オフショアマガジン
2012.9.15号

あい川丸・神奈川県金沢八景
脂のりのり!東京湾の美味しい“金アジ”を狙え!!

04_main.jpg
釣りの面白さと味の良さで、関東の沖釣りファンの心をガッチリ掴んで離さない人気魚・アジ。東京湾では1年中いつでも美味い魚だが、特に初夏から秋にかけては脂がのり、黄金色に輝くアジを“金アジ”と呼び、最上級のアジの代名詞となっている。そんな湾奥の“金アジ”を軽い道具と仕掛けのLT(ライトタックル)で手軽に釣らせてくれるのが、周年アジを狙っている横浜・金沢八景の『あい川丸』だ。美味しいアジを求めて船に乗った。

アジはもはや高級魚に!

狙うは至極のブランド“金アジ”!
日本全国の海に広く分布し、日本人なら誰でも知っている大衆魚・アジ。抜群に味が良いことから“アジ”と名前が付いたという説もあり、どんな調理法で食べても美味しい魚である。近年、“関アジ”や“走水の大アジ”、そして“金アジ”などと呼ばれる“ブランド化”したアジは、もはや「安くて美味しい庶民の魚」から“高級魚”として扱われるようになった。事実、デパ地下や有名スーパーで“ブランド・アジ”の値段をチェックすると、ビックリするような高値が付いている。今回はそんな“金アジ”を釣ろうというのだから気合が入る。

出船は朝7時半!まずは小柴沖からスタート!!

優しい和万船長と元気な優子女将☆
出掛けたのは9月9日(日)。出船は朝7時半。「美味しい魚を手軽に釣って遊んで貰いたい」をコンセプトに、ビギナー大歓迎の船宿『あい川丸』。この日も貸し道具の3人組や友達同士で遊びに来た総勢10人(私を含む)を乗せて定刻通り出船。船着き場で手を振る元気な女将さんに見送られ、相川和万船長操船の船は桟橋を離れ、デッドスローエリアを抜け航程約5分で小柴沖に到着。水深21m。アンカーが下ろされ船が固定された。「ここは海底が落ち込むヘリで良いアジが回遊するはずなんだ」と船長。まずはじっくりと、実績の高いこのピンスポットを釣り込むと決めたようだ。

『あい川丸』船体
オープンテラスで出船前のひと時を
店と駐車場のすぐ先が乗船場!

上々の滑り出し♪“金アジ”現る!

この日も残暑厳しい真夏の海!
「タナは海底から1.5~2mでやってみて。ビシの位置がタナだからね。兎に角タナ取りは正確にやって下さいよ~」と船長のアナウンスでスタート。直後、船中のあちらこちらで25㎝級の中アジがパラパラと釣れた。朝イチに入った船長一押しのポイントとあって、このまま爆釣モードに突入か!と期待したが、その後釣れてくるのはシログチ(イシモチ)ばかり。アジはたまにポツリポツリと交じる程度になってしまった。しかし、船長は、「ここのアジ釣りはさ、焦っちゃ駄目なんだよ。ちょっと釣れなくたって動かない。イカリを打って辛抱して待つのが大事なんだ」と、余裕の表情。実は、至近距離で移動を繰り返す他のアジ船では「全く喰わない」と無線で嘆いていて、『あい川丸』だけがポツポツではあるがコンスタントにアジを釣っていたのだ。しかも釣れてくるアジはぷっくりと太った食べ頃サイズの“金アジ”なのだから、船長の狙い通りという事。

良型にビックリ!
幅広の魚体!
これぞ“金アジ”

道具説明!

仕掛け図
今回の道具や仕掛けは、詳しくは仕掛け図を参照頂きたい。釣り方は、イワシミンチを使ったコマセ釣り。ビシは30号で付け餌は青イソメ。全て基本的なLTの道具立てだが、ポイントは仕掛けのハリスが1.5号を推奨していること。「喰いが全く違う」と船長。また、竿と手巻きリールセットは全て無料で貸してくれる。私は『あい川丸』での取材の度にこの道具を借りているのだが、全く問題なく釣りが出来る。ビシも紛失しなければ無料なので、無理して道具一式を買い揃える必要が無いのも有難い。

あい川丸推奨仕掛け!
イワシミンチ
使いやすさ抜群の貸し道具

移動!その先はパラダイス!!

どれも良型!
この日の潮は、あまり流れていないが、ある程度濁りがあるという悪くない状況。結局、ここで11時まで釣り込んでそれなりの釣果が出せたのは、まさに船長の作戦勝ち。私も途中から竿を出し“金アジ”とイシモチを数尾ゲットした。 「さて、ちょっと別の場所を見に行きましょうか」とイカリを上げて移動。更に湾奥に向かって走ったが、根岸沖で急停止した。「ん?何だかモヤモヤとした反応があったよ、とりあえず目的地では無いけどここでやってみましょうか」と再びイカリが打たれた。水深20m。ここも地形変化のある場所との事。そして、これが大当たり!すぐに船中のあちらこちらからアジが釣れ出した。それも30㎝級の良型“金アジ”連発なのだからたまらない。

連発!!
太い魚体☆
丸々とした“金アジ”

怒涛の入れ食い!そしてマル秘仕掛け公開!

[動画]相川船長胴突き仕掛けで実釣!
怒涛の入れ食いが暫く続き、船上はお祭り騒ぎ。タナは変わらず1.5~2m。アンカリングしているのでタナは全くブレず、狙い通りの位置にビシをピタリと合わせると、クンクン…!とアジ独特のアタリが気持ち良いほど鮮明に現れた。と、ここで船長が船宿オリジナルの胴突き仕掛けを付けて実釣テストを開始。「やはり慣れないお客さんは胴突きの方が釣り易いでしょ。これは、オモリを底に着けた状態をキープすれば勝手にタナの位置にハリがくるように計算して作った特別製の仕掛けなんだ。詳しくは企業秘密だけどね(笑)」と説明しながら、信じられないスピードでバンバンとアジを釣り上げていく。今回は既にコマセが効いている状態だったのでコマセカゴを付けなかったが、これは本当に凄い仕掛け。特にタナ取りに苦労してしまうビギナーには心強い味方になるだろう。乗船した際に船長に言えばこの胴突き仕掛けを出してくれるので是非チャレンジして欲しい。また、船長が実演したこの仕掛けの説明付き実釣シーンを動画にまとめたので必見。

仲間との釣りは楽し♪
船酔いは釣れれば忘れます!
人生初の釣りで絶好調!

今すぐ船に飛び乗れ~!!

[動画]「あい川丸」LTアジ2012・夏
結局、そのまま“金アジ”の入れ喰いは13時頃まで続き、ひと段落した所で再度移動したが、既に皆のクーラーBOX内は大分賑やかになり、また先ほどの入れ喰いタイムで少々燃え尽きて疲れてしまったようで(贅沢な疲労感:笑)、誰からともなく道具を片づけ始め、定刻14時半の沖上がり前に釣りを終えた。
最終成績はトップ33尾、スソ(最低)でも20尾という結果。数字だけを見れば平凡に思われるかも知れないが、とにかく最高にコンディションの良い“ブランド・金アジ”がこれだけ釣れるのだから申し分ない。ちなみに、前日のトップは39尾、その前日は48尾、さらにその前営業日には45尾と安定して釣れている。一度東京湾の“高級ブランド・金アジ”を自分の手で釣って食べてみてはいかがだろう。

最高の金アジ!!
最後のラッシュで稼いだよ!
後で美味しく頂きます(^^)
ホント型が良かったよ!
こんな爆釣初めて!と感激
仕事仲間で釣り仲間☆

☆優子女将の料理コーナー☆

お待たせしました。料理上手な優子女将が腕を振るう“船宿料理動画コーナー”。今回は“金アジ”の「なめろうとサンガ焼き」、「アジの漬け丼」、「金アジの酢〆」の3品。どれも簡単で驚くほど美味しい。是非動画を参考に!

[動画]お酢〆さっぱり金アジ
[動画]金アジの漬け丼
[動画]金アジのなめろう&さんが焼き

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
神奈川県金沢八景『あい川丸』
〒236-0028 神奈川県横浜市金沢区洲崎町23-6-201
TEL:045-786-9700(定休日:毎週木曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
あい川丸ホームページ
出船データ
乗船料金:8000円(イワシミンチ、青イソメ、氷付)
貸し道具:無料 ※ビシや天ビンも無料(但し紛失した場合は実費)
出船7時30分~沖上がり14時30分
プレミアムメンバー