釣りビジョン
ON AIR
2012.5.15号

つちそう丸・静岡県網代
トリプル連発で大爆釣!静岡県・網代南沖のイサキ五目釣り

5月に入りイサキが産卵期に突入、待ちに待った“旬”を迎えた。3月半ばから乗合船がスタートしていた静岡県・網代港『つちそう丸』では、4月下旬から一気に釣果が上向き、竿頭50尾以上の日が連発。更に高級ゲストのシマアジも回遊していると言う。「ナギさえ良ければ“リミッター80尾”の釣果も夢ではありません」と言う土屋旬若船長の言葉に誘われ、9日に出掛けた。

“イサキ五目”のゲストは高級魚ばかり

“五目”と聞くと、一般的には“本命”よりも人気の低い魚が交じるイメージがあるが『つちそう丸』の五目釣りのゲストは、マダイ、シマアジ、イシダイ、イシガキダイ、良型メジナ、マハタと高級魚ばかり。特に今期は昨年回遊が少なかった1~2kg級のシマアジが見られアングラーを魅了していると言う。市場に出回っているシマアジはほとんどが養殖物。天然のシマアジを食べられるのはまさに釣り人の特権だ。

クーラーの中は高級魚満載♪
天然のシマアジ
カサゴも釣れれば良型♪

午前6時釣り開始♪

午前5時半、私を含め8人の釣り人を乗せた船は、釣り場に到着。「6時に釣り開始です。それまでに準備をして下さいね。」私の釣り座は、左舷胴の間(中央)。船宿オリジナルのハリス4号、全長6mの3本バリ仕掛けをクッションゴムの下にセット。餌の沖アミは尾羽を切り、腹からハリ先を抜いてまっすぐに着け投入準備完了。海はベタナギ、絶好の釣り日和に恵まれた。

仕掛け
船べりに備え付けの便利な磁石

開始直後からイサキ入れ喰い!マダイも登場!

午前6時、若船長から合図が出た。「はい、いいですよー。38mでやって下さいね」。魚探を見ると海底から5m付近には真っ赤な反応。カメラを持ち、7人の竿先を見つめていると、1投目から左舷ミヨシ(船首)の人が巻き始めた。竿先がククン、クククンと魚信を伝える。ポンッと勢い良く抜き上げられたのは25cm級のイサキ。幸先の良いスタートだ。気が付けば、全員が仕掛けを入れて誘いをかける度にブルブルと竿先が揺れる喰いっぷり。私の右隣に座った坂下和義さんはシングル、ダブルと7時までの1時間で20尾を釣り上げた。イサキの撮影に夢中になっていると「左舷大ドモ(船尾)で良いのが掛かったよ」と船長。カメラを向けると日下部秀雄さんの竿が胴から大きく突っ込んでいた。オモリを手に取り、ハリスを慎重に手繰り寄せる。透明度の高い海面下にピンク色の魚体が見えた。「タイだ!」と日下部さんは大喜び。700g級の美しいマダイが顔を見せた。

[動画]網代南沖でイサキ大爆釣!(前編)
幸先良いダブル♪

700g級の美しいマダイ

指示ダナより上には良型が潜む!?

[動画]網代南沖でイサキ大爆釣!(後編)
『つちそう丸』のイサキ釣りの基本は、海面からの船長の指示ダナ+仕掛け分(6m)まで沈め、そこから指示ダナまで仕掛け分を2m刻みでシャクリ上げる。仕掛けは6mのため3回シャクれば指示ダナに来る。そこでアタリが出るのが理想だが、アタらない場合は更に1~2m上まで上げてみるのも良いだろう。イサキの群れは上でヒットすればする程良型が多い。また、船長の指示ダナも1投目よりも2投目、2投目よりも3投目とより浅いタナへ指示ダナが変わる事が多いため、常にタナを意識してコマセを振っていく事が釣果を伸ばすコツだ。

美しいウメイロ
30cm級のイサキゲット!
メジナは1kg超え連発!

1投目イサキ、2投目タカベと連発♪

午前8時、ここから私も竿を出した。船べりに備え付けのマグネットに沖アミを付けた3本バリを並べて投入。指示ダナは30mのため36mまで落とし、仕掛けが潮に馴染むのを待って大きくシャクリ上げて来る。すると、3度目のシャクリの最中に竿がクッと止められた。竿先を確認すると、ククン。“本命”のアタリだ。海面には黄色いラインが薄くなった25cm級のプリップリのイサキが顔を見せた。そして、次の投入では指示ダナが28mまで上がった。今度はアタリが丁度28mで来たのだが、微かな引きがあるだけ。釣れて来たのは美しいコバルトブルーのタカベだった。その後も快調にダブル、トリプルとイサキの入れ喰い状態は続いた。

今年初イサキをゲット♪
人生初のタカベもゲット!
イサキのトリプルが続く

シマアジ、メジナ、イサキ、重量感たっぷりのトリプル!

「後ろでデカイの喰ったよ。シマアジじゃないかな」。午前9時半、興奮気味の若船長からアナウンス。慌てて右舷胴の間に駆けつけると丁度タモ入れされた直後。まぎれもない1kg級のシマアジ。船中第1号のシマアジを釣り上げた山上泰章さんは「船でシマアジを釣ったのは人生初ですね。ライトタックルだから良く引きました」と満面の笑みを浮かべた。すると、今度はミヨシ側の常連、末広一生さんの竿がギューンと絞り込まれた。「何か分からないけど大きいよ。シマアジが一荷なんてこともあるから、慎重にやり取りします」(末広さん)。網代南沖の特徴はイサキの群れにシマアジが交じっている事だ。イサキしか上がっていない時でも油断は禁物。慣れた手つきで上げて来ると、海面には3尾の魚が見えた。銀、黒、茶。一番上バリに1.5kgのシマアジ、2番目には1kg超えのメジナ、3番目にはイサキ。合計3kg超、引きが強いはずだ。

シマアジ第1号!
1kg級のカンパチも浮上
1.5kg級のシマアジをゲット

トリプル!
良型ダブル!
イケスは満タン!

イサキ五目釣りは7月まで

[動画]ヒーローインタビュー
私もシマアジを…と意気込んだが、そうは問屋が卸さず沖上がりの11時半を迎えた。この日の竿頭はトリプルを連発させた坂下和義さんでリミッターの80尾。私は2時間半で20~32cmのイサキ28尾にタカベ2尾、計30尾と十分満足のいく釣果。船中のゲストでは1kg級のカンパチ、2kg級のマハタや30cm超えのカサゴも交じった。絶好調のイサキ五目釣りは7月一杯まで出船する。

■絶品!イサキのまご茶漬け&炙り■

釣ったばかりの新鮮なイサキを網代港目の前にある和ダイニング「あじあじ」の主人・土屋史康さんにまご茶漬け&炙りに料理して頂いた。まご茶漬けは私も出来たてを頂いたが、かけた熱湯にほんのりイサキの脂が浮いて絶品。自宅でも簡単に出来る調理法、是非試して欲しい。

[動画]絶品!イサキのまご茶漬け
[動画]絶品!イサキの炙り

<取材協力>
◆和ダイニング あじあじ◆
新鮮な地魚料理と静岡県産の地酒をご用意。
目の前で調理をしてお出しします。
昼ランチ:12:00~14:00 1,000円~
夜:17:30~22:00
定休日:火曜日
客席:テーブル2、カウンター8

(吉田 洋一郎)


今回利用した釣り船
静岡県網代港『つちそう丸』
〒413-0103 静岡県熱海市網代435
TEL:0557-68-2469
詳細情報(釣りビジョン)
つちそう丸ホームページ
出船データ
(料金)遠征イサキ五目船=17,000円
午前3時前集合6時竿入れ 11時半納竿
※餌・氷付
ページトップ