『蒲谷丸・ 神奈川県金沢漁港』記事一覧

『蒲谷丸・ 神奈川県金沢漁港』記事一覧

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2020年3月15日

04_main.jpg

神奈川県・金沢漁港発、深場“LTウィリー五目”でお土産いっぱい!

深場の“LT(ライトタックル)ウィリー五目”は、道糸PE2号以下、60号ビシで水深90m前後を狙う。オモリが軽いので女性や子供にも手軽に狙え、アジやイサキなど美味しい魚を筆頭に魚種も豊富で船釣り入門にも最適だ。神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』に出掛けた。

蒲谷丸・ 神奈川県金沢漁港

2019年3月15日

05_main.jpg

東京湾・金沢八景沖、家族で楽しめるLTアジ釣り、入れ掛かり!!

味が良いからアジ。また、鯵は旧暦の3月頃が旨いので参月頃の魚で「鯵」の字が当てられたとも言われている。そんなアジが東京湾では、ほぼ周年誰でも手軽に釣れるようになった。「LT(ライトタックル)で、冬から好調に釣れ続けています」との情報。春めいてきた9日、神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』に出掛けた。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2018年6月15日

03_main.jpg

神奈川県・金沢八景沖のLTアジ、好釣果連発!

6月から8月が“旬”と言われる東京湾のアジ。体色が金色に輝いて見えることから“金アジ”とも呼ばれるブランド魚だ。この海域のアジは、普段から脂乗りがよく美味いのだが、この時期は産卵期の為更に美味しくなる。9日に神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』に出掛けた。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2017年12月1日

03_main.jpg

神奈川県・八景沖のLT(ライトタックル)アジ、絶好調!!

今秋は週末のたびに天気が荒れた。「お天道様には逆らえない」とは言うけれど、ここまで天気に見放されるとストレスが溜まる。気温も本格的に冬のそれとなりつつある11月下旬。飛び石連休にも関わらず天気予報は芳しくない。その合間を狙い、悪天候には滅法強い東京湾内のLT(ライトタックル)アジで、溜まった鬱憤を晴らそうと神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』に出掛けた。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2017年8月22日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

上でも下でもヒット! 東京湾の夏タチウオは元気で楽しい!

東京湾の夏のターゲットは数あるが、マニアックさで言ったら餌釣りのタチウオは外せないだろう。このジャンル、冬のほうが渋くて相当マニアックだが、メーターオーバーの大型から60cm前後の小型クラスまで入り乱れる夏も、また違った意味で面白い。そこで、ライトタックルのショート船で好釣果を出している神奈川県金沢漁港『蒲谷丸』の蒲谷政徳船長に聞いてみた。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2017年3月1日

04_main.jpg

仲間で楽しむなら東京湾・金沢八景沖のイシモチ釣り!!

これから釣りを始めようというビギナーから、既にどっぷりと釣りに嵌っているベテランまで、一緒に存分に楽しめる釣り物がある。それが「イシモチ(和名・シログチ)」だ。力強い引きを見せる一方で数釣りも期待できる。そんな楽しい釣り物を求めて神奈川県金沢漁港『蒲谷丸』へ出掛けた。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2017年2月8日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾口の深場LTウイリー五目が面白い!

2月は世間でニッパチと言われ、売り上げが伸びない月らしいが、釣り船でも2月はどちらかというと閑散期。最低水温期プラス釣り物が少ないためか、よくそう言われる。しかし、神奈川県金沢漁港『蒲谷丸』が予約制で出船させている深場LTウイリー五目船。これは現在、意外と楽しい! さすがにバカスカ数は伸びないが、良型アジなどを中心にマダイ、アマダイ、マハタ、マトウダイ、クロムツなどうれしいゲストが多彩に顔を出し、楽しいことこのうえない。蒲谷政徳船長から深場のウイリー術をインタビューしたので、ぜひチャレンジしてみては、いかが。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2016年7月15日

04_main.jpg

人気の夏タチウオは超浅場モードで展開中!

東京湾の夏に欠かせない釣りになったタチウオ。昔は神出鬼没ゆえ幽霊魚などと言われたが、現在は釣り具や遊漁船の装備の進歩で、その名前は返上されつつある。特に夏場はドッと浅場に突っ込んできて、連日爆釣大会が繰り広げられるほどだ。今期は開幕も梅雨直後と早く、目下どの船も大盛況。その中の一つ、ショート船を出す神奈川県金沢漁港『蒲谷丸』へ7月3日にお邪魔してきた。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2016年4月1日

03_main.jpg

東京湾・八景沖のLTアジ、春の陽気に誘われて!

“花の色が美しい季節。春の陽気に誘われて「釣って良し、食べて良し!」の東京湾の極上アジをターゲットに出掛けた。初心者から、ベテランまで誰にでも楽しめるLT(ライトタックル)アジ、3月21日、神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』からまずは午前船に乗った。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2015年6月1日

03_main.jpg

東京湾・八景沖のLTアジ。超浅場で活性上昇中!!

5月中旬。関東周辺の海面に流れ藻が浮遊し始めた。春から夏の潮に入れ替わる証しである。海水温が上昇すると、魚の活性も上がり、東京湾のLT(ライトタックル)アジが本格が本格的なシーズンに突入する。この時期のアジは上品な脂が乗り、ワンランク上の逸品に変身する。釣り味、食味に魅せられ、18日(月)、神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』の午前船に乗った。

蒲谷丸・神奈川県金沢魚港

2014年9月1日

02_main.jpg

今年は“当たり年”!東京湾のタチウオ

釣友からタチウオが届いた。「東京湾で30匹超の爆釣だった」と自慢がてら立ち寄ってくれたのだ。こうなるとジッとしてはいられない。23日(土)、神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』のタチウオ船に乗り込んだ。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2014年1月15日

01_main.jpg

一富士・二鷹・三マダイの初夢!

“異常気象”が続いた2013年、高海水温で釣行の度に何を狙おうか何処に行こうか悩まされた一年だった。しかし、やはり正月はマダイが釣りたい!そこで、新しい年の占いも兼ねて神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』から東京湾のマダイ釣りに出掛けた。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2013年4月1日

04_main.jpg

東京湾・LT(ライトタックル)アジも春風に誘われ高活性!

神奈川県・横浜八景島の一角にある金沢漁港、10軒余りの船宿が軒を連ねている。その中の1軒『蒲谷丸』は、周年午前船、午後船で東京湾のアジをLT(ライトタックル)で釣らせている。「春の潮で少しずつアジが口を使い出したよ」と蒲谷政徳船長。「春分の日」の20日、春風に誘われて出かけた。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2012年10月1日

03_main.jpg

秋の“本命”!神奈川県・久里浜沖の“マダイ五目”釣りを満喫!!

ようやく厳しい残暑も収まり、アウトドアで遊ぶには最高の季節がやって来た。東京湾では相変わらず“青物(イナダ・ワラサ)”が良く釣れているが、神奈川県・久里浜沖では5㎏、7kgキロといった大ダイも顔を見せている。横浜・金沢漁港の『蒲谷丸』では現在、そんなマダイや“青物”などを狙い“マダイ五目”釣りで出船中。今秋のマダイの状況を占うべく秋晴れの日に船に乗った。