変えた。潮色はいくらか澄んではいるがやはり暗く、仕掛けやラインが汚れてくる中、12時30分過ぎからイナダが釣れ出した。左舷トモ(船尾)でライトタックルで狙っていた長島照雄さん(藤沢市)にアタリ。慎重なやり取りで40cmオーバーを取り込む。右舷ミヨシの榎本一隆さん(横浜市)もライトで掛け左舷に回りこみ取り込んだ。続いて左舷の山崎さん、長島さん、五十嵐さんがトリプルヒット。走り回るイナダにオマツリになるがそこは顔馴染みの方々、譲り合いながらも釣り上げる。見回すといつの間にか鳥山が近くに出来ており、釣り船も集まって来た。

シャープなやり取り、長島さん
ライトで楽しむ榎本さん
仕掛け図(ハリスの長さは船で統一しているので勝手に変えてはいけない。)

納竿間近の追い込み

「イナダが掛かるとは、潮温が高くなって来たのかな…」と、会話が聞こえて来た。2時少し前に右舷トモの加納和宏さん(横浜市)が釣り上げたイナダは、腹回りのボリュームが、写真では違いがハッキリしないが明らかに太目だった。すぐに左舷胴の間の渡部さんに小型ながらマダイが上り、師匠の面目を保ててホッと一息。続いて加納さんに1kgクラスが掛かる。もう一丁と期待したが吹き出した南風が力を増し、2時30分に終了となった。

ホッと一息、美しい魚体
まずはグラマー、加納さん
続いて美人を

“乗っ込み”は始まっている!

この日は潮が暗く、船中マダイ4匹、イナダ数本の釣果だったが、4月5日(土)には4kg台含め0~9匹、翌6日にも0~5匹と状況は確実に上向いている。船長は、「今日は潮が濁って汚れていたね。自然相手だから当たり外れはありますが、“乗っ込み”は始まっていると思います。潮の濁りが取れれば期待出来ますよ」と嬉しいコメント。春らしい穏やかな日が続き、潮の汚れも取れてくれば本格的な“乗っ込み”マダイ釣りを堪能出来そうだ。

当日使用 FL40号
参考仕掛け
ラインに付いた汚れ

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣り船
神奈川県久里浜港『ムツ六釣船店』
〒239-0831
神奈川県横須賀市久里浜8-26-8
TEL:090-7243-6375
定休日:毎月第2、4、5金曜日
詳細情報(釣りビジョン)
ムツ六釣船店ホームページ
出船データ
(乗船料金)9,800円(コマセ、餌付き)
(出船7時、沖上がり14時30分
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー