釣りビジョン マガジン

2022年01月13日公開

神奈川県・相模湖でドーム船のワカサギ釣り

338_main

2022年の“釣りはじめ”第2弾は、神奈川県・相模湖のドーム船でのワカサギ釣りに出掛けた。年明けは、46年振りとも言われる大寒波が到来。強い北風を避けてのドーム船での釣りは、願ってもない好環境だ。

土・日・祝日は、早めの予約を!

相模湖へは、都内から中央高速道路経由でおよそ1時間、相模湖ⅠCを降りれば5分程でボートハウスに到着と至極便利だ(ICの降り口は急な下り坂、雨後などは路面凍結もあるためスノータイヤは必要)。このボートハウスには、湖上ボートとドーム船とがあり、どちらも事前予約で人数制限があるので、予約さえ取れればすんなりと釣行が可能となる。ただし、土・日・祝日は利用が集中するため、早めの予約がよいだろう。

湖上ボートとドーム船とがある
湖上ボートとドーム船とがある

この日は氷点下2℃

湖上ボートでは、長竿で多点仕掛けを狙うのもいいが、ドーム船では電動リール、または軟調子の手ばね竿でのワカサギ釣りスタイルが好適だ。この時期は、北の季節風が吹きやすく、極寒対策装備は不可欠。この日も外気は氷点下2℃。湖上のポイントにはボートが既に係留されており、曳舟で運んでもらうスタイルとなる。ボートもドーム船も受け付け開始は並んだ順に朝6時開始となる。

湖上のポイントにはボートが既に係留されている
湖上のポイントにはボートが既に係留されている
 

ハリ数は5~8本が好適!

そんな極寒の中でも、ほとんど“普段着”での釣りが出来るのが、ドーム船でのワカサギ釣りだ。電動リール使用で、仕掛けは5~8本バリの一般的な市販のものでよい。竿も30~40cm、釣れるワカサギは7~8cmから15cm級の大型も回遊する相模湖だけに、予備の仕掛けとハリの準備を忘れずに。“手前マツリ”やお隣さんとのオマツリで大切な地合いを逃さぬように。

餌は紅サシで、1匹の紅サシを上下のハリにかけて、ハサミでサシの真中をカットするだけ。多点掛けを狙ってハリ数10本以上の仕掛けを見かけるが、絡みやすく手間取ることを考えれば5~8本が適当だろう。その分、餌替えの間隔を短く出来て、より効果的なワカサギへのアピールにもなる。小まめな餌替えの心がけは釣果へコミットメントするものだと思って、手数を惜しまないで頂きたい。

市販の仕掛けで十分
市販の仕掛けで十分
こんな大型も
こんな大型も

「間」とることが、この釣りの勘所!

誘い方の基本は、チョンと竿先を5~10cm程上下に動かして(あおる)+ワンポーズ(間を)をおくこと。この「間」がワカサギの喰いつく「間」となり、この釣りの勘所となっている。アタリ=即合わせのタイミング。誘いの幅(仕掛け全体を動かしてワカサギの遊泳層を探る)は50cm~1m。「誘って待つ!」。これを忘れないでほしい。ハリはホントに小さく、刺さりやすくなっているために、手指または衣服へも掛かりやすいので注意が必要だ。ナイロンやビニールのジャケットとパンツを着用していれば、掛かりをかなり避けられる(手袋は必要なし)。

電動リールが使いやすい
電動リールが使いやすい
好釣果連発
好釣果連発

トップ380匹!8本バリのパーフェクトも!

この日のドーム船の釣果は60~380匹!8本バリのパーフェクトもあり、喰いは非常に良かった。ドーム内では靴を脱ぎ、ほぼ“普段着”で大丈夫(ルームシューズや厚手のソックスがあればいい)。また、ストーブとコンロに湯が用意されているので、カップ麺やカップスープなどを持参すれば温かい昼食もとれる。釣れたワカサギはなるべく早いうちにクーラーに保存することで、天ぷらやマリネなどそれぞれに味覚の楽しみは広がる。シーズン本番の相模湖のドーム船のワカサギ釣りは、ビギナーからベテランまで楽しめる。たくさん釣るだけではなく「楽しく釣っておいしく調理」を旨とすれば、こんなに安・近・短なレクリエーションは他に思いつかない。2月の連休、早めに予約を入れなくっちゃ!!

なお、朝の受け付け開始から、釣り初めには懐中電灯があると便利なので、忘れずに用意したい。

ワカサギの天ぷらは美味い
ワカサギの天ぷらは美味い
いくらでも食べられそう
いくらでも食べられそう
ストーブとコンロにお湯が用意されている
ストーブとコンロにお湯が用意されている

施設等情報

釣船・食事処 相模湖 柴田
住所 〒252-0183 神奈川県相模原市緑区吉野54
TEL 070-3660-6363
※エサの常備はアカムシのみ
※ベニサシは各自用意(レンタルは無し) 食事処 相模湖 柴田ホームページ

施設等関連情報

公共交通機関 JR中央線藤野駅より神奈川中央交通「相模湖駅行」にて「勝瀬橋」下車徒歩1分あるいは、JR中央線相模湖駅より神奈川中央交通「藤野駅行」にて「勝瀬橋」下車徒歩1分
車 中央高速道路 中央高速道路 相模湖IC出口を右折してすぐ
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

鯨谷マグロー
鯨谷マグロー
伝統とイノベーション、また和と現代との融合を提唱する探究者も「釣りたい病」には勝てない。五代目「芝おかめ鮨」店主にして釣欲と食欲には目がない。永遠の夏休み+愛を胸に秘める。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事