釣りビジョン
ON AIR
2011.7.1号

小倉丸・千葉県千田港
今年は“当たり年”!千葉県・千倉沖の“梅雨イサキ”

イサキ釣り場の大場所と言えば千葉県・房総半島。内房~外房の太東沖まで実に多くの港から出船する。今年はどのエリアでも好成績が続き、まさにイサキの“当たり年”である。6月20日、今が旬の“梅雨イサキ”を狙って南房千倉・千田港『小倉丸』の船に乗った。

[動画]
小倉丸のイサキ釣り風景
小倉丸の休憩所

仕掛けはハリス3号3本バリ全長5~6m

千葉県のイサキ釣りと言えばアミコマセが主流だが、『小倉丸』では付け餌・コマセ共にオキアミを使用する。これは、マダイ、メジナ、イシダイなど、豪華なゲストが交じる事を期待してのスタイル。また、推奨する仕掛けもハリス3号3本バリ全長5~6mと、千葉県のイサキ釣りとしてはかなり太く長い。南房総エリアの標準的な仕掛けは、ハリス1.5~1.75号3本バリ全長3.5m程度だ。「昨日はトップで120尾、釣らない人でも60尾くらい…」と、店主の小倉眞船長。ゲストを期待したオキアミコマセと太仕掛け、とは言え“本命”のイサキだって申し分のない釣果が上がる。実績があってこそ確立されたスタイルである。

付け餌もオキアミ
コマセカゴは1回の投入で半分残る位に調整
仕掛け図

朝一のポイントは千田港の目の前、航程3分

午前5時。生憎の雨模様の中、私を含めて11人が乗り込んで出船。「24m前後でやってみて」。港を出て3分も経っただろうか、魚探反応を確認してすぐに投入合図が出た。「タナはコマセカゴの位置で言いますよ」。船長のアナウンスする海面からの指示ダナに合わせての釣り方は、初心者でもタナに迷わない事がメリット。水深は40m弱でイサキの反応はかなり中層に出ている。その1投目、船内のあちらこちらで25cm級のイサキやアジが上がる。中には40cm近い立派なキントキも交じって来た。私もコマセを振りながら指示ダナで待つとすぐにアタリ。追い喰いを狙って同じタナで我慢していると竿先の動きがだいぶ派手になってきた。巻き上げてみると20cm級のイサキのトリプル。「ちょっと小さいな。撮影はもう少し待ってな、明るくなるともっといい型が出るから」と船長。次の投入で同じサイズのイサキがダブルで上がった所で移動が告げられた。

小倉眞船長
30cm級の良型

ジャンボイサキが喰い活発!タナは8mまで上昇!

この日は千田港の前から釣り始め、少しずつ南下しながら各ポイントを探って行った。「昨日入れ喰いになった場所」(船長)という乙浜沖のポイントに入ったのは午前8時。その頃には足元の桶に大・中・小交じりで20尾近くのイサキが泳いでいた。型は20~25cm級が半分、30cm級が半分と悪くない。「どうぞ、15mでやってみて」。投入合図に合わせて仕掛けを入れ、コマセを振ってタナを取ると、もう魚が掛かっている。グングンと仕掛けを引っ張る動きに合わせて竿先を送ってやるとまたアタリ。それをもう1度繰り返して巻き上げると30~35cmのジャンボイサキがトリプルで上がって来た。そしてその次の投入でも同サイズのトリプル。船内はいよいよ入れ喰いモードに突入である。「やっとイサキ釣りらしくなって来たね」と右舷ミヨシ(船首)の釣り人は30cmオーバーの良型を主体にダブル、トリプルで数を伸ばしている。最初は15mだった指示ダナも「12m…10m…8mまで上げてみて」と船長。イサキの群れがどんどん上ずって来た証拠だ。中には800g~1㎏級のメジナも交じり、これはこれでいいお土産になる。タナは浅く型もいい、となれば後は手返しである。

「イサキはタナを釣れ」を改めて実感

浅いタナでバリバリ釣れ始めた良型イサキ。中には40cmはありそうなジャンボも交じっている。追い喰いを待つ間に何度かバレてしまうものもあったが、構わずにウイリーバリで誘い続けるとアタリが出る。ハリス3号の太仕掛けでも全く遜色ない釣れ具合である。と言うのも、刻々と変化する船長の指示ダナを守ってさえいれば、大抵魚の反応がある。また船長は、「コマセの振り方はどんなカゴでも1回の投入で半分残ってくる位に調整するといい」と言う。“青物”と違ってコマセはポロポロと少しずつ出すのが基本となる。条件によっては、色の付いた空バリにも喰い付いてくるのでコマセが残っていれば指示ダナで粘ってみるのも有りだ。

トップは63尾、2番手は55尾

「今日は喰いが悪いね」と言う船長だが、トップは63尾、私は55尾を釣って2番手という結果だった。この日はマダイやイシダイなどは顔を見せなかったが、アジ、タカベ、メジナ、キントキが交じり、十分過ぎる釣果であった。“本命”はイサキとは言え、いつ大型マダイが喰ってくるとも限らない。ドラグ調整は常に慎重にしておきたい。今が旬の“梅雨イサキ”。しばらく南房通いが続きそうだ。

このサイズのメジナが交じった

(津端 雄大)

今回利用した釣り船
千葉県千田港『小倉丸』
〒295-0025 千葉県南房総市千倉町千田991-3
TEL:0470-43-8355 定休日:第2・4水曜日
詳細情報(釣りビジョン)
小倉丸ホームページ
出船データ
イサキ予約乗合
午前4時30集合
午前5時出船、午後11時30分沖上がり
午後12時30分出船 18時沖上がり
料金:午前1万円・午後9000円 付け餌・コマセ・氷付き
(貸し道具無料。)
8月より午後テンヤマダイにも出船予定。
ページトップ