釣りビジョン
ON AIR
2013.8.15号

つる丸・千葉県大原港
千葉県・大原沖の一つテンヤ・マダイ、2桁釣果連発!!

千葉県・外房方面で、一つテンヤ・マダイが絶好調だ。春の乗っ込みシーズンから好成績が続いていたが、潮温上昇と共に大原港『つる丸』では浅場中心に狙い好成績を連発している。水深は何と5~15m。一つテンヤは未体験だが、以前から是非やってみたいと思っていた。チャンス到来!貸し道具一式を予約して、3日(土曜日)に出掛けた。

『つる丸』受付
船宿入口の看板
舵を握った岩瀬正尚船長

圏央道を上手く利用すれば、房総方面も意外と近い

当日、午前船はスルメイカ。午後船がマダイである。船宿に連絡すると「12時出船だから11時30分前までに船着き場に来て下さい」との事。余裕を持って横浜の自宅を出発。往路はアクアラインを通り、袖ケ浦ICで降り、大原『つる丸』まで2時間半程掛かったが、帰りは新しく開通した圏央道の市原鶴舞ICで乗り、アクアラインを通って来たら2時間足らずで家に着いてしまった。圏央道を上手く利用すれば、外房方面が意外と近い事を知った。

近藤さん船中第1号
荒木さん最初の1尾
[動画]タイやヒラメの舞い踊り

船のエンジンを切ると、寄せる波の音しか聞こえない

事務所でお茶を頂き、港に向かう。大型船に私を含め9人での出船となった。最初のポイントは、港を出て目と鼻の先の大原沖。「やって下さい。水深は10m、深くて14m。テンヤは5号以下がお薦めです。横流しでやって行きます」と岩瀬正尚船長のアナウンスでスタートした。
先ずは皆さんの様子を見て回ると、ほとんどの人が竿はあまりシャクらない。竿先に神経を集中し、静かにアタリを待っている。船のエンジンは切られ、寄せる波音しか聞こえて来ない。突然、左舷胴の間(中央)でリールを巻く音が聞こえて来た。玉網を持った船長が慌ただしく跳んで行く。上がって来たのは30cm級のアイナメ。

鈴木さん タイ
孫バリから先に刺す
栃木県から来た鳥海さん

近藤さん イナダ
鈴木さん タイ
ゲストのショウサイフグ

正確なタナ取りが出来たご褒美は、2kg級のヒラメ

暫くして移動。「14mから浅くなりまーす」と船長。左舷ミヨシ(船首)の近藤さんにハナダイが上がった。「スレだから、口に掛かっている時写真を撮ってよ」と苦笑する。ここで私も竿を出した。船長から「餌付けは孫バリから刺していくと刺し易い。道糸が出て行くのは竿先の糸の弛みを見て」と直々の指導を受けた。1m毎の色分けを目印にすれば、底に着いた弛みが良く分かる。タナを取っていたら、“ツン、ツン”とアタリが竿先に伝わって来た。竿を立てて合わせると、何とショウサイフグが私の初ヒット。フグでも釣れたと言う事は、仕掛けがタナに入っている証拠と自信をもっての2投目、竿先に神経を集中していると竿先が引き込まれた。ビシッと合わせると“キュキュン、キュキュン”と断続的な強い引き込み。ドラグを鳴らして道糸が引き出され、心臓が高鳴る。慎重にやり取りして船長の玉網に納まったのは、何と2kg級のヒラメ。“本命”のマダイではなかったが大歓迎のゲストだ。タナも取れている証拠。竿も道糸も細いので、ダイレクトに手元に伝わる。この釣り、嵌まりそうな予感がする。

私の竿に来た2kg級のヒラメ
田中さん タイ
仕掛け図

船中誰かにアタリが有ると、同時に2、3人にアタリ

次の場所替えは水深9m。左舷ミヨシの近藤さんにもヒラメが上がった。右舷の荒木さんが“本命”のマダイを取り込んだ。同時に鳥海さんにもマダイ。伊藤さんもリールを巻き出した。私が「ゆっくりリールを巻いて待ってて!」と声を掛けので、海面で魚を遊ばせてくれている間にバレてしまい、申し訳ない事をしてしまった。この日のマダイは、誰かにアタリが有ると船中2、3人に続けてアタリが出た。群れているのだろう。そんな時は、玉網とカメラマンが忙しくなる。水深が浅いのでリールを巻き出してからカメラを持って跳んで行っても間に合わない。魚は船の中だ。
時々25cm以下のマダイが釣れると、船長がマイクで「資源保護の為、放流~」とか「ギリギリセーフ」とかジャッジする。皆、船長の指示に従う。

鳥海さん 探見丸を新調した効果?
伊藤さん お揃いで探見丸を新調
台原さん3kgコショウダイ

夕マヅメにドラマは待っていた

突然、船上にリールのドラッグが鳴り出した。皆が竿を上げ見守る中、竿を握る台原さん、道糸を出したり巻いたり、真剣に魚と駆け引きするが中々寄らない。やっと船長の玉網に納まったのは“本命”ではなかった。船長が「顔はタイに似ているけど斜に縞がある、何と言う魚だ」と僚船に聞いて、コショウダイという事が分かった。3kgはあった。
午後6時、最後の1時間。ミヨシからパラシュートアンカーが入れられた。同時に荒木さんの竿が急に曲がった。リールから道糸が出て行き、横走りし出した。誰もがマダイではないと思ったが、中々上がらない。何分位掛かっただろうか?船長の玉網に納まったのは目測2.5kg級のヒラマサだった。
西の空に夕日が沈みかけている。夕マヅメ時には色々ドラマが待っている。右舷の鳥海さんに本日一のマダイが上がった。「目測0.8~1kg」と船長。私の竿はその後フグに占領され、マダイのアタリさえなかったが、沖上り前5分という時に、ガツンと強烈なアタリ。竿の曲りを一杯に効かせ、5、6回の突っ込みを交わし、やり取りをしたが耐え切れず、ポーンと竿が跳ねた。隣から「2kgはあったね!」と慰めとも諦め口上とも取れる一言で、次回の挑戦を心に誓い、道具を片付けた。

荒木さん2.5kgのヒラマサ
鳥海さん目測0.8~1kg
斉藤さん竿頭9尾

マダイ9尾に多彩なゲスト

この日の釣果はマダイ9尾がトップで、4尾、3尾が3人と続く。ゲストは多彩で、ヒラマサ、ヒラメ、ハナダイ、コショウダイ、アイナメ、ワカシ、ショウサイフグ等々。翌4日(日曜日)には、5~15尾の好釣果が上がった。この時期は浅場で300、400gから1kg級のマダイがメーンだが、秋になると段々深場に落ちていく。今から感性を磨き、秋の数釣りに備え腕を磨く絶好の機会。軽いテンヤにライトタックル。ダイレクトな引きを堪能してみては如何だろうか。

(釣りビジョンAPC・飯妻武夫)

今回利用した釣り船
千葉県大原港『つる丸』
〒298-00033
千葉県いすみ市深堀1885-12
TEL:0470-62-1890(定休日第1・3月曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
つる丸ホームページ
出船データ
一つテンヤ・マダイ予約乗合
乗船料金/1万1,500円(餌2パック付・氷付き)
集合/11:30(※予約時に確認)
出船/12:00~日没沖上がり
午前スルメイカ船にも出船中
レンタルタックルあり:無料
ページトップ