オフショアマガジン
2014.1.15号

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港
一富士・二鷹・三マダイの初夢!

01_main.jpg
“異常気象”が続いた2013年、高海水温で釣行の度に何を狙おうか何処に行こうか悩まされた一年だった。しかし、やはり正月はマダイが釣りたい!そこで、新しい年の占いも兼ねて神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』から東京湾のマダイ釣りに出掛けた。

首都圏から1時間、アクセス抜群!

待合所
午前6時、『蒲谷丸』に到着。フロントガラスが凍りつく寒さだったが3人組が先着していた。埼玉県熊谷市から1時間で着いたと言う。アクセスの良さを改めて感じた。待合所の前で荷物を降ろし、すぐ近くの駐車スペースに誘導してもらう。釣り座は先着順に記入する。夜が明け切る前に釣り人が集まり、私も含め15人での出船となった。

乗船案内掲示
夜明けの乗船場
仕掛図

富士山を右舷に見ながら釣り場へ向かう

貸し道具の人達への蒲谷船長からのレクチャーが終了、定刻に出船して、釣り場の久里浜沖には40分程で到着した。アミコマセを詰め、沖アミの付け餌をセットして投入準備完了。船長からの指示を待つ。「タナは海面から31m。36mまで落とし1mずつコマセを振って上げて下さい」のアナウンスでスタートした。

素早くコマセを入れなくては
誘って喰わせる
置き竿で待つ

待っていた時合いは潮かわり

泳ぐ宝石
釣り始めは下げ潮の流れが速く、中々仕掛けを指示ダナで落ち着かせることが出来ず全員苦戦。オマツリも多かったが、流れが緩くなって来た9時すぎに右舷トモ(船尾)の鳥井良雄さん(川崎市)の竿が曲がった。食べ頃サイズだが船長が心配していた海水温の低下のせいか白っぽいマダイだ。続いて右舷ミヨシ(船首)の清水剛さん(新座市)、右舷トモ2番目・細川賢司さん(板橋区)にも同型が上った。小型がボツボツ釣れてコマセは効いている感じだが、その後アタリは少なくなり下浦沖に移動となった。

色白マダイ
まさにマダイ
“尾長”もいます

釣り場が変われば魚も変わる

日陰で寒い。大沢崇さん(熊谷市)
上げ潮を狙い、南の下浦沖へ移動し49mで釣り始めたが、コマセに最初集まったのは大サバだった。しかし、冬の40cmを超えるサバは脂の乗りが良く食味は最高だ。
ここで船長に話を聞きくと「年末から海水温が低下したので、魚探には反応があるが活性が低そう」との事。 ここで私も竿を出したが、落とし込み・誘い・ビシ窓の開閉など色々試したがサバしか釣れない。しかし、マダイも必ずコマセを喰っているはずだ。その証拠に船中では、ボツボツながらマダイも上る。更に40cm近い大アジも釣れて来た。徐々に西風が強くなり、遠望すると幸運にも三浦海岸越しに富士山が見えたが、残念ながらここで終了の時間となってしまった。

貸道具で頑張った。片桐 星さん(横浜市)
船酔いにも寒さにも負けず。皆藤輝美さん(横浜市)
厳しい条件下も健闘の結果

この厳しい時期にこそマダイ釣りをマスターする!

[動画]初心者歓迎!タイ五目釣り
最終結果は、マダイが0~2匹。“ゲスト”は大サバ・大アジ・ハナダイ・ショウサイフグと多彩だった。
直近の急激な海水温低下で、海の中は正に真冬になったようだ。しかし、これを通常の気候の変わり目と考えれば、これからが冬のマダイ釣りの本番である。船長も「魚が海水温に慣れて、深場に集まるようになれば状況も変わる」と言っていた。また、「ハリはタイバリより軽いチヌバリが良い」とのアドバイス。 深場のマダイ釣りは、数は出ないが、一発大型が期待出来るシーズンでもある。年末にも4kg、5kgの大ダイが顔を出していた。また、条件の良い日にはトップで5匹、6匹という釣果も上がっている。私はこの日、マダイはオデコ。このままでは引き下がれない。近々にリベンジに出掛けるつもりだ。

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣り船
神奈川県金沢漁港『蒲谷丸』
〒236-0013
神奈川横浜市金沢区海の公園9番地(金沢漁港)
TEL:045-781-8552(不定休)
詳細情報(釣りビジョン)
蒲谷丸ホームページ
出船データ
乗船料金:10,000円(コマセ、付け餌、氷付き)
※女性・子供(中学生まで)割引で5000円
貸し道具:手巻き500円、電動1000円(ビシ・天ビン無料)
出船時間:午前7時20分、沖上がり:15時00分
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー