オフショアマガジン
2012.8.15号

つり幸・神奈川県川崎
絶好調!ルアーで狙う東京湾のイナダ・ワラサ!!

01_main.jpg
東京湾内のイナダ・ワラサのルアーゲームが絶好調!今シーズンは例年より約1ヶ月早く開幕。丸々太ったグッドコンディション揃いで強烈なファイトを楽しませ、S.W.L.(ソルトウォータールアー)ファンを真夏の太陽のように熱くさせている。ワラサ級も相当数上がっており、今年は間違いなく“アタリ年”だ。そんな夏の“青物”ルアーゲームを堪能しに、東京湾S.W.L.ゲームに精通している神奈川県・川崎『つり幸』の村山克英船長の船に乗った。

“イナワラ”サイズをメタルジグで狙い撃ち!

メタルジグ色々
イナダは“出世魚”として知られるブリの若魚。関東では一般的に、ワカシ⇒イナダ⇒ワラサ⇒ブリと成長と共に呼び名が変わる(明確なサイズの決まりは無い)。現在、東京湾ではイナダとワラサの中間“イナワラ”サイズが爆釣中。釣り方はメタルジグを使ったジギングで狙い撃つ。使うジグは、シルエット、カラー、重さなど、様々なタイプを多数用意して挑みたい。

“午後便”で出船中!

老舗船宿『つり幸』店舗
現在のところ『つり幸』の“ルアーイナダ船”は、午後便の半日プランで出船中。出船時間は12時30分、帰港時間は17時。ただ、他の釣りものの状況次第では、出船プランが「午前or午後or1日2便」等と、変更になる可能性もあるそうだ。出掛ける前には、必ず出船状況を『つり幸』公式HPで確認して頂きたい。
出掛けたのは8月4日(土)。頼れるナイスガイ・村山克英船長操船の「つり幸/さくら丸」は10人(私を除き)のアングラーを乗せ、定刻に出船。午前船の帰り道に偶然見付けたと言う“トリ山”が立っていた場所(水深15m)で船を止め、ファーストアプローチのアタック。現在のメインベイトは10cm前後のマイワシだそうだ。

S.W.Lに精通!村山克英船長
船はお馴染みのイエローカラー
10人のアングラーが乗船!

狙う水深は“シャロー”エリア!

“青物”の季節到来!
有望なフラットエリアの“トリ山”狙い・・・のはずだったが、肝心の鳥達は羽根を休め悠々と浮いていた。ソナーと魚群探知機(魚探)で見ると、明らかに魚群の反応はあるもののヒット無し。暫く粘ってみたが、魚は一切口を使わずここを見切った。その後、水深13mの“シャロー”エリアに巨大な魚探反応を見付け、すかさず投入の合図。そしてこの場所が大当たり。船上のそこかしこで怒涛の連続ヒットとなり、一気にお祭り騒ぎ。しかも、釣れて来る魚はみなコロコロと太った体高のある見事な“イナワラ”サイズ。その引きは強烈そのもの。ロッドは根元からブチ曲がり、アングラーはナイスファイトを堪能していた。これは事前情報通りの展開、やはり今年は“青物”の“アタリ年”だ。

堂々のイナワラサイズ
この引きが堪らない!
ナイスサイズ!!

サイコー!!
この太い腹!
よく走ったよ!

『つり幸』推奨タックル、ジグを選ぶ基準とは!?

仕掛け図
改めてタックルを説明しよう。まずは別図を参考にして欲しいが、ジギングとはいえ、20m程はキャストが必要な場面も多いので、中型サイズのスピニングタックルがあれば汎用性もあり心強い。勿論、ベイトタックルでも投げられれば全く問題は無いし、バーチカルにでも普通に食ってくる。当然、両方のタックルがあればどんな状況にでも対応できるだろう。但し、どちらのリールもドラグ性能の良い物が望ましい。
フックセッティングだが「基本はフロントにアシストを2本付ければOK!」と船長。またフックはジグに直接付けても良いが、スイベル&スナップにスプリットリングを付け、そのリングにフックをセットすればフックの無駄な消耗も防げるし、ジグの付け替えが楽なのでお薦めだ。そして、ジグの重さは60gが基本になるが、ジグのシルエット(ロング、小さい、細長いなど)にセレクティブになる場面もあるので、それに準じた50~100gの各種タイプを用意したい。カラーは、ピンク系、ブルー系、シルバー系が特に実績が高い。しかし、ヒットジグのパターンも常に変化するので、各種様々なタイプのジグをBOXに忍ばせておきたい。

フックセットはこんな感じ
フックはスプリットリングに
このロッドの曲がりを見よ!

突然のスコール!最後は“どシャロー”で勝負!!

この日の天気予報は「晴れ時々曇/一時雨」。時計が2時半を過ぎた頃、その予報通りに黒雲が急接近、たちまち強烈なスコールがアングラーを襲った。あまりに強い雨足のせいか、魚のアタリも一時パタリと止まった程だ。そしてその後、スコールは去ったがバイトも激減、船中でもポツリポツリのヒットとなって移動。次の釣り場は更に浅い10mの“どシャロー”エリアで最後の勝負に挑んだ。ここでもソナーにはビッシリと魚群反応が映り込む。そんな中、右舷ミヨシ(船首)から2番目のアングラーが1人ヒットを連発。聞けば、小さめのシルエットのジグ(55g)を使い、着底前のフォーリングで全てのバイトを取っていたと言う。だが、“ハマりパターン”はこれだけでは無かった。多くのアングラーはジグを出来るだけ遠投し、早巻きのショートピッチジャークで着実に“本命”をキャッチしていた。どうやらイナダは盛んにジグを追っているようで、ガツッ!!ガツッ!!と戯れるようなチェイスがあり、中層でドーン!!とノってくる感じだった。

ソナーに反応が!
これも太い!
精悍な顔付き!

夏が良く似合う釣り!
もうワラササイズでは!?
大きな入道雲

今後も間違い無く期待大!

“旬”のゴマサバ!
結局、この日は、突然のスコールはあったものの好調のまま終了。トップのアングラーは9尾の“イナワラ”サイズを仕留め大型クーラー満タン。“本命”以外にも今が最高の旬であるゴマサバやシーバスなども多数交じった。半日のルアー船でこの釣果ならいう事は無い。帰港途中「まだパンツまでビショビショだよ」と、笑うアングラーも今日の釣果には大満足の様子だった。
サイズも良く!引きも抜群!!そして食べても旨い!!!と三拍子揃った“ルアーイナダ・ワラサ船”「今年はこのまま絶好調が続くでしょう。10月までは出船しますよ~!」と船長のコメントも熱い。シビれるような“青物”とのグッドファイトを味わいに是非船に乗って頂きたい。

シーバスもゲット!
コロコロの魚体!
引き味十分!

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
神奈川県川崎『つり幸』
〒210-0864 神奈川県川崎市川崎区池上町9-12
TEL:44-266-3189(定休日:毎週木曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
つり幸ホームページ
出船データ
出船時間12時30分~帰港時間17時(予定)
乗船料金:6000円(氷付き)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー