『リレー(サバ&ヤリイカ)』記事一覧

『リレー(サバ&ヤリイカ)』記事一覧

不動丸・千葉県勝浦川津港

2020年3月1日

03_main.jpg

千葉県・勝浦沖の“寒サバ”&ヤリイカ船、超旨いサバが入れ食い!

千葉県・勝浦川津港『不動丸』では、旬の“寒サバ”&ヤリイカの予約乗合船を出船中。目一杯太った脂乗り乗りの寒サバの豪快な入れ食いで日頃のストレスを発散!ヤリイカは50cm級の肉厚パラソル!食味も抜群だ。私はこの釣り初挑戦だったが、非常に楽しかった。

渡辺丸・千葉県江見太夫崎港

2019年4月1日

03_main.jpg

千葉県・南房、江見沖で“寒サバ”&ヤリイカのリレー!

一つの釣り物をストイックに狙うのもいいが、不発に終わると“お土産”すらままならないこともある。そんな時、釣り物を途中でスイッチして狙えるリレー船は魅力的だ。千葉県・南房の“寒サバ”と言えば「トロサバ」で有名。この時期は、ヤリイカもまた美味しい釣り物だ。この“寒サバ”とヤリイカをリレーで楽しめると聞き、江見太夫崎港『渡辺丸』に出掛けた。

不動丸・千葉県勝浦川津港

2019年2月15日

02_main.jpg

千葉県・勝浦港発の寒サバ&ヤリイカ、クーラー満タンで大満足!

「好きな魚は?」と聴かれて「サバ」と答える釣り人は多い。しかもそんな人に限ってアカムツもフグも食べ飽きたような“食通”だったりする。このところ店頭での値段も急上昇。もはや大衆魚とは言い難くなったマサバを“本命”に狙い、さらに今が旬のヤリイカ釣りも楽しめるリレー船があると聞き付け、千葉県・勝浦川津港『不動丸』へ出かけた。

渡辺丸・千葉県江見太夫崎港

2013年3月1日

02_main.jpg

多点掛け連発!
千葉県・江見吉浦沖の寒サバ&ヤリイカリレー!

千葉県・房総半島の南東に位置する江見吉浦。その沖“三枚根”で超脂の乗った“寒サバ”が釣れているとの情報を聞きつけた。早速、江見吉浦『渡辺丸』の渡辺英雄船長に電話をすると、「イカは正直パッとしないですが、今週から大アジの新群れが入り、寒サバも絶好調です。寒サバは脂がタップリ乗っていて抜群に美味いですよ」と好感触。なんと、近隣の魚市場ではキンメやムツと肩を並べ、マサバにも1尾1700円の高値が付いていると言うから驚きだ。