オフショアマガジン
2012.12.1号

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港
食べたい!釣りたい!伊豆・新島沖の“旨キンメ”絶好調!

03_main.jpg

11月中旬からグッと冷え込み、冬型の気圧配置へとガラリと衣替えした日本列島。こんな時期だからこそ食べたくなる物、それは“旨キンメ”の煮付けだ。煮汁の表面までこってりと浮かぶ風味豊で上質な脂、プリッとした身離れの良さとは対照的なフワッとした食感の白身は絶品。21日、キンメダイの煮付けを求め、11月に入り連日竿頭20~30尾と絶好調の静岡県・下田須崎港『番匠高宮丸』へ出掛けた。

リニューアルOPEN!綺麗になった待合所♪

午前4時、下田須崎港入口に到着すると右手に3つの電球に照らされた『番匠高宮丸』と書かれた大きな看板、その横に今年夏前にリニューアルOPENした綺麗な待合所が建っていた。中に入ると、釣り座の黒板があり、そこに自分の名前を記入しようとすると既に7人の名前が書かれていた。平日にも関わらず8人“満船”である。港へと移動し、仕度をする間に小澤長夫船長&女将の範子さんが到着。午前6時、定刻の河岸払いとなった。ミヨシ(船首)に座った常連の訓覇啓雄(くるべ ひろお)さんは「一昨日は、よく釣れたよ~。“石廊合わせ”も釣れたけど、新島沖も好調だったね。今月に入ってから好調に釣れているから今日も期待しちゃうね」と笑顔で語る。前日(20日)はシケで出船出来きず2日振りの出船となった。

綺麗になった待合所入口
席決めの黒板
夜間はこの看板が目印

航程1時間、“石廊合わせ”からスタート!

午前5時50分、“石廊合わせ”に到着。水平線は薄橙色に染まり、既に漁船も含め20隻以上が魚探反応を探し、投入時間の午前6時を待っていた。そして、船長アナウンス。「いいですよ~。水深240m」。“治具”から20本バリの仕掛けが落ち切るや否や「いいよ~」と訓覇さんから合図。上乗り役の女将の範子さんが7年振りにキンメ釣りをする大ドモ(船尾)から2番目の釣り人をサポート。間もなく全員の投入が完了した。すると、着底と同時に竿先にククン、クンと明確なアタリが出始めた。前日の影響からか、風、ウネリ共にあったが、潮の流れはほとんど感じなかった。訓覇さんのリールのカウンターを覗くと264m、「アタってから多少送ったけど、今は潮も行ってないし浅場ではあまり送らない方がいいと思ってオモリが動かない程度に張り気味で待ってます」と訓覇さん。すると、巻き上げのアナウンスが流れた。
1投目から竿先に明確なアタリが見え、船長もホッと一息。「“石廊合わせ”でお土産を確保してもらって、深場の“型物”狙いに行くのがいつものパターンですね」と船長。投入した7人の中でも特に竿先に頻繁にアタリが出ていた訓覇さんのカウンターが0mになり、仕掛けを手繰り始める。すると、上から2番目のハリには真っ赤な美しい“旨キンメ”が掛かっていた。1尾、2尾、3尾…まるで煌びやかに光る朱色の連凧のようにして船上に取り込まれたのは、なんと12尾のキンメだった。しかも、驚いた事に魚が掛かっていないハリについた餌までもがほとんどが取られていたのだ。「20本バリに18尾!」なんて事もあり得る活性の高さだ。ミヨシから2番目の釣り人も8尾をゲット、この流しでは、大ドモ(船尾)以外の6人が1~8尾のキンメを釣り上げた。

少しずつ夜が明けていく
浅場には反応がビッシリ!
7年ぶりの1投目で7尾!

1kg級を中心に3尾♪
訓覇さんは1投で12尾!
2番目でも8尾!

浅場は糸を送り過ぎないのがコツ!?

「やっちゃったな~。今300mくらいまで送っちゃったからな」と大ドモで悔やむ釣り人。道糸を送ろうかどうか迷ったのだが、つい送ってしまったらしい。前の人が7尾上げているのに型を見られなかった。「浅場では、あまり糸を送らない方が良い場合が多いですが、潮などによってそれは変わります。状況を見極めてその都度アナウンスしますので、私のアドバイスに耳を傾けてもらうのが釣果を伸ばす秘訣ですね」と船長。200m台の水深では仕掛けが潮の影響を受け難いのだが、400m台まで深くなると潮の影響は2倍以上受けやすくなる。それを頭の中でイメージして、いかにキンメの遊泳層へ仕掛けを入れられるかが大事なのだ。また、朝マズメ時は若干キンメの遊泳層が上ずると言われている。そのため、訓覇さんの仕掛けでは上から2本目のハリからキンメが喰いついて来たと言う訳だ。

仕掛け図
タコベイトも有効だ

4投目、5投目に潮が動いた!

1.5kg級!
1投目終了後、型狙いに切り替えた船長は小移動。20分程走り、水深400mで投入合図が出た。誰もが1投目の釣れっぷりが続く事を疑わなかったが、2投目ヒットしたのは胴の間(中央)に座った2人だけ。しかし、その内の一人、吉田弘さんは1~1.5kg級を中心に6尾をゲット。「アタリがあって6尾くらいかなって思ったんですよ。予想通りですね♪この1投だけでも来た甲斐がありました」と満面の笑みを浮かべた。明らかに潮が動いたのは4投目からだった。水深は460m。今までレバーやドラグを緩めにしておいても少しずつしか出て行かなかった道糸が600m以上出て行った。その期待通り、船中あちこちで「アタったよ♪」と好反応。海面には1~1.5kgのキンメが次々に浮上した。「深場では浅場とは逆で、糸を出さなくすればアタリは出やすくなるんですが、喰いは悪くなります。潮が行っている時にはスムーズに糸を送ってあげる事が重要ですね」と船長。

3番目はダブル!
範子さんもダブル!
1~1.5kg級を6尾!

年末年始のご予約はお早めに!

“旨キンメ”の煮付けは絶品!
何投目かで竿を出して煮付けの材料を…と企んでいた私だったが取材に終始、すっかり自分で竿を出し忘れ納竿の午後1時に…(涙)。それを聞いた気前の良い訓覇さんが、立派な“旨キンメ”を分けて下さり煮付け用の食材を確保。新島沖の“旨キンメ”は脂の乗りも絶品で最高に旨かった。年末年始は、キンメの浜値が“ご祝儀相場”で跳ね上がる。是非、自分で釣ってタップリと味わいたいものだ。年末年始(年末は31日まで、正月は4日から営業)は大人気のキンメ釣り。予約は早めに♪

(吉田 洋一郎)

今回利用した釣り船
静岡県下田須崎港『番匠高宮丸』
〒415-0014 静岡県下田市須崎491
TEL:静岡県下田市須崎491
詳細情報(釣りビジョン)
番匠高宮丸ホームページ
出船データ
キンメ船=1万8,950円(氷付)
仕掛け乗船セット=2万4,150円
(仕掛け15本バリ×6セット、20本バリ×2セット、氷付)
オールレンタル乗船セット=3万1,500円
※鉄筋オモリは失くした本数×210円
午前4時半集合、5時出船、13時沖上がり
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー