オフショアマガジン
2011.7.15号

佐円丸・神奈川県三崎港
最高の面白さ!城ヶ島沖のマルイカ釣り

04_main.jpg
これがマルイカを掛ける「スッテ」だ
ゲーム性の高さと、味のよさで人気のマルイカ釣り。スッテの色や仕掛けのバリエーション、さらに誘い方などに様々な攻略法があるのも人気の秘密。そんなマルイカ釣りが大好きな神奈川県・三崎港『佐円丸』の柳下昌則船長の船に乗り、マルイカ釣りの魅力を聞いて来た。

今年は大幅に遅れてスタート

例年なら春先からスタートするマルイカ釣り。ところが、今年はシーズンインが大幅に遅れ6月中旬になってようやく乗合船が出せたと言う。現在でも平均するとトップで20~30尾の釣果と少々物足りない成績が続いている。状況の悪さに多くの船宿がマルイカ船を休止にしている状況だが、『佐円丸』は例年通り出船し続けるとのこと。マルイカ釣り大好きな昌則船長は「こういう時こそ、じっくりと釣りを覚えるチャンスですよ」とやる気満々。

「第十一佐円丸」
柳下昌則船長

釣り場は城ヶ島周辺

海上は良いナギ!
7月6日(水)、この日は私を含め8人が乗船し定刻通り出船。海上は前日まで吹き荒れていた強風の影響で多少のウネリは残っていたが、無風快晴の釣り日和に恵まれた。最初の釣り場は船着き場の目と鼻の先の港口西側。「はい、どーぞ!水深30m。底から3m位上まで探ってみて」。船長の合図で一斉に仕掛けが降ろされた。通常、イカの群れやベイトの反応を魚群探知機(魚探)で見付け、そこを直撃していくのがマルイカ釣り。イカの移動が速い時などは、投入合図の瞬間に仕掛けを降ろすことが出来るか否かが勝負の分かれ目になる。「釣り人はいつでも仕掛けが投入できるよう移動中に備えておく-これも大事なキモのひとつ」と船長。

船長直伝!仕掛けとタックル解説

ここで、基本的な道具立てやスッテ、釣り方の説明を船長に聞き動画にまとめたのでご覧い頂きたい。日中の筒イカ釣りの中では格段に浅いタナを狙うのがマルイカ釣りの大きな魅力。そして小型のイカが相手なので道具も繊細。基本はライトタックル(LT)で臨みたい。また、スッテを魅力的に躍らせるために、シャクッたり叩いたりとロッドアクションのバリエーションも豊富だ。その日の“アタリスッテカラー”を探すのと同様に、有効なアクションをいち早く探り出せれば怒涛の連発だって夢じゃない。

タックル図
船宿で販売している仕掛け類

一般的な仕掛けのタイプは別図の3種類。まずはそれぞれの基本的な特徴を船長に聞いた。「まずは基本的な理屈を知ったうえで各自がアレンジやチョイスをすれば良いし、それこそがマルイカ釣りの楽しみになる」と船長。

■ノーマルブランコ仕掛け

ノーマルブランコ仕掛け
特徴:ビギナーにはこのタイプがお勧め。フローティングのスッテを使っているので、仕掛けを張った時にスッテが止まるのでアタリが取り易いのが最大の利点。デメリットはハリスが長いので幹糸と絡まるリスクがある。

■直ブラ仕掛け

直ブラ仕掛け
特徴:短いハリスは扱い易く多少の遊びがありバレにくい。デメリットはシンキングのスッテを使っているので仕掛けを張った時にスッテが止まりにくい。必要以上に動き過ぎてアタリが出にくくカンナに掛からない場合がある。

■直結仕掛け

直結仕掛け
特徴:見た目通り仕掛けとスッテが一直線になっているのでダイレクトにアタリが伝わり感度良くスッテを止めやすい。デメリットはハリスが無いのでスッテの遊びも無く掛けたイカがバレやすい。

ようやくノリノリ!

港口西側から始めたこの日の釣り、最初の流しでは何人かの仕掛けにイカの触りがあっただけ。マルイカは居るが、活性はそれほど高くない様子。それでも船長は魚探と睨めっこしながら良い反応を捜し周辺を何度も流し直す。そして諸磯沖でようやくポツリポツリとマルイカがノッて来た。まとまった群れではないようだが、少し良い群れに当たりスッテが合えば一荷(2尾)もあった。アタリスッテカラーは、ブルー系、イエロー系、赤のレイボー系等々。仕掛けも釣り人によって、直ブラ、直結、直結と直ブラの半々仕掛けだったりでこれまたバラバラ。

確実にキャッチしていた常連さん
価値ある1尾!
ノセた時は大感激!

8時でトップは10尾オーバー

時計が8時を過ぎる頃には、各自のバケツに数尾のマルイカが泳いでいた。この時点でトップは10尾オーバーといったところ。船長が当てた群れに素早く仕掛けを降ろせれば、誰かしらにマルイカがノる状況だったが、せっかくイカをノせても巻き上げの途中でバレてしまうパターンが多かった。全くソツなく上げて来てもバレてしまうので、「活性が低いのでスッテをしっかり抱かないからかもね」と船長。

トップは25尾!

時間の経過と共にマルイカの群れは散って、探す時間が長くなった。船長はより良い反応を求めて城ヶ島の西側~中央~東側へと移動を繰り返した。途中ポツポツとマルイカが顔を出すので釣り人も間延びせず気合を入れてロッドをシャクリ&叩き続けたが、残念ながら期待した“爆釣”はなく、12時半の沖上がり時間を迎えて終了。
結果、トップは左舷胴の間(中央)の常連さんの25尾。スソは2尾。それでも平均で10尾以上は釣っていた。最後に船長から今シーズンのマルイカ釣りについて語ってもらったのを動画にまとめたのでご覧あれ。繊細且つ非常にゲーム性の高いマルイカ釣り。自分の思い描いたイメージ通りにノせる快感と取り込むまでのドキドキ感は一度やったらハマること間違いなしだ。

本日は難解!でも楽しい
この日のトップ25尾!

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
神奈川県三崎港『佐円丸』
〒238-0243 神奈川県三浦市三崎2-19-4
TEL:046-881-7627 定休日:毎月第2・4金曜日
詳細情報(釣りビジョン)
佐円丸ホームページ
出船データ
出船時間:05:30~12:30
乗船料金:¥8000-(氷付)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー