オフショアマガジン
2015.1.1号

代々丸・和歌山県白浜・富田浦 袋港
キンメ、クロムツ、和歌山県白浜沖のLT深海釣り

04_main.jpg
[動画]白浜沖のLT深海でキンメ、クロムツ
海がシケる日が多く、なかなか思うように釣りが出来ないこの時期だが、奇跡的に日本列島全体が高気圧にスッポリと覆われた12月15日、「今週、出船できるのはこの日しかない」と和歌山県白浜・富田浦 袋港の『代々丸』船長。キンメ、クロムツ狙いのLT(ライトタックル)深海釣り船に乗って来た。

白浜沖は潮の流れが緩む冬~春までが深海釣りのチャンス!

出船は午前6時。富田浦 袋港からキンメ、クロムツのポイントまでは通常なら約30分の航程。ところが想定外の波高2~3m、風速6~7mの風が行く手を阻む。この日乗船したのは『代々丸』船長の兄、濱本浩船長が舵を握る「丸浩丸」。普段の倍近い時間をかけてポイントまで辿り着いた。
白浜沖は水深200mぐらいまではなだらかに深くなっていくが、それより沖はいきなり落ち込んで、アップダウンの激しい海底山脈が続く。このあたりの海域は、潮の流れが緩む冬~春までが深海釣りのチャンス!
船長は“魚探”を睨み、「330m。ここからやってみましょう」とアナウンス。左舷トモ(船尾)の田中さんから仕掛けの投入を開始。仕掛けは8~10本バリの船宿オリジナル。餌はサバの切り身。田中さんはこの日が深海釣りデビューだけに、いささか緊張気味。
ミヨシ(船首)側では、釣り仲間で深海釣り5回目の藤井さんが竿を出した。2人ともタックルはオールレンタル。仕掛けは1000円の船宿オリジナルを購入。深海釣りといってもクーラーだけ持参の気軽な釣りだ(『代々丸』では大型クーラーは車に置いて乗船。船のイケスと大型クーラーを使用する)。タックルもライトでOKなので人気がある。
なんと1投目から藤井さんにアタリ!かなりハッキリとした強い引きで、期待が膨らむ。しかし、これは歯が鋭く、道糸やハリスをアッサリと切っていくクロシビカマスだった(関西では「ヨロ」と呼ばれている。小骨が多いが美味しい魚)。

早朝は身を切るような寒さ、太陽が昇るとホッとする
水深330mから釣り開始
一投目からアタリ!上がってきたのはクロシビカマスだった

メダイとクロムツのトリプル!

波と風はいぜん強いままだが、太陽が高くなると寒さは幾分ましになった。投入を繰り返す内、トモの田中さんに初のアタリ!暫く様子をみてからゆっくりと巻き上げにかかる。300m以上もある海底から竿先に魚信が伝わってくる。深海釣りはこうした視覚による楽しみと、かすかなアタリから深い海の底に思いをめぐらせ、イマジネーションの世界で遊ぶゲーム。
たぐり上げた仕掛けにはメダイ、クロムツが3匹掛かっていた。どの魚も冬の光を浴びて輝き、いかにも美味しそうだ。「ビギナーズラックですよ」と謙遜する田中さん。
暫くして、トモの田中さんにまたまたビミョ~なアタリ?「上げてみて」と船長。スローで巻き上げると、一番下のハリにナイスサイズのクロムツが食っていた。ラッキー!
一方、ミヨシ側で竿を出す藤井さんは、夜光のタコベイトを半分にカットして、サバの切り身と一緒に刺していた。そのせいでクロシビカマスが来たのかも?と船長。オレンジ色のタコベイトだと、クロシビカマスばかり釣れることもあるという。タコベイトを外した藤井さんにもクロムツが来た。田中さんにリードされ「美味しいところを全部持っていかれた」とボヤいていた鈴木さんにやっと笑顔が戻った。そんな藤井さんにまたまたアタリが…。

深海釣り初めての田中さんにメダイとクロムツ3匹!
ナイスサイズGET!

「ビギナーズラックです!」と謙遜する田中さん
藤井さんにもクロムツがヒット!
さあ、何が釣れたか…膨らむ期待でかじかんだ指に力が入る

ラストの1投でキンメのトリプル!!

ポイントを少し移動。「次の流しで終わりにします」船長のアナウンスがあって暫くして、藤井さんの竿先にアタリ。「何かいる…」。自分に言い聞かせるようにつぶやく藤井さん。
「ハイ、それじゃあ終わりにしましょう」と、船長が終わりを告げた。同時に電動の巻き上げスイッチON。慎重にスロースピードで巻き上げる。時折、竿先がおじぎをする。「あと30m…。10m…」。「オーッ!いたいた、赤い!いるぞ~!あっ!まだいる!もう1匹いる!」。最後の最後にキンメが釣れた。しかも、この海域では良型サイズの30cmオーバーが3匹。白浜沖では伊豆や高知沖のような大型のキンメは釣れない。40cmもあると「いい型だなぁ~!」となる。数もそれほど出ない。それだけに貴重だ。
してやったりの表情の藤井さん。明日から再びシケの予報が出ている海を急いで港に向かった。

白浜沖のLTキンメ・クロムツはレンタルタックルで気軽に楽しめる
水深400mから伝わる魚信、深海釣りは視覚とイマジネーションで楽しむ釣り
「ヤッター!」キンメのトリプルに大喜びの藤井さん

「この魚を食べたら、また釣りに行って!と奥さんに言われますよ」と濱本船長
海底山脈の谷間を狙う
仕掛け図

丸浩丸の濱本浩船長
代々丸の兄弟船・丸浩丸

(上野 英輝)

今回利用した釣り船
和歌山県白浜・富田浦 袋港『代々丸』
〒649-2325
和歌山県西牟婁郡白浜町富田
TEL:090-3168-1739
詳細情報(釣りビジョン)
代々丸ホームページ
出船データ
深海釣り(キンメダイ・クロムツ)
乗合:大人1人14,000円(カードでの支払い可能)
貸し道具:3,000円(ロッド・リール・バッテリー・キーパー)
仕掛けワンセット1,000円(エサ・氷付き)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー