釣りビジョン
ON AIR
2011.11.15号

新幸丸・千葉県大原港
“秋ダイ”本格化!千葉県・大原沖“ひとつテンヤ・マダイ”

バス釣りのジグヘッドリグとイメージが酷似している事から、ルアーマンの間でも大人気の“ひとつテンヤ・マダイ”。秋本番になると水深10m前後の超浅場で数釣りが楽しめる大原沖では、さながら野尻湖や桧原湖のディープとイメージをダブらせて夢中でロッドを振る釣り人も多い。今シーズンも800g前後を中心に連日好釣果が上がり出し、時には2~3kg級の良型も交じって来る。また、ヒラメ、イナダ、ヒラマサ、マハタなどの多彩なゲストも顔を見せ、大きく盛り上がって来た。11月8日、外房・大原港『新幸丸』に出掛けた。

[動画]秋の浅場でアタリ連発!
マダイだけでもこんなに!
左から山口新一船長、大地船長、雄幸船長。親子3代で新幸丸

初心者の入門に最適な時期

午前5時30分、10人を乗せて出船。生憎の雨の中、船は太東沖を目指す。「水温が下がって来て、このところずっと灘(浅場)で釣れているんですよ」と話すのは『新幸丸』山口新一船長。浅い水深で底ダチも取り易く、アタリも多いとなれば、初心者入門にも最適な時期と言えよう。

仕掛け図
バスプロの宮本英彦さんもドップリ嵌まってます!
イナダなど青物もよく交じる

最初の釣り場は、太東沖水深15m前後

凡そ30分で太東沖に到着。「いいですよ、14m。5号から軽いテンヤで十分底が取れると思います」と船長。浅い所では12m、深くても18mの浅場。ほとんどの人が3号テンヤかカブラを使用していた。北東の風は強いものの潮の濁り具合も流れも程よく好条件が揃っている。スタートしてすぐにリリースサイズのマダイがポツポツと釣れ始めた。だがそれ以上にハリ掛かりしないアタリが頻発している。ルアー釣りでいう“ショートバイト”だ。「魚が小さいのか、喰いが浅いのか、これなら野尻湖(長野県)の9mでスモール(スモールマウスバス)釣っている方が簡単だよ」。そんな声が聞こえて来た。右舷に並ぶのはバスプロの宮本英彦さんや『釣りビジョン』の番組・ビンビンソルトでお馴染みの吉岡進さんなど錚々たるメンバー。彼らは基本に忠実に、時には状況を読みパターンを探って行く。

マダイの魚影は半端ではない

紅一点、女性アングラーが絶好のスタート!

名立たるルアーマンがショートバイトに苦戦する一方で、絶好のスタートダッシュを決めたのが左舷トモ(船尾)寄りに座った女性アングラー。荒波に船酔いする様子もなくキープサイズのマダイやイナダ、ヒラメなどを次々と釣り上げて行く。「楽しい!船酔いなんて忘れるくらい楽しい!」。ジーッ!!というドラグ音が船上に響く度に彼女のロッドが曲がる。20代前半の“釣りガール”が“釣りウマ”オヤジ達を刺激する。

マダイ、ヒラメ、イナダ!前半は釣りガールの独壇場

前半はポツポツ、後半は沖目狙った船長の判断が大当たり!

錚々たる面々が本領を発揮し始めたのは、船長が船を大原沖の20mラインに移動させてからだった。先ずは右舷大ドモ(最後尾)の佐藤さんが強烈なビッグファイトを開始。「ヒラマサ!?」。引きの強さで判断した船長と上乗り役の息子、大地さんがすかさずフォローに入る。道糸は右舷大ドモから左舷ミヨシ(船首)に向かって走り、全員が仕掛けを上げて成り行きを見守る。佐藤さんは一気に船首まで駆け上がり、ダイナミックなやり取りの末、見事2.6kg(後検量)のヒラマサをキャッチした。途中左舷の釣り人とオマツリして、一瞬冷やりとする場面もあったが船長と大地さんのフォローで無事に難を逃れた。
ヒラマサの登場で一気に活性が上がったのは“本命”のマダイと10人の釣り人だった。前半のポツポツが嘘の様に船中のあちらこちらで0.3~1kgのマダイが上がり出した。右舷ミヨシ(船首)の吉岡さんは、「ヒラマサ釣りたいですね、狙ってみましょうか」とボトム(海底)付近だけではなく、中層からフォールで探り始めた。フリーフォールではなく、若干のテンションフォールでいつアタリが出ても合わせられる形である。すると間もなく鋭く巻き合わせたロッドが大きなカーブを描いた。ドラグが滑り出し「またヒラマサか」と船内に緊張が走る。だが幾度かの突っ込みを交わして海面に浮上したのは2kg近いマハタ。これもまた超の字がつく高級魚である。この後もラッシュは止まらず、リリースサイズが交じるものの連続してマダイを掛けて行く。さすがは“ビンビンソルト”の先生である。

[動画]強烈!ヒラマサファイト
[動画]重量感抜群!マハタファイト
後検量2.6キロのヒラマサ

“本命”マダイはトップ12尾

マダイのアタリに沸く大原沖・水深20mライン。この流しでは、どこにカメラを向けても誰かの竿が曲がっている状況が続き、沖上がりの時間を迎えた。マダイの釣果は0.3~1kgが1~12尾。その他にイナダやヒラメ、ヒラマサなども交じり、お土産には十分な魚が上がっていた。船長の話では季節が進むと少しずつ沖も狙って行くそうだが、沖の潮温が下がってこない内は、しばらく灘(浅場)で釣れ続くとの事。興味を持っている釣り人は是非この秋、ひとつテンヤデビューしてみては如何だろう。

絶対に美味しい!2キロ近いマハタ

※『新幸丸』では10月1日から12月31日まで乗船者1人につき100円を乗船料の中から日本釣振興会を通じて日本赤十字社に募金するワンコイン運動に参加中。釣りに行く事で被災地支援に繋がります。

(津端 雄大)

今回利用した釣り船
千葉県大原港『新幸丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10240-1
TEL:0470-62-1500
詳細情報(釣りビジョン)
新幸丸ホームページ
出船データ
ひとつテンヤ専門乗合
集合:5:00 出船:5:30 沖上がり:11:30(午後船もあり)
料金:1万1500円(餌・氷つき)
ページトップ