オフショアマガジン
2013.9.15号

早川丸・千葉県洲崎栄ノ浦港
千葉県・洲崎沖のカワハギ、数・型とも好スタート!

02_main.jpg
9月1日から、千葉県・洲崎栄ノ浦港『早川丸』でカワハギ釣りを開始した。初日からいきなり28cmを頭に15~43尾の好成績。その後天候不順で一旦落ちたが、状況が回復した6日は竿頭で28尾、7日が34尾、8日は47尾と尻上りに釣果が伸びた。しかも大半が25cm後の良型揃いと聞いては放っておけない。9日(月)、勇んで出掛けた。

朝の受け付けは事務所で!

[動画]良型揃い!カワハギ釣り
千葉県・房総半島の最南端。栄ノの浦港は東京湾入り口に位置し、洲崎灯台に隣接している。晴れていれば、遠くに富士山、南には伊豆大島、そして近くには真っ白い洲崎灯台を見ながら、絶景のロケーションの中での釣りが楽しめる。
港に行く前に、先ず事務所に向う。午前4時半、早川丸の自宅兼事務所に着いた。館山方面から房総フラワーラインを通り、右側の洲崎漁港入口の看板を200m程行くと、右手に明かりが煌々と点いた『早川丸』の看板が目に飛び込んでくる。事務所脇に車を停め、受け付けを済ませてから港に向う。港には専用駐車場が有り安心だ。

岩浪さん良型ゲット
エサ入れと替えバリ用磁石は必需品
船宿オリジナル仕掛け(直結式)

開始30分で7尾ゲット!スタートから絶好調

この日は私を含め釣り人は3人。右舷側に間隔を空けての“大名釣り”。秋の彼岸も近くなり、辺りはまだ暗い。釣り座には魚を活かしておける大きな桶と、餌のアサリの剥き身が配られていた。船の明かりで釣り支度をする。
午前5時半、薄明りの中での出港。5分足らずでエンジンがスローになり、早川元樹船長から「水深は8m、ここら辺は根掛りし易いですから、気を付けて下さいネ」とアナウンスがあり、スタート。早々とミヨシ(船首)の岩浪さんが23cm級を取込んだ。餌のアサリを手際良く付け、再投入。また直ぐにアタリ。竿を頭上まで上げて合わせたが、「バレた!」。喰い込みが浅かった様だ。振り返ると、トモ(船尾)の小川さんにもアタリ。同型を取込んだ。小川さんは1尾釣れたらハリ先が甘くなるので、1回ずつハリを取り換えると言う。小川さんの釣り方は、静かに小さく誘うだけ。竿先に出る小さなアタリを見逃さない様、神経を集中している。岩浪さんは軽く前方に仕掛けを投入し、大きくタタキを入れ、聞き上げる釣法。人により釣り方も色々だ。開始から30分で岩浪さんは7尾をゲット。好調なスタートだ。バケツの中では勢いよくカワハギが泳いでいる。

次々と取込む岩浪さん
仕掛け図
小川さん良型を手に…

開始から2時間半、入れ喰いモード!

“時合”を逃すまいと私も竿を出した。竿先をタタキ、聞き上げていたら、船長から、「タタキを入れたら、1度オモリを着底させて聞き上げた方が良い」とのアドバイス。直ぐに答えが出た。カンカンとカワハギ特有のアタリ。そのまま竿を立てると、断続的な強烈な突っ込みでリールの巻上げが何度も止められる。海面近くでは横走りされヒヤヒヤ、ドキドキ。何ともスリリングだ。25cm級を取込んだ。完全にハリが呑まれていたがハリを外すのを諦めた。ワンタッチ式なので取り換えは簡単。
いつもの習性で、聞き上げて来る途中でアタリが有ると、咄嗟に強く合わせてしまう。竿を立てるだけで良いと解っていながら、途中では修正できない。ハリス切れやバラシが何度も有り、この大型カワハギの攻略に手古摺った。しかし、確実にバケツの中は、賑やかになって行く。
開始から2時間半、殆ど入れ喰いモードが続いた。この時点で、岩浪さんが25尾。小川さん18尾。私が15尾。カワハギが釣れている時は招かざるゲストも殆んどなく、“餌泥棒”はカワハギだけ。
8時過ぎ、船長は「潮が速くなった」と言って、漁礁周りの水深30m前後に移動。ここでも小川さんに良型カワハギが上がった。岩浪さんも25、26cmを一荷(2尾)で取込んだ。岩浪さん、その後、面白い一荷を達成した。上バリにトラギス、下バリに45cm級のマゴチを掛けたのだ。下バリに喰ったトラギスをマゴチが喰ったのだろうが、「こんなのは初めて」と嬉しそうだった。

一荷で抜き上げた岩浪さん
大きいでしょう
小川さん、記念にパチリ

コンスタントに良型を釣る
ビックリ45cm級のマゴチ
赤いオモリで良く釣れた

潮が濁ると“外道”が幅を利かせる

11時過ぎ、朝の水深8mラインのポイントに戻った。「サー、朝の入れ喰いタイム再来か?」と意気込んだが、突然「ヤヤヤヤー!!」とキャビンから何やら意味不明な言葉が聞こえてきた。船長、「潮が濁った」と言う。釣れて来るのは、キタマクラやトラギス、ベラばかり。朝の入れ喰いタイムには殆んど“外道”は交ざらなかったのに、少し潮が濁ると“外道”が幅を利かせ、カワハギを何処かへ追いやってしまったのだろうか。
堪らず水深15mラインに移動。すると、再び型のいいカワハギが釣れ出した。最後まで竿を叩きながら上がってくる。「もう1尾」、「もう1尾」と3尾追加した。スリルも満喫し、有終の美で竿を納める事が出来た。

型が良かったと小川さん
ショゴ・ワカシ?
39尾で大型クーラー満タン

トップは39尾!

結果、南房州市の岩浪隆雄さんが39尾で竿頭。型が良いので大型クーラーボックスが一杯になった。西東京市の小川隆さんは途中で道具を片付けての22尾。私はカメラ片手の20尾は我ながら上出来。自宅でメジャーを当てたら23~25cmが中心で、26、27cm級の大型も結構交じっていた。「今シーズンは結構いますね。秋が深まり、潮温が下がってくれば段々深場を攻める様になりますが、期待して貰っていいですよ」と船長。
大型カワハギの釣り味は抜群だ。海面近くで横走りして、取り込むまでのヒヤヒヤ、ドキドキ感も堪らない。これからキモも膨らみ、キモ醤油和えが美味くなる。是非、出掛けてみてはいかがだろうか。

(釣りビジョンAPC・飯妻武夫)

今回利用した釣り船
千葉県洲崎栄ノ浦港『早川丸』
〒299-2117
千葉県館山市洲崎732-7
TEL:0470-29-1095
詳細情報(釣りビジョン)
早川丸ホームページ
出船データ
・カワハギ船=午前船:9,000円(餌・氷付) 午後船:8,000円(餌・氷付)
・予約乗合
 午前船=事務所集合5:00、出船5:30、沖上がり12:00
 午後船=港集合12:30、出船13:00、沖上がり17:30
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー