オフショアマガジン
2011.7.1号

広川丸・神奈川県走水港
狙え大アジ!東京湾・走水沖の“ブランドアジ”

03_main.jpg

[動画]走水「広川丸」狙え大アジ!2011.06.22
東京湾の“ブランド魚”として知られる走水沖のアジ。全国的に知られた九州・佐賀関町の“関アジ”にも並び称される逸品だ。神奈川県・走水港『広川丸』は、そんな走水のアジ、特に大アジに拘り続けるアジ専門の船宿。梅雨の明けきらない6月22日、大アジを求め船に乗った。

乗合船は1日2便!

現在、『広川丸』では、午前船(7:30~12:00)と、午後船(13:00~17:00)の1日2便の乗合船を出している。勿論、1日通して乗ることも可能なので、自分好みのプランで乗船出来る。当日は、午前船に乗るべく朝6時過ぎ船宿に到着し受け付けを済ませた。乗船までの流れ等は「プレミアム海釣りマガジン」創刊号『広川丸』に詳しく掲載されているのでそちらをご覧頂きたい。

船宿『広川丸』
この日乗船した『第八広川丸』
『第八広川丸』船長:広川忠義

開始直後から大盛り上がり!

私を除き8人を乗せ、定刻通り出船。釣り場は勿論“走水沖”。約5分でポイントに到着。アンカーで船を固定したカカリ釣りで狙う。「ハイやってみて!」と船長からアナウンスが入ったのが7時39分。この日は快晴。最高気温が32度という真夏日の天気予報。潮回りは中潮。はじめに水深43mの浅場から始めた。船長曰く「前日バリバリ食った場所」だそうだ。そして開始直後から船長の思惑通り反応があり、入れ食いとまでは行かないまでも、バタバタと全員に“本命”が釣り上がった。それにしても驚いたのはサイズ。35cmオーバーの大アジが連発!さすが大アジに拘る『広川丸』。開始直後から船上は大盛り上がり。そして、そんな大型ともなればアジと言えどもその引きはダイナミック。ククククッ!と竿先を引き込む魚信を捉えれば、驚く程強烈な引きを堪能できる。気を付けなくてはいけないのが、アジは口が弱いので無理をするとすぐに口切れでバレてしまう。強引なやり取りは御法度だ。

船中第1号がこのサイズ!
サクッ!と釣った36cm!
アベレージでこのサイズ!

『広川丸』推奨。アジタックル!

さて、『広川丸』推奨のアジタックルは、仕掛け図を参照頂きたいが、船宿では仕掛けの販売や道具のレンタル(有料)もあるので心配無用。釣り方は、イワシのミンチを使ったオーソドックスなコマセ釣り。読んで字の如く、潮が速いから“走水”と呼ばれている場所だけあって、ビシは150号を使用。付け餌はイカを赤く染め約5ミリ角ほどに切った通称“赤タン”か青イソメを使う。付け餌の使い分けは各自それぞれの考え方や状況等があるので一言では説明できないが、強いて言えば「自分の信じた餌を使う」「釣れている人の真似をする」位の考えで、まずは良いと思う。ちなみに船長は「常に赤タンで十分だと思います」とも言っていた。もちろん、その時々のプライムにベストマッチする餌はあるのだろうが、現状ではそれほど釣果に差があるようには思えない。

仕掛け図
コマセはイワシミンチ
付け餌の“赤タン”“青イソメ”

ついに出現!走水の大アジ!!

この日は8時頃から下げ潮になる“中潮”。「下げ潮で食い出すのがここ数日のパターンなんだよ」と船長。時計がちょうど8時を指した頃、右舷ミヨシ(船首)の常連さんに大きなアタリ。電動リールの巻きスピードを微調整しながら竿を手持ちにして慎重に上げると、これまでとは明らかに二周りほど長さの違う大アジをランディング!すかさず船長がメジャーで計ると39.5cm!(私には40cmオーバーに見えたが)。これぞ、“走水ブランドの大アジ”。と誇れる立派なアジがついに上がった。
その後も30cm中頃から後半サイズの大アジがポツポツと釣れた。感覚が麻痺してしまいそうだが、このサイズがこれだけまとまって釣れること自体普通ではない。だが、大釣りをすると、得てして釣りが雑になりがちだ。ただこの日の前半は良い具合に1尾、また1尾と魚の価値を確かめるように釣れていった。しかし、そんな状況も時間の経過と共に微妙に変化し、アタリの数は減って行った。その要因としては、「潮の影響と群れの活性が大きく関係しているだろう」と船長。そして残念ながら前半の大アジラッシュから尻すぼみのまま沖上がりの12時前を迎え終了した。結果、トップ17尾でスソ(最低)4尾。しかし「大アジが揃ったことを考えれば結果オーライかな」と少し満足気な船長だった。

39.5cm!これが走水の大アジだ!
このアジもナイスサイズ!
同じくナイスサイズ!

驚愕の42cm!!そして午後船は…

42cmの特大アジ!!
この日、もう1隻の「第十広川丸」は、仕立てとして出船していたが、なんと42cmの大アジが釣り上がっていた。このサイズは中々お目に掛かれない貴重な特大アジ。また、気になる「第八広川丸」の午後便の釣果だが、なんと状況が好転しトップで43尾。スソでも20尾という好成績だった。やはり海の状況はちょっとしたキッカケで変わるということである。

船長説明。そして夏のアジ料理といえば…

しかし、運任せに出来ないのが船長の辛いところ。午前便の釣りを振り返り、忠義船長から今のアジ釣りについて色々と聞いてきたのを動画にしたのでご覧頂きたい。また、「釣ったら美味しく食べる」ということで、『広川丸』のスタッフで、元板前の安田隆史さんが、「夏にさっぱり食べられるアジ料理」を2品作ってもらった。元プロの料理人がアジの捌き方から調理法方まで丁寧に説明してくれているのでその動画も必見。走水沖のブランド大アジ、沖釣りファンは勿論、釣りビギナーにも絶対にチャレンジする価値のある魚だ。

[動画]広川忠義船長に聞いた…
[動画]安田隆史 作
『アジの梅シソ揚げ』
[動画]安田隆史 作
『アジの梅肉タタキ』

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
神奈川県走水港『広川丸』
〒239-0811 神奈川県横須賀市走水2-867
TEL:046-886-1719 定休日:第1・第3金曜日
詳細情報(釣りビジョン)
広川丸ホームページ
出船データ
出船時間・料金/午前便07:30~(¥5500-)
午後便13:00~17:00(¥5500-)
※1日通しの乗船料金は¥8500-
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー