釣りビジョン
ON AIR
2012.5.15号

第三共栄丸・千葉県富浦港
大ダイ5.9kg浮上!千葉県・富浦沖の乗っ込みマダイ

“GW”前あたりから千葉県・内房エリアで良型のマダイが上がり始めた。3月終わり頃から釣れてはいたのだが、不安定な天候が続き釣果は安定していなかった。5月9日に富浦港『第三共栄丸』に乗った所、5.9kgの大ダイが浮上!僚船では10kg級がキャッチされ、遂に富浦沖は待ちに待った乗っ込みシーズンに突入した!

[動画]富浦沖の乗っ込みマダイ
乗っ込みマダイ!
笹子宏宣船長

“GW”明けの平日に10人の大盛況!

「今日は10人です」と笑顔で迎えてくれたのは『第三共栄丸』笹子宏宣船長。内房エリアの乗っ込み気配を察知したマダイファンが集結し、大型連休明けの平日だと言うのに満船の盛況ぶりである。この日は大潮後の中潮初日。ここぞ!と言うべき潮回り。さすがマダイフリーク、良く知っている。さらに「昨日の午後便でも一発デカイのバラしちゃったんですよね。今日は釣れるといいけど」と声が弾む。

総勢10人のマダイファン
付け餌・コマセは共に沖アミ
仕掛け図

2流し目に5.9kgの大ダイが浮上!

午前5時に河岸払い。「タナは上(海面)から何mと指示を出します。指示ダナより5、6m下からコマセを振ってください。タナ上2mくらいからの“落とし込み”なんかも有効です」と、船長から釣り方のアナウンスがあり、港から凡そ10分で富浦沖の水深77m、通称“横瀬”に到着。「どうぞ、(タナ)60mでやってみて、いい反応出てるよ」。船長のアナウンスが終わらない内に投入開始。12mのハリスを無事に送り出し、ビシの位置で指示ダナ+6mまで沈める。ハリスが潮に馴染む数秒を待って2m刻みにコマセを振る。指示ダナの60mに合わせてさらに数秒待ち、ハリスがピンと張った所でごくゆっくりと2m程誘い上げる。ここからが落とし込み。2m程ゆっくりと竿先を下げて止める。その間に付け餌の沖アミはゆっくりと潮に馴染んで行く。「さあ、喰って来い!」。この時ばかりは全員が同じ想いのはず。「ここは、昨日俺が大ダイをバラした所なんだよね」と、笑顔で話すのは左舷大ドモ(船尾)で私の隣に釣り座を構えた常連氏。4月24日には7.7kgの大ダイを仕留めた腕の持ち主。その時!「前で掛けたよ!」。船長の声が響く。急いで見に行くと右舷ミヨシ(船首)の女性アングラーが慣れた竿裁きでやり取り中である。難なく取り込まれたのは“本命”のマダイ。目測2kgオーバーの良型は船内のやる気を盛り上げるに十分だった。付け餌を小まめにチェックし入れ替えていると次第にアタリが出始めてきた。船中のあちらこちらに顔を出したのは30~40cm級の大アジ。タナ上2mから落とし込んだ私の竿にも明確なアタリが出て40cm級の立派な大アジが上がった。そして誰もが次の“本命”を期待した2流し目。「デカそうだ!ゆっくりやってよ!」。またしても興奮気味の船長の声が船上に響いた。「“青物”じゃないかな?」。そう言って冷静なやり取りをするのは船中“初マダイ”を釣り上げた右舷ミヨシの女性アングラー。彼女の言葉通り、ドラグは滑り、道糸は勢い良く引き出されて行く。周りの釣り人も協力して皆が道具を上げてやり取りに注目する。2分、3分…と緊迫した空気が船上を支配する。何度となく強い抵抗を見せてようやくテンビンが上がった。ハリスを手繰るとぼんやりと白く大きな魚体が浮かび上がった。「タイだ!タイ!」。もう誰の声かも分からないほどの興奮状態。そして船長の差し出した大ダモに正しく大ダイが収まった瞬間、拍手と歓声が沸き起こった。目測6kg(後検量5.9kg)。乗っ込み特有の黒味を帯びた魚体が朝日に照らされて眩しく輝いていた。

船中第一号
第2号は5.9kgの大ダイ

目測1kgオーバーのマダイ!

私に来た1kgオーバー
私の竿先に異変を感じたのはその直後だった。誘い上げてからの落とし込み中に明確なアタリ。鋭く竿を立てるとギュンギュン!と気持ちよく竿が曲がった。大ダイの興奮冷めやらぬ船内で次のチャンスを掴んだのだ。やや緩めに設定したドラグを滑らせながら時折“三段引き”の抵抗を見せる相手のサイズは1kgはありそうだ。「タイっぽい?」。半信半疑で見守る船長に「たぶんタイだと思いますよ」と答え、ハリスを手繰ると目測1kgオーバーの“本命”が姿を現した。久し振りのコマセマダイで手にした良型である。

潮止まりで中弛みも集中力は続く!

朝の富浦沖で大ダイが上がり、船内の空気は大いに盛り上がった。僚船でも10kg級が上がったとの情報もあり、富浦沖は正に乗っ込みシーズン突入である。しかし、その後は潮が止まってしまい、大アジと良型イサキがポツリポツリと上がるだけで“本命”のアタリは暫く止まってしまった。途中、ポイントを替えてグルグルと船を潮周りさせている船長に「何だいヒロちゃん(宏宣船長)、潮が流れないから船でかき混ぜてるのかい?」と、常連の1人が声を掛けると船内に笑い声が溢れた。こんな気さくな釣り仲間が集うのも『第三共栄丸』の魅力。皆が声を掛け合い、“オマツリ”しても全く嫌な気がしなかった。

良型1kgオーバー
大アジ
イサキ

終盤にラッシュ!良型連発!トップは3尾

「潮が変わったので朝のポイントに行ってみます」。内房エリアの乗っ込み大本命ポイント“象背根”を離れた船長は、朝一の富浦沖に向けて舵を切った。これが大正解!流し始めてすぐに私に600g級がヒット。続いて左舷大ドモの常連氏が1.6kgと3kg弱をたて続けにキャッチ。船内でも1~2kg台の良型ばかりがバタバタと取り込まれ、アジとイサキで我慢していた釣り人が1人、また1人と“本命”をキャッチして行った。この状況を船長が無線で伝えると、富浦沖は瞬く間に“マダイ船団”が形成された。「誰もいなかったからね」と好判断を見せた船長だったが、昨夜は、取材カメラの前で釣れるかどうか不安で眠れなかったと笑う。
結局12時30分の沖上がりまでに船中12尾の“本命”をキャッチして終了となった。トップは3尾。2尾が4人。1kg以下のサイズは3尾と、この時期ならではの良型が揃った。残念ながらオデコが出てしまったが、大アジやイサキでお土産にはなった。始まりが遅れた分、富浦沖の乗っ込みはまだまだ続くとの事。チャンスを逃さない内にもう1度大ダイにチャレンジしてみたい。

良型連発!

アオリイカ船も好調!ティップラン乗合も好評

さて、『第三共栄丸』は、笹子正良大船長が操船するアオリイカ船も出船している。この日も水深7mのシャロー(浅場)で2kgの大型を見事にキャッチ。10m以内の浅場はキャスティングで狙い、それ以深はティップランで狙うと言う。千葉県内房では貴重な“ティップラン乗合船”で出船している船宿。秋~冬のディープ(深場)攻略では、かなりの威力を発揮する。午前はマダイ、午後はアオリイカと一日楽しむプランもお薦めだ。

乗っ込み最盛期!

(津端 雄大)

今回利用した釣り船
千葉県富浦港『第三共栄丸』
〒299-2404 千葉県南房総市富浦町多田良880
TEL:0470-33-2116
詳細情報(釣りビジョン)
第三共栄丸ホームページ
出船データ
コマセマダイ予約乗合
料金 コマセ・氷付き9,000円(午後は7,000円)
港集合4時30分(船宿にて釣り座を確認)
出船5時 沖上がり12時30分
アオリイカ予約乗合
料金 7,000円(午後は6,000円)
港集合4時30分(船宿にて釣り座を確認)
出船5時 沖上がり12時(午後は13時30分出船)
※沖磯への渡船もあり
ページトップ