『青物』記事一覧

『青物』記事一覧

宏昌丸・千葉県勝浦港川津港

2019年3月1日

03_main.jpg

千葉県・外房、勝浦沖のオフショア“青物”ジギングにチャレンジ

オフショアの「ソルトルアーフィッシング」で外せないターゲットがブリやヒラマサなどの大型回遊魚。そんな大物を手にすることを夢に見ているアングラーも多いのではないだろうか。2月17日、ルアーゲームに力を入れている千葉県・勝浦川津港『宏昌丸』に今シーズンの状況確認に出掛けた。

釣り船 魚英・兵庫県明石港

2014年10月15日

04_main.jpg

激流を釣る!! 兵庫県・明石海峡の“青物”ジギング

大型台風が接近中だった10月4日、兵庫県・明石港『釣り船 魚英』の“青物”ジギング船に乗船してきた。釣り場は明石海峡大橋付近。この辺りは直線的に流れていた潮が狭い海峡筋でカーブするところで、魚影が濃い反面、潮汐によって潮が川のように速くなる難所でもある。『魚英』では、つい最近、ブリの93cmも上がっているだけに、当日は3隻のジギング船が満員状態で出船した。

長栄丸・千葉県御宿岩和田港

2014年3月15日

02_main.jpg

千葉県・外房、ジギングで“青物”を狙う!

春の気配が近づいてきた。外房は菜の花が満開で、日差しには春を感じる。海の中も春めいて来たのか房総の海には“青物”が回遊、ルアー釣りが好調との情報をキャッチ、7日に千葉県・御宿岩和田港『長栄丸』のジギング船に乗った。

深川吉野屋・東京都深川

2013年11月15日

03_main.jpg

チャンス到来!東京湾奥のトップウォーターゲーム

海面でバイトするトップウォーターゲームは特別な興奮がある。しかし、中層やボトムの釣りに比べ“トップ”で狙えるチャンスは少ない。ところが、そうした状況が今、東京湾奥で繰り広げられていると聞いた。イワシなどのベイトフィッシュが湾奥まで回遊、これを狙ってイナダ・ワラサ、サワラ、シーバスなども湾の奥深くまで入り込んでいるという。ショアからのシーバス経験はあるものの船での釣りは初めてだが、「今がチャンス!」と8日、東京・江東区、木場『深川 吉野屋』へ出掛けた。

釣り船 魚英・兵庫県明石港

2013年9月15日

04_main.jpg

秋はコレ!兵庫県・明石沖の青物ジギングで興奮!

もう秋は来ないのかと思っていたら、やっと涼しくなってきた。異常に高かった潮温も下がり出し、兵庫県・明石沖では青物がジギングで釣れ出した。魚も人間も同じ。そろそろ涼しくなって来たからガンバリまっさ!ってところかな?ツバス、ハマチにメジロ、ブリ、サワラが交じって強い引きがこれから12月頃まで楽しめる。

代々丸・和歌山県白浜・富田浦 袋港

2012年12月1日

06_main.jpg

和歌山県、 南紀・白浜沖の活アジのノマセ釣りで青物!!

和歌山県・白浜の富田浦袋港から出船している『代々丸』が、活きアジを泳がせて“青物”のワラサ、カンパチ、更に“底物”などを狙う「アジのノマセ釣り」を始めた。海の中の食物連鎖を利用、コマセを使用しないクリーンな釣りだ。何が釣れるか分からない楽しみもあり、11月18日に大阪の若林さんら6人と白浜沖に出た。

幸栄丸・茨城県鹿島港

2011年12月1日

03_main.jpg

茨城・鹿島沖“青物”ジギング、空前の“大爆釣”!

11月中旬から茨城県・鹿島沖のルアー船が絶好調!メインターゲットは1kg前後のイナダだが、時には5kg超えるワラサも顔を見せる。鹿島灘のルアー船を牽引する鹿島港『幸栄丸』では、11月22日に空前の竿頭100尾を記録。そして、23日にも船中28人で1100尾以上の釣果を叩き出した。空前の“大爆釣”が続く鹿島沖、今ならジギング初心者の私でも「何とかなりそう」と、期待を胸に24日、出掛けたのだが…。