釣りビジョン マガジン

2022年07月13日公開

山梨県・桂川本流、追星の黄色が美しい良型アユの引きを楽しむ!

454_main

異例の早さでの「梅雨明け」、全国の河川はどこも渇水状態だ。大雨も困るが、雨がないのも困る。お天気は釣り人の都合に合わせてはくれないから難しい。アユの“ご飯”である水垢(付着藻類)も連日の日照りで腐り始めている。そんな中「よいアユが釣れているよ!」の言葉に誘われて、山梨県・桂川本流を訪れた。そこには美しき良型のアユが乱舞していた。

【この記事を書いたライター】SHOHEY

渇水時は水温の低いことがポイント選びの鍵?

最近、どこの川もよい噂を聞かない。その原因は渇水である。今までよい釣果が続いていた川も次第に釣れなくなって来た。渇水になればアユの警戒心も強くなる。こんな時、釣り場選びの鍵になるのが、「伏流水」や「放水路」などがあるところ。こうした場所は水温が低い。水温が低いお陰で垢ぐされを回避出来る。ちなみに。今回の釣行で私が選んだポイントは「放水路」のあるポイントだった。ここは足をつけるとヒヤッとするほど水温も低く、垢ぐされもなく、石も綺麗だった。前日、桂川に入った先輩が「良型のアユが結構釣れるよ!」と言っていた。居てもたってもいられなくなって、今日も早起き。待ち合わせ場所に着いたのは午前6時30分の少し前。先輩に「着いたよ!」と電話すると先輩はもう川の中。さすがです!ちょっと先輩の釣りを見ていると竿がしなった。丁寧な取り込みで良型のアユをゲット!それを見ていたらウズウズしてしまい、着替えを開始。着替えが終わる頃、先輩が釣ったアユを持って上がって来てくれた。「オトリに使ってね」。“なんと!やさしい”。遠慮なく釣りたてのアユを頂いて早速、川へ向かう。

6時30分前には河原到着
6時30分前には河原到着
先輩の丁寧なアユキャッチ!
先輩の丁寧なアユキャッチ!

流れのあるポイントで強烈な引き!良型アユ現る

上流からカーブの瀬が落ち、下流に向かって水深も流れもあるポイントが続く。朝、結構早い時間だったが、さすが釣り人の嗅覚は鋭く、釣れると評判のこのポイントには多くの釣り人がいた。何処に入ろうかとウロウロしていると、カーブの瀬落ちでコンスタントに掛けている人がいた。その人の下がちょうど空いていたので、まずはそこで竿を出すことにした。流心の流れが意外にキツかったので、背バリを打ってオトリを送り出す。30分音沙汰なし。その間にも私の上流に入っていた人は、ポツリポツリ良型のアユを掛けている。

「このポイント選択は間違えたかな」と思っていたら、突如“コツコツコツガツガツ”という“前アタリ”があったかと思う間もなく、ギュイーンと物凄い引き!思ったより強い引きにあたふた。竿がのされないように堪える。このところ、小さなアユばかり釣っていたこともあり、強い引きを存分に味わう。オトリアユが水面に顔を出した。さあ、一気に引き抜きだ!タモに収まったのは良型アユ。「型よし、香りよし、追星よし」の惚れ惚れするようなアユだった。

こんな良質なアユをオトリにしたら、もう釣れる気しかしない。すぐに釣れたアユをオトリにして送り出す。やはり思った通り、上流へ力強くグングン泳いでくれる。すると「ハイ!キター!」。思った通りに掛かるのは実に楽しい。またしても良型アユ。時間も午前9時30分を回って、ポイントは“満員御礼”となった。竿1本分の間隔でずらりと釣り人が入った。身動きも取れなくなって来たので、上流にいた相方に電話をして「入れそうなところがあるか」と聞くと、まだ空いているという。私は上流へ移動することとした。

最初に入ったポイント上流の人は良型のアユを掛けていた
最初に入ったポイント上流の人は良型のアユを掛けていた
朝はちらほら先行者も
朝はちらほら先行者も
アユの強い引きを存分に味わう
アユの強い引きを存分に味わう
すぐにきた2匹目
すぐにきた2匹目
 

連チャン良型アユ!追星の黄色みが濃い美しいアユが…

上流の瀬肩のポイントへ移動。私好みのポイントが空いていた。相方と並んで釣り始めた。珍しいことに、今日の私はオトリに余裕があった。下流で釣って来たアユは元気一杯!せっかく強いアユを持っているので、少し流れがきつめの場所へ送り出してみる。“コツコツゴツゴツ…”「ギュイーン!」。前アタリからの強い引き!またまた来ました。この引きは何度味わっても本当に飽きることがない。周りを見渡すと、私の相方も、向かいの人もヒット!一斉にアユが掛かった。私が釣れない時間は周りも釣れないし、釣れるときは一斉に釣れる。時合いなのか、大きな群れが周ってきているのかは謎だ。上流に移動してから掛かったアユは、下流で釣ったものよりも追星の黄色みが濃い美しいアユだった。

上流でも良い引きのアユが掛かった
上流でも良い引きのアユが掛かった
「マッキキ」アユ現る
「マッキキ」アユ現る

なんて気持ちのよい一日なのか

その後も連チャンしては、沈黙の時間の繰り返し。存分にアユの引きを楽しんで納竿とした。「なんて気持ちのよい一日なのか」。条件のよい川を見つけることはなかなか難しいが、こうした良型のアユが掛かる川は存在する。今回の釣行で感じたのは、いろいろな情報があるが、「釣れてるよ!」の情報は鮮度が命!タイミングを逃さず、フットワークよく動くことが大事だということ。さて、次はどこの川でアユが待っていてくれているだろうか…。

連チャンしてきた!
連チャンしてきた!
相方にも良型のアユがキター!
相方にも良型のアユがキター!
また来たよ、背掛かり
また来たよ、背掛かり
理想的な掛かり方
理想的な掛かり方
掛かるアユは背掛かりが多かったので引きも強かった
掛かるアユは背掛かりが多かったので引きも強かった

施設等情報

桂川漁業協同組合
〒409-0112 山梨県上野原市上野原2580 桂川漁業協同組合ホームページ

施設等関連情報

車:中央自動車道・上野原ICから約5分
公共交通機関:JR中央線・上野原駅から徒歩5分
日釣り券2,500円(現場売り3,500円)、年券1万円(女性、80歳以上、肢体不自由者は5,000円)
※解禁6月1日~11月末日(場所や支流によって漁期が違うのでホームページ等で確認)
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

SHOHEY
鮎にゾッコン!ずっと川に浸かっていたいと思う日々を過ごす。3~4月は渓流釣り、5~10月の休みは全てを鮎釣りに捧げ、全国各地を「鮎な夏!」で駆け巡る。主催するアウトドアの団体にて、キャンプや釣り初心者のためのイベントなども開催。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事