釣りビジョン マガジン
2012.2.15号

伝五郎丸・神奈川県松輪江奈港
東京湾・剣崎沖で冬の“マダイ五目”に挑戦!

02_main.jpg
2月7日、神奈川県・松輪江奈港『伝五郎丸』のHPをチェックしていると6日の釣果に気になる写真が載っていた。“本命”のマダイにハナダイ、アジ、イナダは“定番ゲスト”だが、同じ写真に高級魚・アマダイが2尾も交じっていたのだ。早速、鈴木長喜船長に聞いてみると、“マダイ五目仕掛け”での釣果との事。しかも、もう1人は同じ仕掛けで30cm級のハナダイ11尾&マダイ1尾を釣ったと言う。狙うはマダイ、ハナダイ、アマダイの“3種のタイ”だ。

17トンの大型船に6人での“大名釣り”

9日午前5時、三崎口駅方面へ車を走らせていると、右手に煌々と輝く満月。この日は大潮、何やらいい釣りができそうな予感。午前6時、松輪江奈港入口にある『伝五郎丸』船宿で受け付けを済ませ、『エナ・ヴィレッジ』奥の船着き場付近へ車を停めた。木曜日という事もあり、車の数も週末と比べると少なめだ。港内沖の停泊場から桟橋の一番先へ移動する『第八伝五郎丸』を見つけ、船に乗り込むと船長が出迎えてくれた。この日の釣り人は私を含め6人。17トンの大型船である。何とも贅沢な“大名釣り”だ。

『伝五郎丸』乗船場所
笑顔の絶えない鈴木船長

長ハリスではなく、3.5m3本バリで勝負!

剣崎沖のマダイ釣りと言えば、3号8~10mの長ハリスが一般的。しかし、今回の狙いは“3種のタイ”。船長に“3種のタイ”を狙える仕掛けを聞いてみた。仕掛けはハリス2.5号、全長3.5m、枝スは2.5号20cm、枝間は1mの3本バリ。サルカンや蛍光玉等は一切使わない。ハリは船長に見せるともう少し小さい方が良いとの事だったが、手持ちが無かったため持参したグレバリ10号を使った。竿は2.4m、オモリ負荷50号前後、道糸はPE4号。その下に40~50cmの片天ビンにコマセカゴはサニービシ80号、クッションゴムはφ2mm1mの道具立て。私の釣り座は右舷胴の間(中央)。

正午の干潮後、潮が変わりアタリ連発!

気がつけば沖上がりの14時まであと2時間を切っていた。この日の干潮は正午。潮が流れ始めるとすれば、そのタイミングだと船長と話をしていた矢先でのヒット。東京湾口に位置する剣崎沖。東京湾を出入りする潮の流れや向きで魚の喰いが大きく変わるのを実感した瞬間だった。そして、そこからは今までヒットしなかった30cm級のマアジが喰い始め、私の竿にもダブルヒット。船中全員がアジを2尾以上追釣し、更には両舷大ドモでマダイの500~700g級が上がった。最後には、私の竿に37cmの良型アマダイが来て納竿時間を迎えた。

2尾目のマダイやりました!
アジも大きいですね
アジのダブルヒット!

高級魚交じりの“マダイ五目”は3月まで

この日の竿頭は右舷大ドモの大木さんでマダイ3尾、ワラサ1尾、アジ3尾。私の釣果は、残念ながら狙い通りの“3種のタイ”をゲットとまではいかなかったものの、アマダイ30~37cm3尾、アジ2尾、鬼カサゴ1尾、メバル1尾、ウマヅラ1尾と五目釣りとしては大満足の釣果だった。現在好調の“マダイ五目”は3月まで出船。そこからは“五目”では無くマダイ船として乗っ込みダイを狙う。“3種のタイ”狙いの“五目”釣り。是非自作の仕掛けで挑んでみては如何だろうか。自作の仕掛けで仕留めた獲物の味はまた格別である。

私の釣果
竿頭大木さんの釣果

(吉田 洋一郎)

今回利用した釣り船
神奈川県松輪江奈港『伝五郎丸』
〒238-0104 神奈川県三浦市南下浦町松輪307
TEL 046-886-1534
詳細情報(釣りビジョン)
伝五郎丸ホームページ
出船データ
マダイ五目船=9,500円(コマセ・餌付)
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​
プレミアムメンバー