釣りビジョン
ON AIR
2014.3.15号

長栄丸・千葉県御宿岩和田港
千葉県・外房、ジギングで“青物”を狙う!

春の気配が近づいてきた。外房は菜の花が満開で、日差しには春を感じる。海の中も春めいて来たのか房総の海には“青物”が回遊、ルアー釣りが好調との情報をキャッチ、7日に千葉県・御宿岩和田港『長栄丸』のジギング船に乗った。

狙うは出世魚・ブリとヒラマサ

御宿までは圏央道・市原鶴舞ICから約30km、横浜方面から2時間程で届く。便利になったものである。『長栄丸』はルアー専門船で、地元は元より東京、埼玉方面から大物狙いのルアーマンが集まってくる船宿。当日は5人が乗り込んで定刻6時に出船となった。ここでは片舷流しが基本で当日は右舷に全員が釣り座を構えたが、釣り人が多い日には、両舷に座って一流し毎に船首方向を入れ替え、チャンスが均等になるように船を流している。

早朝の船宿
話は弾む
これが無ければ釣れません

根回りで大型を狙う!

前日は大シケだったが、この日も北風とウネリが残っていた。30分程で最初のポイント“オオダカ”に到着。海水温13℃、水深40m前後の起伏のある根周りで、船長から「根掛かりに注意して、始めて下さい」とのアナウンスでスタート。流し釣りなので水深の変化が刻々とアナウンスされるが、それでも引掛かる事がある。根回りは難しい…とメモを取りかけた7時過ぎ、ミヨシ(船首)の美島隆二さん(新座市)の竿が大きくしなった。時々リールを巻く手も止まる大物の予感がするが、本人は余裕を持って巻き上げている。前回釣行時にもお会いした常連さんだ。ドラッグを逆転することも無く取り込み。船中第1号は5kgオーバーのワラサだった。「良い型だね」と話す大物狙いの同乗者の会話を聞いていると、まだまだ大型が出るようで期待十分だ。

北風にも負けず
船中1号ボリューム満点 美島さん
[動画]ナイスファイト!青物狙いジギング

“サンパク”が入れ掛かり!

シャープなサンパク、布目 潤さん(板橋区)
外房地区では、3~4kgのイナダとワラサの中間サイズを“サンパク”と呼ぶ。神奈川県・湘南で“イナワラ”と呼ばれるサイズである。このサイズが、1週間前あたりから、イワシの群れを追っている情報があり、8時頃少し沖の水深79mの深場に移動した。海水温が13.2度から13.4度と僅かに上り、船長の「反応が出てきた。当たりだすよ」とのアナウンスと同時に、1人、2人と次々に掛かり出す。ダブルヒット、トリプルヒット、またダブルヒットと爆釣となり、撮影が間に合わない。右を見ていると左が当たり、左を見るとその奥が当たっている。タモが間に合わずカツオの1本釣りのような豪快な抜き上げや、リーダーを持って引っ張り上げるなど大忙しとなる。足元には常にサンパクが数匹転がっていて、イケスに運ぶ暇がない。
魚群の上を流し直す事数回、バタバタ当たり、静かになる-の繰り返しで“サンパク”が上がった。9時30分にトモ(船尾)から2番目の栖原一之さん(台東区)に大きな引き込みがあり、慎重なやり取りの末、5kgオーバーのワラサが上った。10時、全員が“サンパク”を数匹ずつ確保出来たので、大物を狙い再度“オオダカ”に移動した。

思わず顔がほころぶ、高田尚紀さん(葛飾区)
長栄丸後援会の斉藤さん、サムアップ
これはワラサだ 栖原さん

大物は空振りも十分な釣果!

気温が上り楽になってきたが、“オオダカ”は海水温が低い。12.9度の時もあり朝より下がって来ているようだ。潮色も沖とは少し違う。11時の定刻まで粘ったが、僅かの海水温の違いで残念ながら、大物に出会うことは出来なかった。これも回遊魚ならではの事だそうで納得して納竿となった。早朝の気温2℃、海水温13℃前後の中、船中ワラサ2匹、サンパク18匹の計20匹の釣果だった。

イケスから出して見ると
ワラサ、頭隠して尻入らず
右上段ワラサ、その他サンパク

『長栄丸』ならではのサービス

帰港すると岩瀬勝彦船長と若船長、ヒラマサ一筋の常連さんである斉藤浩さん(東金市)の3人で釣った魚を1匹ずつ血抜き、神経絞めをしてくれた。これをするとしないでは食味が断然違うから、釣り人には有り難いサービスだ。処理後にバケツに入っている魚を数えていると、ヒラマサが釣れず残念がる常連の方の会話が耳に。どうやらこの釣果では満足出来ないようだ。改めてスケールの大きさを確認出来た思いがした。

シメ作業真っ盛り
作業は続く
周りの人も思わず見とれる

今後の見通しは…

仕掛け図
「長栄丸ノット」の開発者でもある、岩瀬船長に今後の様子を聞くと、「これから気温、海水温が上昇してくれば釣果も安定し、ヒラマサの確率も上がる。海水温が16度までは十分に期待出来る」との事。週末には午後船も出ている。海がナギでさえあれば“爆釣”も夢ではない外房・御宿沖のジギング、今後に期待は十分だ。

※「長栄丸ノット」については2013年1月1日号に動画が掲載されているので御覧頂きたい。標準タックルはラインPE3、4号、リールはライン300mを巻けるタイプ。リーダー12号以上を5m、ジグは110~180g、イケス用のタグ(目印)を忘れず準備したい。

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣り船
千葉県御宿岩和田港『長栄丸』
〒299-5105
千葉県夷隅郡御宿町岩和田727-1
TEL:0470-68-2981
定休日:第1・第3土曜日
詳細情報(釣りビジョン)
長栄丸ホームページ
出船データ
乗船時間
集合5時15分/6時出船~11時沖上がり
(午後船:昼12時から準備出来次第~日没沖上がり)
乗船料金:1万500円(氷付き)
ページトップ