オフショアマガジン
2013.3.15号

福丸・福井県小浜新港
若狭湾に春を告げる 昼間のヤリイカ釣り

06_main.jpg
若狭湾の春の風物詩、昼間のイカ釣りで“パラソル級”ヤリイカが上っている。福井県・小浜新港の『福丸』は、イカが釣れるシーズンは海さえ穏やかならイカを狙って出る大型乗合船。LED集魚灯60K搭載船だが、この時期だけは集魚灯を使用しない昼間のイカ釣りに出船する。狙いは産卵のため浅場に集まるヤリイカ。条件がよい日はダブル、トリプルで掛かり、透き通ったスマートな肉厚ボディーに“命のネオンサイン”が点滅。今が釣りごろ、食べごろだ!

期間限定の“昼イカ”釣りは若狭湾に春を告げるイベントだ

若狭湾のイカ釣りといえば、夜の海に漁火が揺れる夜釣りが定番。しかし、今の時期だけは昼間に産卵のため浅場に集まるヤリイカを釣りに出る。冬場の日本海は荒れる日が多く、出船チャンスは極めて少ない。“昼イカ”釣りはオフシーズンに別れを告げ、待ちに待った春の到来を喜び、冬眠中だった釣り仲間が再び集う期間限定のイベントでもあるのだ。
「福丸」がヤリイカ釣りに出船したのは8時半を過ぎていた。春の大シケが続き、4日振りの出船だった。日本海の荒波が削りだした断崖・奇岩が続く小浜湾の蘇洞門(そとも)を右舷に見て、若狭湾の東、常神半島沖を目指す。40分程走って船足を落とした。
「さあ、やりましょうか!水深70m」。船長のアナウンスで仕掛けを一斉に投入。オモリは60号、仕掛けはプラヅノ11cm、5本仕掛け。2m前後のライトタックル用ロッドと小型電動リールのセットが定番だ。オモリが着底し、素早く糸フケを取って竿先の変化を見る。この時期のヤリイカはベタ底勝負だ。底から5mぐらいまでの間を、シャクリ上げてはアタリを待つ釣り。アタリがなければまたオモリを底まで落とし、シャクリ上げてアタリを待つ。オモリを着けたままにしていると、海底のアップダウンに仕掛けをロスしてしまうので注意。

オモリは60号なので小型電動リールとライトタックル用ロッドで釣る
パラソル級のオスのヤリイカ。
ズッシリと重い
美味しそうなヤリイカ!思わず
笑みがこぼれる

浅場ポイントに移動して“パラソル”が来た!

前日とは打って変って無風状態。天気もよくてポカポカと暖かい。“のたりのたり”の春の海は揺り篭だ。おまけに潮も動かない。竿先にはまったく生命反応なし。知らぬ間に上瞼と下瞼が仲良くなる。そんなのんびりとした時間が過ぎ、ようやくミヨシ(船首)で竿を出していた安達さんに“一番ヤリ”が乗った!“パラソル級”ではないが、やわらかくて美味しそうなヤリイカだ。しかし、残念ながら後が続かず、古谷研二船長はたまらずポイント移動を告げた。
30分程走って岸寄りの浅場ポイントに移動。水深は43m。オモリがすぐに着底するが、海底の起伏は激しい感じ。うっかりしていると、根掛かりは必至だ。持ち竿で頻繁に底を取り直しながら、シャクって待ち、シャクって待ちを繰り返す。先ほどのポイントでヤリイカを釣った安達さんは「さっきは結構上で来た」と言う。底から10mくらい上まで探っているようだ。
そうこうするうち、トモ(船尾)側で釣っていた小山さんにヤリイカが乗った。『釣りビジョン』の熱烈ファンで、釣りながら「釣りビジョンで一番カワイイ女性は、やっぱり福島和可菜さんやな!」とか「大仏様は誰なの?」とか話しかけてくる。そんな明るい小山さんに、待望の“パラソル級”が来た。サングラスの奥の目が笑っている。ミヨシ側の安達さんにもアタリ!慎重に巻き上げると、こちらもジャンボ級だ!船長のポイント移動が奏功したようだ。

スマートだが肉厚、今が釣りごろ食べごろだ
誘い上げて竿先の様子を見る。
ヤリイカのアタリはデリケートだ
プラヅノ11cm、5本仕掛け、
オモリ60号が基本

感動!“パラソル級”ヤリイカのダブル!

ポイントへ移動して来た時は周囲に船はいなかったが、釣れ出すと何処からともなく船が集まって来た。遠くからこちらに向かって走ってくる船もある。やはりこの時期は、産卵のためにイカが集まってくる浅場が狙い目なのだ。かなり岸寄りのポイントを攻めている船もある。若狭湾のヤリイカはこの時期浅場で釣れて、その後群れがどこへ移動するのかよく知られていないようだ。尤も、ヤリイカの釣期が終了する頃には、そろそろマダイやアジなど他の魚が釣れ出すこともあり、狙わなくなることもあるのだろうけれど。
左舷側で「古谷研二船長のヤリイカ釣り方教室」の動画撮影をしていると、右舷で小山さんから呼び声が掛かった。船長と見に行くと“大ヤリ”が上っていた。この日最大級の見事なヤリイカだった。
暫くして、今度はミヨシ側の安達さんが呼ぶ。巻き上げが重そうだ。ひょっとしてダブル?1尾掛かったら、急いで巻き上げず、ゆっくり巻き上げていくとイカが追い乗りして来ることもある。バラシのリスクはついてまわるが、好調に乗り出したら、ダブル、トリプルを狙ってみるのも釣果を伸ばす手だ。5本ヅノに2尾も3尾もビール瓶クラスが付いて上って来れば、感動ものだろう。安達さんが慎重に巻き上げて取り込んだ仕掛けにも、ヤリイカがダブルで付いていた。段々調子が出て来たところで終了の時間が近づいてきた。
『福丸』は今後もヤリイカが釣れ続く限り“昼イカ釣り”に出船。また、ヤリイカと根魚のリレー釣りにも希望があれば出船する。「いつまで釣れ続くかはその年によって違うので、一概には言えませんが、釣れている内に早く!」とは古谷研二船長。

仕掛け図
小浜新港の大型乗合船「福丸」(18t)

(上野 英輝)

今回利用した釣り船
福井県小浜市 小浜新港『福丸』
TEL:0770-53-0246
詳細情報(釣りビジョン)
福丸ホームページ
出船データ
(交通)
車:大阪方面からは舞鶴若狭自動車道小浜西ICからR27で敦賀方面、後瀬山トンネル出て小浜新港へ。カーナビ検索は「若狭フィッシャーマンズワーフ」で。
電車:JR小浜駅からタクシー5分。
(出船データ)
昼間のヤリイカ乗合船1人1万円、イカと根魚のリレーは1万1000円。
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー