オフショアマガジン
2012.5.1号

渚丸・神奈川県片瀬江ノ島港
神奈川県・湘南『渚丸』LT深場五目釣り、多彩なターゲット!

03_main.jpg
キンメ、アカムツ(ノドクロ)、クロムツ、シロムツ、沖カサゴ、メダイ、アジ、サバ、スミヤキ(クロシビカマス)等々の魚種を1度に狙える贅沢プランがある。神奈川県・湘南、片瀬江ノ島港『渚丸』のLT(ライトタックル)深場五目釣りだ。いずれ劣らぬ美味い魚が釣れるとあって、連日多くのファンで賑わっていると聞いて出掛けた。今回はそんな多彩な魚種を使った料理方法も併せて紹介しよう。

片瀬江ノ島港は小田急江ノ島線・片瀬江ノ島駅から徒歩3分!

出掛けたのは4月21日(土)。出船は朝7時。『渚丸』では港入口で受け付けしてから港内に移動するシステム。車は乗船場所まで入って行け、余裕があれば船の目前に駐車出来るので非常に有難い。また、小田急江ノ島線・片瀬江ノ島駅から徒歩3分の近さ、電車釣行組にも嬉しい便利さだ。
この日集まったのは私を入れて11人。料理撮影用の食材確保に船宿で電動リールタックル一式を借りた。朝イチ、船長の雨宮正典さんに最近の状況を聞くと、「良いですよ!魅力的な魚が色々と釣れていますよ」と期待に胸が膨らむ返事。船は定刻通りに港を離れた。

オレンジのキレイな船体「第七渚丸」
船長作成の“釣りビジョンロゴ”が輝く!

釣り場は“カメギ根”周辺

ユメカサゴも立派な対象魚!
釣り場は航程30分程の“カメギ根”エリア。潮温16度強。まずは水深230mで投入の合図。この釣りは崖のようなカケ上がりに仕掛けを流していく。置き竿は、根掛かりやオマツリの原因になるのでなるべく竿は手に持って、マメに底立ちを取りたい。開始直後、右舷大ドモ(船尾)でユメカサゴが釣れたが、パッとせずにすぐ移動。今度は水深170mラインで再開した。同じく急勾配のカケ上がりを攻めてユメカサゴ、シロムツが連発。クロムツも交じる期待通りの展開に釣り人のテンションもアゲアゲだ。

文句なし!相模湾のクロムツ
このシロムツが後で絶品料理に…!
クロムツが釣れればこの笑顔♪

実はイカやアジ道具で狙えるのがウリ!

この釣り、多彩な魚種をワンタックルで狙えるのが最大の特徴。船長は、狙う水深も300m以内と決めている。オモリは150号。余裕を見て5号のPEラインを400m巻ける電動リールのタックルがあれば良い。要はイカやビシアジのタックルがそのまま使えるのだ。更に、最大14人限定の乗合船なので釣り座が広々と使え、仕掛けの手捌きに難儀することも無い。仕掛けは胴突きで餌はサバの切り身。ハリ数は戦略や好みで増やしても良いが基本は5本で良いだろう。

仕掛け図
船宿で購入できる仕掛け類

カケ上がり攻略がキモ!

「水深140m、良い反応が出ているよ。底から5m・・・イヤ10m上げてもいいよ」。魚群探知機を凝視しながらマイクを握る船長からアドバイス。タナは底から2m、5m、時には10mと刻々と変化していく。勿論、急勾配のカケ上がりを流しているのだから、ボ~ッとしているとすぐにオモリが底を引きずってしまう。この釣りは、常に底立ちを取り直す動作が一番大事。「ちょっと潮が濁り過ぎかな・・・魚探反応が見難くなる位海中が暗いよ」と、船長も困惑する状況だが、それでもクロムツやメダイが飽きない程度に釣れて来た。時計が9時を過ぎた頃、アタリが遠くなったので、城ヶ島方面の三戸輪沖で仕掛けを降ろしたが、1.5ノットという予想外の速い潮ですぐにUターン、再び“カメギ根”の水深150mのカケ上がりを流した。すると再びクロムツの連発に船中が沸いた。

丸々と太った旨クロムツ!
メダイも交じる!
納得!クロムツのダブル!

キンメの6点掛け達成!

キンメに大満足♪
「それじゃ、今からアカムツを狙います」。正午を過ぎた頃、船長からアナウンス。この五目釣りで狙える魚の中でも「絶対に欲しい魚」が狙えるチャンスとあって全員が気合十分!疲れてキーパーに掛けたままの竿を再び手に取り、小まめなタナ取りで誘いをかける人もいたが・・・。残念ながらアカムツは誰の竿にも釣れて来なかった。そして、何度目かの小移動の後、ついに「よ~し、赤い魚が浮いてきたよ」と左舷ミヨシ(船首)で声が上がった。海中に赤色の光をキラキラと反射させながら浮いてきたのはキンメだった。当然キンメも「欲しい魚」の代表格だ。そして、これをきっかけに船中至るところでキンメのヒットが続いた。左舷大ドモでは6点掛けも達成。船内はこの日最大の盛り上がりを見せた。

ダブルも多かった!
鮮やかな魚体☆
見事6点掛け!

大満足のLT深場五目釣り!

その後、最後までキンメとクロムツは釣れ続き、沖上がりの2時を迎えて終了。結局、この日船中でアカムツ、スミヤキの顔は見られなかったが、キンメ、クロムツ、ユメカサゴ、メダイ、アジ、サバ、シロムツ、ドンコ等、看板に偽りなく多彩な魚種がクーラーBOXに収まり、私の“食材確保”も成功した。
この“LT深場五目釣り”、潮が暗い内(5月一杯)は続ける予定との事。その後はアジを主体とした“ウルトラ五目釣り”にプランが変わるそうだ。

普段はこんなアカムツも!(渚丸HPより)
キンメとスミヤキ!(渚丸HPより)

【 美味しいインフォメーション 】

「久昇」料理人・中川和行さん
沖釣りの楽しみは、釣った魚を美味しく食べる事。今回釣れた魚たちはどれも美味揃い。船長の友人で『渚丸』の常連、中川和行さんに数々の料理を作って頂いた。この人、JR藤沢駅前の『酒処喰処 久昇』の料理人。プロが指南する家庭でも簡単に作れる料理の味は、船長や女将さんが思わず唸る美味しさだ。
『酒処喰処 久昇』
神奈川県藤沢市鵠沼橘1-17-2
TEL:0466-23-5003 (定休日:毎週日曜日)
営業時間17:00~23:00

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
神奈川県片瀬江ノ島港『渚丸』
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-25
TEL:0466-33-1091 (定休日:毎週火曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
渚丸ホームページ
出船データ
乗船料金:10,000円(氷、餌付き)
レンタルタックル一式2,000円(竿、電動リール、ロッドキーパー)
出船7時/沖上がり14時
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー