オフショアマガジン
2011.1.15号

つる丸・千葉県大原港
大原沖の“寒ビラメ”いよいよ本番!

04_main.jpg
昨年末、大原沖に待望のイワシが回遊し始めた。いよいよ“寒ビラメ”の本格シーズンの始まりである。このイワシの回遊は北から南下してくると言われているが、そのイワシを追って大型のヒラメやフィッシュイーターも大原沖に入ってくる。つまり“寒ビラメ”シーズンは“大ビラメ”狙いのシーズンでもある。1月9日、連日の“良型ラッシュ”に沸く大原港『つる丸』に出掛けた。

予想外のウネリと風向き

天候は晴れだったが、まだ暗い港口を出ると船は大きく揺れ始めた。「あれ?結構ウネリがあるな。意外と海が悪いぞ」と舵を握る岩瀬松男船長。実はこの日、風は北からそよそよ、ウネリは南から、という正反対の風とウネリがぶつかり合い、ちょっとした三角波が立つ状況だった。「これは南から(強い風が)吹いて来るかも、時間いっぱい出来ればいいけど…」。若船長の正尚さんが心配する。大原沖は九十九里浜の南端に位置し、港から1時間程沖に走っても水深20mという広大な遠浅の地形が特徴的である。ヒラメ・マダイ・フグなど多くの高級魚を育む豊な海だが、風向き次第で大きくシケるのが唯一の弱点だ。

餌は活イワシ
仕掛け図
餌は活イワシ

船中あちらこちらで連続ヒット!

午前6時。ようやく東の水平線が赤く染まりだした頃、投入合図が出た。「はいどうぞ、水深16m。イワシの反応が出ているよ」。魚探を覗くと海底から少し離れた中層にイワシらしき反応が映る。朝イチのポイントは大原港から目と鼻の先でゆっくり走っても10分の距離である。私以外の14人は全員が竿を手に持ち、オモリで底を取り直し、いつアタリが来ても万全という構え。すると右舷胴の間(中央)の釣り人が船中1枚目のヒラメを釣り上げた。1㎏は楽にある立派なヒラメだ。いきなりラッシュか?と思わせたが、なかなか後が続かない。「潮が全然動かないよ」と松男船長。確かに、通常の横流しでは道糸が船下かその反対方向に大きく傾くのだが、この日は真下に垂れ下がっている。そこで松男船長が少し沖に船を出すと、これが正解だった。先ずは左舷ミヨシ(船首)の釣り人に2.5㎏の良型が上がり、次は私の置き竿にアタリが出て1㎏オーバーの食べ頃サイズが釣れた。続いて右舷胴の間で1.5㎏級。それとほぼ同時に左舷トモ寄りで700g級が連続で上がった。次のアタリは左舷ミヨシから2番目の釣り人。かなり強烈に竿を絞り込んで船内の注目を集めたが、途中でハリが外れてしまった。「潮が流れてないのにこれだけ喰うんだから、トロっと流れたらバリバリ喰うと思うけどな」。松男船長が話す通り、ヒラメの魚影は間違いなく濃い。すると今度は私が釣り座に戻ったタイミングで竿先にアタリ。十分に食い込ませたてゆっくり竿を立てると軟調竿がキレイに曲がった。魚の重量感を楽しみながら巻き上げると1.5㎏級の肉厚ヒラメが若船長の差し出すタモに収まった。「なかなかやるねぇ。(船が)前に流れているから後ろはあんまりよくないんだけど。今度から特等席だな」と松男船長が笑った。

良型ばかりを3枚で竿頭
港からすぐの所が今日のポイント
竿を手に持ち穂先に集中

59㎝の良型マゴチも登場!

陽が高くなってからも潮が流れない状況に変わりはなかったが、松男船長の苦心の操船のお陰かポイントを移動する度に誰かしらにヒラメが上がる。その中で興味深いシーンがあった。水深18mで水面下3mくらいから15mくらいまで、イワシらしき反応がビッシリと魚探に出ている。松男船長から「記録(魚探反応)が真っ赤だよ」とアナウンスされる。「底ばっかり釣っている人は10mくらい仕掛けを持ち上げて落としてみて。イワシと一緒に泳いでいるヒラメもいると思うよ」。しばらくすると右舷トモ寄りで大きく竿が曲がった。「ほら、やっぱり餌を動かして気付かせてやると喰うよ」。上がってきたのは2㎏級の良型だった。それなら私もと、仕掛けを10m程巻上げ落とし直す。持参した探見丸でイワシの反応が出る度に試してみたが、やはり私の竿には置きっ放し状態でアタリが出る。ほぼベタ底のタナで釣れた魚は59㎝の良型マゴチ。大原沖のヒラメ釣りでは初めてお目にかかった。友人達の話では「唐揚げで最高だよ」との事。何とも贅沢な話である。

中層に映るイワシらしき魚探反応
餌を動かして良型をキャッチ
59㎝のマゴチ

竿頭は3枚が3人!

その後も船中ではポツポツとアタリは続き、定刻の11時30分に沖上がりした。ヒラメの竿頭は3枚が3人で、残念ながら10人中オデコが5人出てしまったが、それなりにアタリはあった。ヒラメにオデコは付き物。また次に期待してもらいたい。それにしても釣れたヒラメのサイズが良かった。船中で1㎏以下は2枚だけ。私も1.5㎏級を追加し1~1.5㎏3枚に59㎝のマゴチと十分な釣果に恵まれた。肉厚良型の“寒ビラメ”は今が一番熱いシーズン。イワシの群れが回遊する大原沖に出掛けてみてはいかがだろうか。

2㎏級を2枚キャッチ
早い時間帯にオデコを脱出
ラスト1流しで1.5㎏、2.5㎏をキャッチ

(津端 雄大)

今回利用した釣り船
千葉県大原港『つる丸』
〒298-0003 千葉県いすみ市深堀1885-12
TEL:0470-62-1890(定休日:第1・3月曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
つる丸ホームページ
出船データ
ヒラメ予約乗合:集合5時、出船5時30分(予約時に確認)
ヒラメ料金:エサ・氷付き1万1,500円
貸し道具:無料サービス
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー