釣りビジョン
ON AIR
2010.6.15号

梅花丸・千葉県飯岡港
活エビ餌のハナダイが絶好調!

近年の沖釣りは、コマセ釣りが全盛だが、沖釣りの“原点”とも言えるのが、活エビ餌を使った胴突き仕掛けの釣りだろう。千葉県・外房、飯岡沖のハナダイ釣りでは、その“原点”が楽しめる。餌の活エビの入手と維持が難しく、楽しませてくれる船宿は、年々減っているが、飯岡『梅花丸(ばいかまる)』では、今でも宿のメインとしてほぼ周年、船を出している。

活エビ餌のハナダイが絶好調!

6月11日午前4時、海岸沿いにある『梅花丸』待合所には、既に何台かの車が停まっていた。間もなく、梅花武幸船長とおかみさんが住まいから到着。待合所のドアが開けられ、待っていた釣り人と一緒に受け付けを済ませ港へ移動した。
定刻通りの午前5時に河岸払い。釣り場までの航程は10分少々。多少ウネリはあるもののほとんど揺れを感じない。天気予報も終日晴れ、まさに絶好の釣り日和に恵まれた。

ポイントに着くまでの風景
右後ろに見えるのは、屏風ヶ浦に建つ展望台
丁寧で非常に感じのいい梅花武幸船長

釣り場の水深は15m!

ポイントへ到着すると、活エビ(スムシ)が配られた。基本的な付け方は、エビの尾羽を切り、ハリを通して腹側へハリ先を抜けばよい。仕掛けは3本バリ(幹糸4号、枝ス2号)、オモリは40号。
プーッ!投入の合図と同時に一斉に仕掛けが投入された。水深は15mと浅く、アッいう間に着底。すると、左舷胴の間(中央)の釣り人に間髪入れずにアタリがあり、その隣の釣り人にも、さらに右舷側でもアタリが連発、ひと流しで船中9人全員がハナダイを釣り上げた。

使用した船宿特性ハナダイ仕掛け
餌の“スムシ”
ハナダイ仕掛け図

仕掛けの長さに合わせた竿がベスト

ここで、船長にこの釣りにはどんな竿がお勧めかを聞いてみた。
「ライトタックル(20号~60号負荷)の胴調子で引き堪能するのもいいですし、カワハギ竿のような先調子でキッチリ合わせて釣るのも楽しいですね。人それぞれですよ。どちらにしても仕掛けの長さに合わせた竿を使うのが手返しを早くするポイントですね」とのこと。
この日、私が持参したタックルは、オモリ負荷20~60号の胴調子竿。偶然にもベストチョイスであった。

いいよね!このサイズ!
ライトタックルセット
※竿受け以外(笑)

大型アジ、ショウサイフグ、ホウボウ多彩なゲストに舌鼓

暫くして左舷大ドモ(船尾)から2番目の人の竿に強烈な引き込み。「何だか分からないけどデッカイよ~」と言いながら満面の笑み。確かにそれまでのハナダイとは段違いの引きだ。やがて海面に姿を見せたのは、35cmはあろうかという丸々と太ったアジだった。
船長の話では、この時期は大型のアジも回ってくるシーズンで例年なら、アジ→ハナダイのリレー釣りになる日も多いとか。今年は、アジの釣果が未だに安定しないため、終日ハナダイ狙いのことも多いそうだが、アジが回り出せば、リレー船に切り替えるそうだ。
今度は右舷大ドモから2番目の人の竿が曲がった。これもいい引きだ。釣れて来たのはホウボウ1尾にハナダイ2尾の3点掛け。続いて左隣の人には、良型のショウサイフグが釣れて来た。

いや~!いい引きでしたよ~♪
ホウボウ、ハナダイ3点掛け!
大きなハナダイに続いてフグも釣っちゃいました!

30cm級のマダイをゲット!

ひと通り、取材を終えていよいよ“参戦”。船宿特選仕掛けをセット、餌をつけて第一投。着底後、糸フケを取り、ゆっくりと1.5m程上げ、次にゆっくりと竿先を下ろして着底させた瞬間、クククッと明確なアタリ。軽く合わせを入れるとククンククンと確かな手応えでハリ掛かり。逸る気持ちを抑えて追い食いさせるべく少しずつ竿を立てていった。すると、ククッグングンググン!と強烈な手応え。頃やよし!と慎重にリールを巻いてくると、何と1投目から3本バリに3尾のパーフェクト。食いがいい証拠である。
今度は、船長に誘い方を聞いた。「大きく分けて誘い方は3種類。タタキ、タルマセ、フォール。状況に応じてどのパターンがいいかを判断するかが大切ですね」。そこで、まずは“タルマセ”をやってみた。着底したら50cm程竿先を下げ、糸の動きを見て合わせを入れるのだが、いきなり弛んだ糸がツツーと動いた。慌てて合わせるとグン、ググググンと強烈な引き込み。それまでのハナダイとは手応えが違った。釣れて来たのは、何と30cm級のマダイだった。

第一投目から3点掛け
このサイズはいい引きするね~!
私が釣ったラッキーヒットのマダイ。この他にも船中で5尾程マダイが上がった。

ラスト30分、怒涛の入れ食いタイム!

納竿30分前、状況が一変した。それまでは断続的な食い方だったが、一気に入れ食いモード突入したのだ。アジのトリプル、ハナダイとアジの2点掛け…とにかく仕掛けを入れれば魚が掛かって来た。
この日の竿頭は63尾、平均釣果は40尾を超えていた。それにアジも10~20尾交じりお土産には十分な成績だった。

まずまずの型だね!
最後の入れ食い!
アジとハナダイの一荷

夏場は浅場での数釣りが期待できる

取材翌日(12日)には竿頭が96尾、13日には束釣り(100尾以上)が数名と釣果は急上昇。今シーズンは、ハナダイが灘(岸寄り)に上ってくるのが若干早いようで今のところやや型は小さいが、徐々に良型も増えて来るはずだ。
外房・飯岡沖と言うと荒波を想像する人も多いと思うが、これからの時期には、鏡のような穏やかな海になることも少なくない。『梅花丸』にはレンタルロッドも完備している。家族連れや友達を誘って気軽にハナダイ狙いにでかけてみてはいかがだろう。
なお、『梅花丸』は予約乗り合いのため、前日の夕方までに予約を忘れずに!

(吉田 洋一郎)

常連さんはハナダイをこう釣る!
船長!今日はどうでしたか~?
梅花丸特製“ハナダイの酢漬け”

今回利用した釣り船
千葉県 飯岡港 『梅花丸』
〒289-2705 千葉県旭市飯岡2219
TEL:0294-52-3745
詳細情報(釣りビジョン)
梅花丸ホームページ
出船データ
・午前ハナダイ乗り合い料金=9400円(活エビ餌・氷付)
 船宿集合4:00 出船5:00 沖上がり12:00(4月~10月)
 船宿集合4:30 出船5:30 沖上がり12:00(11月~3月)
・午後ハナダイ乗り合い料金=出船の有無も含めて電話にて確認が必要
 船宿集合11:30 出船13:00 沖上がり17:00(4月~9月)
ページトップ