『シロギス』記事一覧

『シロギス』記事一覧

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2020年8月15日

03_main.jpg

横浜・本牧発、東京湾のシロギス、数・型共に連日“絶好釣”!!

東京湾のシロギスが釣れ過ぎている。釣り物としてはビギナーにも釣り易く、夏の入門魚として人気のシロギス。今期は連日当たり前のように“束釣り(100匹以上)”を叩き出す“爆釣”振り。神奈川県・本牧『長崎屋』へ出掛けた!

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2020年1月1日

05_main.jpg

神奈川県・横浜本牧発、東京湾のシロギス、良型・束釣り・“絶好釣”!

「初釣り」の釣果で新年の釣り運を占うなら、釣れないよりは釣れた方が良い。そんな折り「ウチ一番のお勧め!」と、俳句では、夏の季語であるシロギスを推薦するのは神奈川県・横浜本牧港の『長崎屋』。夏の風物詩を冬に求めるとはこれ如何に?真相を突き止めるべく、真冬の東京湾へと乗り出した。

松陽丸・東京都鹿浜橋

2019年5月1日

02_main.jpg

東京都・足立区の鹿浜橋発、東京湾のシロギス、数型共に期待大!

“令和”最初の大型連休。ただでさえ「潮干狩りだ」、「バーベキューだ」と混雑必至、渋滞覚悟の海辺エリア。「近場で良いトコないの?」とお嘆きのあなた、ありますよ。東京湾に流れ込む荒川の下流に架かる鹿浜橋から出船の「松陽丸」の釣りをレポートします。

弁天屋・神奈川県金沢八景

2019年2月15日

04_main.jpg

東京湾・金沢八景沖、老舗船宿で午前船のシロギスを楽しむ!

神奈川県・金沢八景『弁天屋』から午前船のシロギス釣りを楽しむ事になった。この金沢八景地区は駅から船宿が近く、電車での釣行客が日本一と言われるエリアでもある。始発から数本の車内はクーラーやキャリーを持った釣り人が沢山乗っている。今回は私も電車で伺う事になった。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2018年7月15日

02_main.jpg

竿頭106匹!横浜・本牧港発のショート シロギス!

俳句では“夏”の季語である「キス(鱚)」。産卵期の夏に接岸することから“キスゴ(岸子)”と呼ばれ、かつて東京湾に生息していた青みの強い“アオギス”と区別するために“シロギス”という呼び名が一般化した。いよいよ本格シーズンを迎えるシロギス。「連日好調、イチ押し」との情報で横浜・本牧港『長崎屋』に出掛けた。

松陽丸・東京都鹿浜橋

2018年7月1日

02_main.jpg

復調気配の東京湾・シロギス、夏シーズンに向けて好発進!

「ビギナーからベテランまで」、「貸し竿から和竿まで」。誰にでも楽しめ、しかも奥が深い釣り物の代表格、シロギス。ところが、昨年から急激な釣果不振に陥り、船長達も「ベテランの釣果が3分の1以下」と嘆く厳しい状況が続いていた。しかし、5月下旬になって急展開、再び好釣果が記録され出し一安心。状況を確かめようと東京都足立区・荒川鹿浜橋脇にある『松陽丸』に出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2017年7月15日

04_main.jpg

夏休み!!親子で東京湾のシロギス釣り、遊び倒そう!!

例年になく雨が少ない梅雨が、季節の移り変わりを鈍感にさせているが、カレンダーは既に7月。子供達の夏休みももうすぐそこだ。夏の思い出の1ページに親子で船釣りは如何だろうか?誰でも気軽にチャレンジできる東京湾のシロギスは、そんなファミリーフィッシングにピッタリな釣り物だ。一足早く夏を先取りに大田区平和島『船宿 まる八』に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2017年7月1日

02_main.jpg

東京湾・盤洲の“鉄板・シロギス”、気温と共に気配上昇!

色白で清楚な美しさから「海の貴婦人」とも言われるシロギス。実は釣りたてのシロギスはその名の通りの白ではなくキラキラとパールピンクに輝く美しさ。気温の上昇と共にシーズン盛期を迎え、束釣り(100匹以上)も望める東京湾の超人気ターゲット。中でも盤洲は“鉄板”の釣り場だ。その盤洲で釣れ出したと聞き、羽田『かめだや』に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2017年6月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾のシロギス、ようやく本来のパターン復活か?

東京湾のシロギスが得意の東京羽田「かめだや」では6月4日、27.9㎝の特大サイズをゲットしてきた。今や同湾で尺ギスは幻だから夢のある話題で嬉しいものの、シロギスは昨夏から例年と違う“数より型”パターンになっているため、数が伸びる夏もやはりその傾向なのだろうか…と、ちょっと複雑。そこで担当の鈴木祥太船長に聞いたところ「いやいや、浅場の盤洲で釣れ出して元通りの兆し」と好返答。状況と今後の釣り方などを尋ねてみた。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2017年5月22日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾の夏はやっぱりシロギスでしょ!

昨年から少し様子がおかしいぞ?…などと言われていた東京湾の超優良株シロギスだが、やっぱり本番の夏を迎えて釣果はググッと上がってきた。そこで先日、ショート船ながらトップ99匹を叩き出した横浜本牧港『長崎屋』の長崎功船長にインタビューすると、例年とはちょっと違う、面白い様相が浮かび上がってきた。夏の対策法と併せて紹介しておこう。

船宿まる八・東京都平和島

2017年4月22日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

GWレジャー釣行に最適! 東京湾のシロギスが上昇気配

いよいよ大型連休“ゴールデンウイーク”に今週末の4月29日から突入。ベテラン陣は各々得意なジャンルを存分に楽しんでもらいたいが、グループやファミリーでワイワイ楽しむなら、おすすめは近場の小物釣りだ。昔からその王道を行くのがシロギス。ちょうど5月の初めころから水温の上昇とともに浅場に移行し始め、活性も上がって釣りやすく、さらに引きも強くなるから楽しさ満点。現在、シロギスを中心に出船する東京平和島『船宿まる八』の高橋広司船長から、GWの必釣術を聞いたのでご参考に!

かめだや・東京都羽田

2017年1月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾のシロギスは束釣り長期連発で安泰!

東京湾の冬のメイン小物の1つシロギス。もっか落ち前の入れ食いモードがロングランで続いている。キスは同湾では一年中狙える人気魚だが、今シーズン(昨春~今冬)は夏ギスが今ひとつだっただけに、ファンにはうれしい限り。担当の鈴木祥太船長がコツを教えてくれたから、2月過ぎからの最低水温期に突入する前に、束釣りを満喫しにいきましょう!

船宿いわた・東京都東大井

2016年7月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

東京湾シロギス、超浅場の盤洲で真夏の佳境!

近年では一年中狙える東京湾の人気魚シロギス。いよいよ真夏の高水温期に入り、盤洲など水深10m未満の超浅場がメインポイントになってきた。今後は海が熱くなりすぎる8月お盆過ぎまでは、遠投してはスピーディにサビいてくるラン&ガン釣法が主流。そこで東京都東大井『船宿いわた』の岩田登行船長に真夏のキステクニックを聞いてみた。

石倉渡船・三重県紀伊長島

2016年7月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

駿リレーで楽しむ三重県紀伊長島のボートキス

三重県紀伊長島の名倉湾は、手こぎボートや船外機ボートからの釣りが周年楽しめる好釣り場。なかでも手こぎボートからの釣りは、ボート免許も不要で、ファミリーからベテランまで手軽に船遊び&釣りを楽しむことができるので人気がある。「この時期はキスをメインにリレー釣りを楽しむ人も多い」という、石倉渡船の石倉一徳船長に話を聞いた。

船宿 まる八・東京都平和島

2016年6月15日

03_main.jpg

東京湾・浅場のシロギス開幕!今シーズンは魚影が濃い!!

パールホワイトの魚体にピンクの側線。「渚の貴婦人」とも呼ばれるシロギスは、第12代将軍・徳川家慶が好んで食べた魚としても名高い。古くは“キスゴ”と呼ばれ、その語源は岸近くに居る魚“岸ご”(「ご」はカサゴやアナゴと同じ魚名語尾)という説がある通り、夏が近づくと沿岸の浅場にやってくる。そんなシロギスの浅場釣りがスタートしたと聞き、梅雨入り直前の6月4日、平和島『船宿 まる八』から出船した。

かめだや・東京都羽田

2016年5月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

いよいよ夏の絶好機! 東京湾奥・浅場のシロギス

今年は5月5日が立夏で、暦の上ではもう夏。東京湾ではシロギスが最盛期に入る時期だ。“夏ギス”が大挙して乗っ込む浅場は広範囲に探るのが鉄則。そこで東京都・羽田『かめだや』のシロギス担当・鈴木祥太船長から、片テンビンで投げてはサビく“ラン&ガン釣法”の優位性をアドバイスしてもらった。

長崎屋・横浜本牧港

2016年4月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

横浜本牧港・長崎屋「一年中入れ食い! 東京湾・中ノ瀬のシロギス」

「こんなに釣れていいのか!」と思わずうなる近年の東京湾シロギス。横浜・本牧港『長崎屋』では、暖冬の影響なのか今期はさらに凄い。ショート乗合船なのに一番食い渋る1~2月でさえ、軽く2束(200匹)を超えた。現在、多少食いが落ちたとはいえ、連日の束オーバー。そこで長崎恵夫・大船長から入れ食い術をレポート。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2015年12月15日

03_main.jpg

東京湾・中ノ瀬のシロギス、怒涛の入れ食い!何と304匹!!

暖冬とは言え既に12月半ば、暖海性の魚であるシロギスは、深場に移動し“落ちギス”の時期。通常なら活性が下がり、テクニックを要するベテラン好みの釣りになる。ところが、ここ数年は冬季でも食いは驚くほど活発で、以前の常識では考えられない好釣果が続いている。7日に横浜・本牧港『長崎屋』に出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2015年8月1日

03_main.jpg

夏本番!東京湾のシロギス、束釣り連発!

台風11号が来襲、シケの日が続いた。東京湾奥に雨水が大量に入り極度の“赤潮”が解消され、シロギスは元気一杯だ。盤洲周辺の浅場で連日のように束釣り(100匹以上)が記録されている。7月19日、東京・大森平和島『まる八』の乗合船に乗った。

吉野屋・千葉県浦安

2015年7月1日

03_main.jpg

東京湾・木更津沖、盤洲のシロギス入れ掛かり!

梅雨に入ると海も穏やかな日が続く。東京湾・木更津沖から袖ヶ浦沖の沿岸部に広がる盤洲でシロギスの束釣り(100匹以上)が続いている。それも25cm級の良型交じりとの情報に、梅雨晴れ間の24日、『東京ディズニーランド』に近い千葉県・浦安の『吉野屋』に出掛けた。

つり幸・神奈川県川崎

2014年8月15日

03_main.jpg

東京湾のシロギス絶好調!半日釣りで束釣りも!

東京湾のシロギスが依然として絶好調だ。8日、台風のシケ前を狙い半日でも束釣り(100匹以上)を連発している川崎『つり幸』に出掛けた。"海の貴婦人"・シロギスは、東京湾でも1、2を争うポピュラーな釣り物だが、釣り味は繊細でいて奥が深い。定番の天ぷらもいいが、型のよいものを選んで三枚に卸して皮を引き、白身を糸造りにして氷の上に乗せ梅肉で食べたら絶品だ。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2014年7月15日

04_main.jpg

神奈川県・湘南、茅ヶ崎の海はシロギスが真っ盛り!

7月に入って神奈川県・湘南海岸、茅ヶ崎港『まごうの丸』のシロギスが絶好調!連日、束(100匹)越えで2束釣りも夢ではないと聞き6日、竿を抱えて出掛けた。しかし、当日は生憎、前日から潮温が下がって苦戦した。それでもトップは63尾とまずまず。アタリがあった全てをゲット出来ていれば、確実に束釣りだったはず。今後が大いに楽しみだ。

船宿 まる八・東京都平和島

2014年7月1日

02_main.jpg

東京湾で「海の女王」シロギスが乱舞!

東京湾のシロギスが絶好調だ!連日のように束釣り(100匹以上)が記録されている。ここに来て、盤洲の浅場(水深10m未満)で釣れ出し、日増しに釣果は伸びていると言う。そんな話に我慢し切れず、21日(土)、東京・大森平和島の『船宿 まる八』に出掛けた。当日は梅雨の切れ間の曇り空、風も微風で絶好の釣り日和。ベテランと一緒のビギナー女性、会社の仲間達も乗船しての束越え(100匹以上)4人、噂に違わぬ好調さを体感した。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2014年5月1日

04_main.jpg

東京湾・中ノ瀬で絶好調のシロギスを狙う!

桜前線は北上してしまったが、東京湾・中ノ瀬のシロギスは“満開”だ。連日トップが束(100匹)を超える釣果が続いているとの情報を確認に4月23日、本牧『長崎屋』に出掛けたところ、情報通りの釣果に舌を巻く一日となった。

かめだや・東京都羽田

2014年4月1日

02_main.jpg

東京湾・中ノ瀬、春のシロギス釣りが面白い!

“春分”、船上での釣りも心地よい季節。ポカポカ陽気に釣り好きの虫が騒ぐ。しかし、この季節は強風が吹きやすく、出船も釣果も不安定。それでは、比較的に風の影響が少ない東京湾でのんびりとシロギス釣り!大雪の影響で低迷していた釣果が復調-との情報にも期待が高まる。3月26日、東京・羽田の『かめだや』へ出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2013年8月1日

01_main.jpg

東京湾・盤洲のシロギス絶好調!ビギナーでも数釣り!

[動画]盤州で仕立船・かめだや丸と並んでシロギス釣り東京湾奥・羽田『かめだや』から乗合船で盤洲(ばんず)へ走り、このところ絶好調のシロギス釣りを楽しんで来た。竿先を引っ手繰っていくようなアタリに、暑さを忘れて夢中になった。結果は午後からの3時間ほどで55匹!おまけのイシモチ(シログチ)も5匹加えてジャスト60匹の釣果で、大満足。因みにこの日のトップは2本竿でナント、211匹!ポイントの水深は3~13mの浅場なので、手返しよく釣れば、100匹突破の“爆釣”も今なら夢ではない。

石倉渡船・三重県紀伊長島

2013年4月15日

05_main.jpg

三重県・紀伊長島でのんびり春満喫♪シロギスのボート釣り

[動画]手漕ぎボートからのシロギス釣りも人気がある3月24日、紀勢自動車道の紀勢大内山IC~紀伊長島IC間が開通した。これで大阪、名古屋方面からノンストップで三重県・紀伊長島へ行けるようになった。その道を使い、早速ボート釣りに出掛けた。紀伊長島の名倉湾は、チヌ、アジ、アオリイカ、カマス、“青物”、ヒラメなど、いろんな魚が釣れるボート釣り天国。今回のターゲットは、G.Wのファミリーフィッシングにもピッタリなシロギス。竿先を見つめていると、つい居眠りしてしまうほどのポカポカ陽気で、しかも海上はベタナギ。Tシャツ1枚になって、のんびり魚信を楽しんで来た♪

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2013年4月15日

04_main.jpg

神奈川県・相模湾のシロギス、条件良ければ“束釣り”も!

三寒四温を絵に描いたような陽気が続いており、海がシケる事も多い。そんな中、神奈川県・相模湾のシロギスが好調になって来たと聞き、関東地方が暴風雨に見舞われた翌日、少々不安を抱えて神奈川県・茅ケ崎の『まごうの丸』に出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2013年3月15日

04_main.jpg

東京湾・小柴沖のシロギス、自分でアタリを作り出す面白さ

いきなり春がやって来た。先週までの寒さがウソのようだ。陽気に誘われて海に出たいと思っていると、平和島『船宿 まる八』の飯島正宏店主から「東京湾のシロギスが面白いですよ。難しい分、釣れた時の喜びは格別」との誘いを受けた。「あの美味しいシロギスが食べたい―」。食いしん坊が期待を胸に久し振りにナギだった9日(土)に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2013年1月15日

02_main.jpg

東京湾・中ノ瀬の“落ちギス”本格化!

潮温低下の遅れで中途半端な状況が続いていた東京湾の“落ちギス”だが、年末からの厳しい寒さで潮温も下がり、越冬のためシロギス釣りの“メーンスタジアム”とも言える中ノ瀬の深場へ集まって来た。そこで、本年の初釣りタ-ゲットに選び1月4日、多摩川下流に架かる大師橋脇にある『かめだや』から船に乗った。

伊藤遊船・千葉県江戸川放水路・行徳

2013年1月1日

04_main.jpg

東京湾・中ノ瀬の“落ちギス”束釣り狙える!!

[動画]美味!冬のシロギス東京湾のシロギスが、厳冬期になろうとしているのに絶好調だ。昨年春先から竿頭は当たり前のように束釣り(100尾以上)を記録し続けている。例年、“落ちギス”の時期になれば水深30~40mの深場に落ちるが、潮温低下が遅れたためか未だに水深20~25mで釣れている。この時期のシロギスは、脂が乗って一層美味しくなる。刺し身、炙り、握り寿司、天ぷらと何にしても美味しい。特に正月のお節料理の後は、サッパリ味のシロギスの“シャブシャブ”はどうだろう!千葉県・行徳『伊藤遊船』に出掛けた。

弁天屋・神奈川県金沢八景

2012年12月15日

05_main.jpg

東京湾・中ノ瀬の“落ちギス”絶好調!

[動画]神奈川県金沢八景『弁天屋』~ゆる~りと、シロギス釣り!~シロギスと言えば、夏の釣りものの印象が強いが、どうしてどうして冬でも十分に楽しめる。寒くなって来ると深場に移動して冬を過ごす準備を始め、いわゆる“落ちギス”と呼ばれるシーズンを迎える。夏の育ち盛りの様に無警戒に近い活性はないものの、警戒心を持ちながらも体力増強のため旺盛な食い気を見せる。今シーズンの状況はいかにと12月7日、神奈川県・金沢八景『弁天屋』に出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2012年9月15日

03_main.jpg

東京湾・中ノ瀬周辺のシロギス、20cm級揃いで食味も抜群!

9月半ばとは思えない残暑が続いているが、東京湾では“落ちギス”釣りが開幕。今シーズンはまだまだ潮温が高く、浅場での数釣りも続いているが、この時期は何と言っても良型狙いが大きな魅力だ。大田区・大森(平和島)の船宿『まる八』は、小物専門の“江戸前船宿”。9日の日曜日、“落ちギス”の様子を窺いに乗合船で出掛けた。

ムツ六釣船店・神奈川県久里浜

2012年8月1日

04_main.jpg

神奈川県・久里浜沖“わくわく新体験!船釣りに挑戦!”イベント

[動画]わくわく新体験!船釣りに挑戦!!神奈川県横須賀市・久里浜港の老舗船宿『ムツ六釣船店』が“船釣り体験イベント”を行なった。「船釣り未経験者に一番伝えたいことは、船釣りは最も手軽に出来る釣りと言う事」。そう話すのは、この企画を立ち上げた榎本幸司船長。貸し道具は勿論、仕掛け、餌など全て船宿に揃っており、手ぶらで出掛けても何も問題ないのは船釣りだけだ。しかも魚が確実に釣れる釣り場に連れて行ってくれるのだから、これ以上手軽な釣りはあるまい。「難しいことは抜きにして兎に角船釣りを楽しんでもらえたら嬉しい」と、榎本船長。

萬司郎丸・神奈川県片瀬江ノ島港

2012年7月1日

02_main.jpg

神奈川県・湘南、江ノ島沖“ショートキス”プランで遊ぼう!!

[動画]『萬司郎丸』のショートキス比較的簡単に釣れて、尚且つ美味しい魚“シロギス”は、船釣りビギナーの入門としても好適な釣りのひとつだろう。そんなシロギス釣りを、短時間&低料金で手軽に楽しませてくれるのが、神奈川県・湘南、片瀬江ノ島港に店を構える『萬司郎丸』の“ショートキス”プランだ。今年の夏は、家族、友達、恋人同士・・・みんなで遊べる船釣りを楽しんでみては如何だろう。

山下丸・神奈川県久比里

2012年6月1日

04_main.jpg

ビギナーからベテランまで大満足!
東京湾・シロギス絶好調!!

[動画]『山下丸』シロギス釣り2012「シロギスがとっても良く釣れていますよ。是非どうぞ!」。神奈川県、久比里『山下丸』の山下優佳女将に電話をすると景気の良い返事が返って来た。5月7日から今シーズンのシロギス船を始めたが、初日の成績は30-97尾、その後も50-68尾、63-94尾と絶好調。しかも釣り場は下浦沖や鴨居沖などの超近場との事。これはもう行くしかないでしょう!!

かめだや・東京都羽田

2012年6月1日

01_main.jpg

東京湾・盤洲のシロギス、絶好のスタート!!

千葉県木更津市の小櫃川(おびつがわ)河口一帯に広がる盤洲干潟、最大1400haに及ぶ東京湾に残された数少ない広大な干潟の1つである。この干潟の一部は春から初夏にかけて絶好のシロギス釣り場になる。例年5月末にはシーズンインするが、5月25日、東京・羽田の『かめだや』が、今シーズン初狙いの船を出すと聞き、出掛けてみた。

船宿 まる八・東京都平和島

2012年1月15日

01_main.jpg

東京湾・中ノ瀬のシロギス、連日大爆釣!

暖かい時期の釣り物のイメージが強いシロギスだが、実は最も面白いのは冬-と思っている。気温、潮温の下がるこの時期、アタリも渋くなり暖期に比べれば釣り難くなるのは確かだが、それだけにハリ掛かりさせた時の喜びも大きい。また、この時期の魅力は何と言ってもサイズがいいことだ。産卵期の永い魚だけに、いつでも小型はいるが、冬季に限ればピンギス(15、16cm以下)はほとんど交じらない。東京・大森の船宿『まる八』から船に乗った。

鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2011年8月1日

03_main.jpg

夏休み、ファミリーフィッシングなら東京湾のシロギス!!

[動画]「鴨下丸」シロギス釣り子供たちも夏休みに突入。ファミリーフィッシングなら、東京湾のシロギスが最適だ。しかし、猛暑が続くこれからの時期、「終日炎天下の海上にいるのは…」と考えるのも尤もな話。そこで、お奨めなのが横浜・磯子の八幡橋『鴨下丸』が出している午前釣りの乗合船だ。7時に出船して11時には沖上がり、正味4時間足らずの釣りだが、今シーズンのシロギスは、それでも十二分に数釣りが楽しめる。

たかはし丸・東京都小岩大橋

2011年7月15日

01_main.jpg

楽しみ方は様々!東京湾のシロギス絶好調!

のんびりムードの『たかはし丸』の待合所釣り人に色々なタイプがいるように船宿にもそれぞれのカラーがある。東京湾で最もポピュラーな釣り物・シロギスは、東京湾奥部(千葉、東京、神奈川)のほとんどの船宿から乗合船が出ている。したがって、自分に合ったスタイルの船宿を選ぶことが出来る釣り物でもあるわけだ。今回は、「のんびり、まったり楽しみたい」-そんな向きにピッタリな江戸川区松本町・小岩大橋脇の『たかはし丸』を選んだ。

浅八丸・神奈川県平塚港

2011年6月1日

02_main.jpg

湘南・平塚沖のシロギス釣りで遊ぼう!

平塚港『浅八丸』のシロギス釣りビギナーからベテランまで幅広く楽しめるシロギス釣り。今回は神奈川県・湘南の平塚港『浅八丸』からビギナー向けのシロギス釣りを紹介しよう。バスフィッシングをやっているアングラーにも是非このシロギス釣りにチャレンジして頂きたい。意外と思われるかも知れないが、双方の釣りには共通点が多い。また、シロギスは、“天ぷら種”としても有名だが、釣りたての新鮮なシロギスは刺し身も絶品。そんなシロギスの料理方法も併せてお届けしよう。

かめだや・東京都大田区羽田

2011年5月1日

03_main.jpg

東京湾の“主役”シロギス、シーズン盛期へ

『かめだや』のシロギス釣り魚種の多さと漁船の漁獲量、どちらも対面積比率では断トツの世界一と言われる東京湾。その東京湾の数多い釣り物の“主役”と言えば、狙っている船宿の数、釣り人の多さを考えればやはりシロギスだろう。パールピンクに輝く魚体、食べても美味しいシロギスは、ビギナーからベテランまで幅広いファンを持つ釣り物だ。例年、GW突入と共にシーズン盛期を迎える釣り物でもある。東京・羽田の『かめだや』から船に乗った。

弁天屋・神奈川県金沢八景

2011年1月15日

03_main.jpg

沖釣り入門にピッタリなシロギス半日釣り!

ひと口に沖釣りと言っても対象魚、釣り方など千差万別。中にはベテランしか対応できない難しい釣りがあるのも事実。そのためか、沖釣りと聞いただけで「敷居が高い釣り」と思われているフシがある。しかし、実際には最も敷居が低いのが沖釣り。最近の船宿には、貸し道具はもちろん、ありとあらゆるものが用意されており、手ぶらで出掛けても問題なく釣りができる。事前に釣具店に行かなくても楽しめる唯一の釣り、それが沖釣りなのだ。中でも東京湾のシロギス釣りは、ビギナーが入門するには最適な釣り物。金沢八景の老舗船宿『弁天屋』の半日乗り合いを紹介しよう。

荒川屋釣船店・東京都葛西橋

2011年1月1日

05_main.jpg

東京湾の“主役”シロギスが絶好調!

魚の豊富さ、漁船の漁獲高など対面積比では、世界一と言われる東京湾。まさに世界に冠たる海である。釣り物の豊富さでも他に例を見ない海と言われているが、その東京湾で最もポピュラーな釣り物と言えば、なんと言ってもシロギスだろう。そのシロギスを周年メインターゲットとして狙っているのが葛西橋『荒川屋釣船店』だ。

福栄丸・神奈川県葉山柴崎港

2010年7月15日

04_main.jpg

夏休みのオススメ!葉山沖のチョイキス釣り!!

早朝から船に乗り終日ガッツリと楽しみたいベテランもいれば、短時間手軽にゆる~く釣りを楽しみたい-というビギナーや家族連れなどもいるのが沖釣りの世界。葉山柴崎港『福栄丸』の矢島雄三船長が考案した“チョイキス”釣りは、後者のためのもの。“ちょい”と気軽にキス釣り-で“チョイキス”、実に単純明快なネーミングだが、そのシステムはビギナーのために考え尽されていた。竿やリールなどタックル無料!(餌、仕掛けは有料) 釣りをするのは正味2時間。(飽きない程度の丁度良い時間) 午後1時50分とゆっくり出船!※(7/19から14時出船) .釣り場は航程5~10分の近さ! 釣った魚は近くの料理店で調理してくれる!(有料) 遠方からの釣り人には港近くのホテルを斡旋! 乗船料金がリーズナブル!!(大人2,000円、女性・中高生1,500円、小学生1,000円、小学生未満500円) 詳しい内容は『福栄丸』のHPを参考に。“チョイキス”釣りが行われている期間は4月の中旬から8月末までの土・日・祝日。ただし“お盆”の時期には一般的なお盆休みに合わせて平日も出船する(お盆の出船日は後日HPにて公表)。

SHINSEIMARU・静岡県清水港

2010年7月1日

04_main.jpg

豪華賞品!清水港のシロギス数釣りバトル!!

“次郎長一家”で有名な静岡県・清水港。ここで毎年6月、シロギス釣り大会(『清水遊漁船業協会(田辺和義会長)』主催)が行われる。この大会の特徴は、参加者全員に賞品が用意されている点だ。そのためか毎年200人を超える参加者が集まるビックイベントになっている。今年(6月20日)は、不景気と天候不順が重なったためか参加人数が少し減ったが、それでも24隻192人が参加して大いに盛り上がった。