釣りビジョン
ON AIR
2011.5.1号

海秀丸・静岡県清水港
お手軽、簡単!静岡・清水沖の底物五目釣り

簡単な釣り方で様々な魚を狙える“底物五目釣り”。静岡県清水港『海秀丸』では、周年乗合船を出している。この釣りのターゲットはオニカサゴ、アカムツ、アマダイ、沖メバル…と、言わずと知れた高級魚ばかり。「美味い魚が食べたかったらおいで」と言う相川秀之船長の言葉に惹かれ4月17日(日)、清水港へ向かった。

オニ退治のポイントには行けず

前日、確認をすると、「4月10日に出た時には、1人でオニカサゴ2尾とアマダイ5尾が釣れていいお土産になりました。明日も天気は良さそうだしポイントに入れれば大丈夫でしょう」。船長から心強いコメントを貰っていただけに、オニ退治に美味いアカムツも…と期待に胸が膨らんだ。しかし、午前5時、清水港・富士見埠頭に到着すると、強い風が吹いていた。「今日はちょっと風が強いね~、昨日も風が強かったけど、今日は昨日よりも吹いているな」と船長。そのため、出船時間を20分遅らせて5時40分に河岸払い。

新婚ホヤホヤの相川船長
福島へ移送となった清水港海釣り公園跡
最初に使った仕掛けはこのセット

シケのため風陰のポイントへ

仕掛け図
最初に向かったのは航程40分の薩唾(さった)沖、水深130~160mのカケ上がり。本来なら実績の高い大谷(おおや)沖へと向かいたかったが、波とウネリで断念したとのこと。期待を込めて第1投。沖釣りはこの瞬間がいつもワクワクする。
最初に使った仕掛けは、腕長70cmのテンビンに2本バリのタコベイト仕掛け。これに、イカの切り身を付ける。オモリは100号。ここのポイントでは、船長の指示でコマセカゴは使わなかった。着底してからハリス分を巻き上げ、上下にゆっくりと誘いをかける。すると、“コン”かすかなアタリ。ゆっくり巻き上げて来るとドンコとウミヘビのダブルでガックリ。

カケアガリがポイント
最初に私の竿にきたドンコ
底物五目釣りのタックル紹介

小さなアタリに注意を払おう

流し変えての2投目、左舷ミヨシ(船首)で「アタッたよー!」と常連さん。慎重に上げて来ると海面下には長~い魚が…またウミヘビ?と思いきや何と良型のマアナゴ。嬉しい1尾にハイ、チーズ。「水深が深いですから、アタリも小さいのでそれだけ気をつけてくれれば簡単な釣りですよ」と船長。しかし、ここからパッタリ喰いが止まってしまった。1時間ほど流したがアタリが遠く、ポイントを移動することになった。

うん、いいアナゴだね。
雲に隠れていた富士山も顔を見せた
2011年海秀丸底物五目釣り

仕掛けをチェンジして…

午前9時半、波が少し落ち着いたため船長は大谷沖へ向かおうとしたが、まだウネリが残り釣りにならないと判断、飛行場沖へ向かった。ここはシロムツの実績の高いポイント。今度は空バリの3本仕掛けとチェンジ。オモリとテンビンの間にはLサイズのサニービシをセット、餌も沖アミに変更した。
「いいですよ~、底から6mでやってね」。船長の合図とともに投入開始。水深は160~200mに落ち込んでいるポイント。2流し目に、船長の竿にヒット!この水深でも「大きい!」とわかった。船長は、慎重に一定速度で巻き上げる。しかし、海面に浮きあがったのは5cm程の沖カサゴ。船長もこれには唖然。恐らく海面直前の最後の抵抗でバレてしまったんだろうと肩を落とした。この日は、波の影響もあってかこういったスッポ抜けがかなりあった。確かにハリ掛かりしたのだが、上げてくると魚がいないのだ。

コマセ釣りはオキアミエサの3本バリ仕掛け
中型のオキカサゴも上がった
シロムツも続いてヒット!

超高級魚アカムツ登場!

「来たよー」。今度は右舷大ドモ(船尾)でヒット。そして、海面に上がって来たのは銀色の魚体をした25cm級のシロムツの一荷だった。「おっ、やったね“メカリ”だね」。船長も一安心。続けて私の竿と船長の竿にも同型のシロムツが釣れて来た。11時を回った頃、左舷ミヨシの常連さんに再びヒット、「また白いのかなー。赤いの来ないかな」。竿先にはククンと魚信が伝わってくる。すると、願いが通じたのか水面には真っ赤なムツが浮上した。28cm級の貴重なアカムツ。さっき船長がバラした魚がこのアカムツだとすると30cmは優に超えていたはじだ。

嬉しいダブル!
仲良くダブルヒット!
高級魚アカムツ登場

オニ退治は次回に持越し

正午前、潮流が1.6ノットと速くなり、とても釣りにならない状況になってしまった。そこで、ラスト30分に勝負を賭けて朝から行きたかった“本命”の大谷沖へ移動した。しかし、期待とは裏腹にアタリはなく納竿の13時を迎えてしまった。「日の出からこのポイントに入れていれば、状況は全く変わっていたはず…」と船長。
竿頭は左舷ミヨシの常連さんで、沖カサゴ、アナゴ、シロムツ、アカムツの計4尾、2番手は右舷大ドモの大村昨年さんでシロムツ3尾。私と船長は仲良くシロムツ2尾の釣果だった。この日はシケ模様が影響し、期待していたオニカサゴとアマダイは姿が拝めなかった。しかし、日並みさえよくなれば、アジ、メバル、アマダイ、そしてオニカサゴも姿を見せてくれるはずだ。

私の竿にきた旨そうなシロムツ
竿頭の釣果
船長、今日はどうでした?

『海秀丸』親子船、キス釣り教室開催のお知らせ

《開催日時》:5月1日、6月1日、7月3日、8月4日
《釣行時間》:当日は一回3時間の3便に分かれて出船致します。
《集合》 《帰港》
(1) 6:00 9:00
(2) 9:30 12:30
(3) 13:30 16:30
《料金》:親子 3人 合計\7.000
2人 合計\5.000
※餌付(竿、氷別)
※少数の竿のレンタル有り、予約は電話で。
※貸し切りでの釣りも可能。船長要相談。

(吉田 洋一郎)

今回利用した釣り船
静岡県清水港『海秀丸』
〒424-0907 静岡県静岡市清水区清水港富士見埠頭内
詳細情報(釣りビジョン)
海秀丸ホームページ
出船データ
(料金)底物五目船=餌、氷、コマセ付き¥11,000。
(午前5時集合5時半出船、午後1時沖上がり)
※船上での仕掛け販売あり
ページトップ