釣りビジョン
ON AIR
2013.8.15号

勇幸丸・千葉県片貝港
千葉県・片貝港のヒラメ解禁!いきなり2桁釣果!

8月1日、千葉県・片貝沖のヒラメが“解禁”になった。片貝港『勇幸丸』では、初日から1~10尾、2日目0~7尾と順調な滑り出し。普段は滅多に口に出来ない高級魚・ヒラメ。自分で釣って食べられるのが釣り人の特権だ。“夏ビラメ”と言えば、型よりも数釣りが楽しみ。“前アタリ”から“本アタリ”を待つハラハラ、ドキドキ感を味わいに、7日(水曜日)出掛けた。

係留船の前に駐車
舵を握った市東吉雄船長
第二勇幸丸

ヒラメ釣りは朝が早い、午前4時港に集合

ヒラメ釣りの朝は早い。午前4時、船着き場前に集合である(8月15日からは4時半)。3時半頃港に着くと、既に車4台が船の真横に駐車していた。暫くすると船に明かりが灯され、乗船名簿を記入、氷を貰って乗船となった。前日の天気予報があまり良くなかったせいか、私を含め5人での出船となった。大型船で右舷に2人、左舷に3人の“大名釣り”だ。

[動画]出足好調!ヒラメ釣り
2kg級の食べ頃サイズ
勇幸丸オリジナル仕掛

ヒラメとのやり取り
仕掛け図

水深49m、順調なスタート

4時15分、餌のイワシが積み込まれ、未だ暗い海にレーダーを回しながらゆっくり走行。1時間程で釣り場に到着。辺りはモヤが濃く視界が利かない。活きイワシが配られ、市東吉雄船長からの「普通のタックルの人は60号のオモリ。ライトタックルは40号です。水深は49mです。準備の出来た人からやって下さい。イワシは弱らない様に、サミングしながら落として下さい」と言うアナウンスでスタートした。
開始早々、左舷ミヨシ(船首)で竿を大きく曲げリールを巻き出した。水深があるので取込みまで気が抜けない。見守る船長の差し出すタモに無事納まった。船中第1号だ。元気の良いヒラメはタモの中でも暴れる。左舷トモ(船尾)でも殆ど同時にヒラメが取り込まれた。右舷トモもリールを巻いている。順調なスタートだ。左舷ミヨシでは“ゲスト”のマトウダイが上がったが、次の投入では“本命”のヒラメを釣り上げた。見ると孫バリにガッチリ掛かっている。みんな早々と1、2尾手にした。しかし、時間が経つにつれ、段々活性が低くなり、アタリが有ってもバラしたりで、朝の勢いが嘘の様に静かになってしまった。

バラしたヒラメの歯形
孫バリはお尻のヒレの辺りに浅く刺す
藤澤さん、最初の1尾

ヒラメ
ヒラメ
ヒラメ

早合わせで、痛恨のバラシ

私もここで竿を出した。手持ち竿で待っていると、ククッ、ククッと“前アタリ”が出た。「さあ来い!」と“本アタリ”は今かと神経集中。ググーンと竿先が突っ込んだ。竿を立てた瞬間、ポーンとテンションが消えた。痛恨のバラシだ。それも2度続けてしまった。私が最初に手にしたのはヒラメでは無く、クロソイ。右舷ミヨシの東田さんは置き竿に徹している。「手で竿を持っていると、つい早合わせしてしまうので、置き竿の方が確実にハリ掛りさせられる」と言う。それから私も置き竿釣法に徹する事にした。
船長に餌の付け方を教わった。「イワシは成るべく水の中で付けた方が良い。親バリはイワシの鼻に刺し、孫バリはお尻のヒレの辺りか、背中の筋肉の所に浅く刺す。深く刺すとイワシを早く弱らせる」との事。

小生が釣った2kgのヒラメ
藤澤さん3連チャン
東田さん5連続入れ喰い

怒涛の入れ喰いタイムに突入!

8時を回った頃、場所移動。「水深は47、48m。小さい根をやって行きます」と船長。第1投から右舷ミヨシの東田さんは竿を弓の様に曲げ、2尾目を取込んだ。右舷トモは3尾目。桶にヒラメの尻尾がはみ出している。左舷トモの藤澤さんが、「入れたらいきなり喰って来た」と、竿を一杯に曲げ3尾目をタモですくった。右舷トモも続けて4尾目を取込んだ。左舷トモの藤澤さんは2kg前後を取込み、カメラを向けると5尾目だと言う。「ここに来て3連チャン」と頬が緩む。まだ9時前。2桁いける勢いだ。右舷ミヨシの東田さんの勢いは止まらず6尾目をゲット。「8時頃から入れ喰いだよ。朝の内は蚊帳の外でどうなるかと思った。1時間程で5尾釣った」と満面の笑顔。右舷トモも連チャンが続いている。2人、3人と同時に竿を曲げるので、カメラが追いつかない。怒涛の入れ喰いタイムに突入だ。一気にイワシを飲み込みモゾモゾ、ガツーン!と竿先が海面に突っ込む。こんな活性の高いヒラメ釣りは今まで経験した事が無い。そして、殆どハリを飲み込んでいる。それも孫バリのイカリを飲み込むのでハリ外しが大変だ。先の長いニッパー等が欠かせない。船長はタモに絡んだハリはヒラメが暴れるので危険と言って、丁寧に外してくれる。

藤澤さん入れ食い7尾目
東田さん9尾目
強い引きに耐える

船長直伝の餌付けと、置き竿釣法で4尾ゲット!

私は、船長に教えて貰った餌付けと、東田さんの置き竿釣法を取入れた。「引いているよ」と周りの人の声で跳んで行き、4尾を手にした。カメラを手に跳びまわっていると、“前アタリ”が出ても手が出せない。“本アタリ”の強い引き込みで竿を持つ事になる。合わせる必要も無い。活性が高いので2、3回の引込みでガッチリとハリ掛りしている。

2時間足らずの入れ喰いタイムで、釣果は4~9尾

11時に沖上り。2時間足らずの入れ喰いタイムに5連チャンを達成した東田さんがトータル9尾を釣って竿頭。次が8尾、7尾、5尾、そして私が4尾。型は1.5kg後が中心で最大は2kgだった。“夏ビラメ”は、数釣りが楽しめる絶好のチャンス!猛暑の中でも出掛ける価値は十分ありそうだ。

(釣りビジョンAPC・飯妻武夫)

今回利用した釣り船
千葉県片貝港『勇幸丸』
〒299-3201千葉県山武郡大網白里町北今泉3404
TEL:0475-77-2594
詳細情報(釣りビジョン)
勇幸丸ホームページ
出船データ
ヒラメ予約乗合:1万1550円(税込)
定休日:毎月第二・第四金曜日
オリジナル仕掛け(2組): 船内で購入可能500円
貸道具・氷:無料
ページトップ