『豆や・東京都江戸川区鹿骨』記事一覧

『豆や・東京都江戸川区鹿骨』記事一覧

豆や・東京都江戸川鹿骨

2011年9月1日

01_main.jpg

釣ってよし、食べてよし。東京湾のLTタチウオ

8月中旬、東京湾のタチウオが夏本来の浅場で釣れ始めた。多少のムラはあるが、トップで40尾を超える釣果も珍しくはない。狙う水深は20~40mとライトタックルにも丁度良い。大半の船が餌釣りで狙うが、このタチウオ、アタリがあっても簡単にはハリに掛かってはくれない。そこには、釣り人を熱くさせる駆け引きがある。8月16日、東京・江戸川区の鹿骨(ししぼね)にある『豆や』の乗合船に乗った。[動画]神出鬼没! 東京湾のLTタチウオ『豆や』

豆や・東京都江戸川区鹿骨

2010年12月1日

04_main.jpg

「1粒で2度美味しい」“リレー船”、タチウオ&アジ

前半と後半で違う釣り物を狙う乗合船を“リレー船”と言うが、その歴史は浅い。しかし、文字通り「1粒で2度美味しい」と、釣り人から支持を受け、近年、その数は増すばかり。東京・江戸川区の鹿骨(ししぼね)にある『豆や』もそんな船宿の1軒。現在は、前半タチウオ、後半アジの“リレー船”を出し、人気を集めている。

豆や・東京都江戸川区鹿骨

2010年7月15日

01_main.jpg

東京湾の“最高ブランド”マダコがスタート!

豆やのマダコ釣り東京湾の“ブランド魚”と言えば、誰もが思い浮かべるのはアナゴだろう。しかし、“最高ブランド”ということなら、断然マダコである。あの“明石のタコ”を凌ぐ浜値(卸値)が付くことも珍しくはないのだ。そのマダコ釣り(夏ダコ)がスタートした。7月3日、東京・江戸川区鹿骨の船宿『豆や』の今季初出船に乗った。