『一之瀬丸・神奈川県金沢八景 』記事一覧

『一之瀬丸・神奈川県金沢八景 』記事一覧

一之瀬丸・神奈川県金沢八景

2018年10月1日

05_main.jpg

東京湾でタチウオ&アジのリレー釣りが大人気!!

夏から始まったタチウオ釣り、“幽霊”の異名もある魚だけに多少のムラはあるが好調に釣れている。一方、今や東京湾で最もポピュラーな釣り物ともいえるアジも横浜沖中心に絶好調だ。そのタチウオ&アジを、タックルはそのままでテンビン先の仕掛けを交換するだけで楽しませてくれるのが金沢八景『一之瀬丸』だ。

一之瀬丸・神奈川県金沢八景

2018年4月15日

05_main.jpg

東京湾のマゴチ絶好調!60cm超級の大型も!

「茶摘み」の歌でお馴染みの「夏も近づく八十八夜」も目前。東京湾の“夏の風物詩”マゴチ釣りもいよいよ本番だ。ハゼの幼魚が釣れ出す晩夏までサイマキ(小型クルマエビ)餌での釣りになる。神奈川県・金沢八景『一之瀬丸』で好釣果が連発していると聞き、出掛けてみた。

一之瀬丸・神奈川県金沢八景

2017年7月1日

03_main.jpg

東京湾・LTアジ!船釣り入門に最適!食べても美味!

「船に乗っての釣り」と聞くと、つい「敷居が高いなぁ」と考えてしまう人も多いようだが、初夏~盛夏に旬を迎える東京湾のアジなら誰にでも気軽に楽しめる。サイズは若干小振りになるが、その分数が伸びる。更に釣り場の水深も20m以下の浅場になる。気楽に楽しめるように午前、午後の半日船で出船している横浜・金沢八景『一之瀬丸』の午前LT(ライトタックル)アジ船に乗った。

一之瀬丸・神奈川県金沢八景

2016年12月8日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

今季は好調! 東京湾の風物詩スミイカが大型化

東京湾で冬の風物詩の一つとして長い歴史を持つ甲イカの一種スミイカ。大量の墨を撒き散らすのでその名が付いたが、ねっとりとした甘みは江戸前寿司のネタとして江戸時代から有名だ。伝統の羽子板テンヤで釣るため、そう数は伸びないが、今季は秋の開幕から絶好調。そこで今季、竿頭が30杯を記録した金沢八景『一之瀬丸』のスミイカ担当、渡辺直人船長に、独特のテンヤ釣法をレクチャーしてもらった。

一之瀬丸・神奈川県金沢八景

2016年6月1日

05_main.jpg

ドキドキしたいなら、マゴチ釣り(東京湾)がオ・ス・ス・メ

「来てるよ!合わせて!!」、「よっしゃ乗ったぁ~~!!」船上で威勢のいい声が響き渡る~。昨年よりも型が見られるといわれている東京湾のマゴチ。今回は、きめ細かい情報提供や女性にも優しい船宿、横浜・金沢八景『一之瀬丸』の「マゴチ部!」に入部してまいりました!

一之瀬丸・神奈川県金沢八景

2011年1月1日

01_main.jpg

新年は“めでタイ”から!

新しい年を迎え、めでたい気分は釣りでも味わいたいもの。そこで “めでたい”魚の代表格・マダイから新年の釣り初めというのはどうだろう。ということで今回はマダイの状況を探りに神奈川県横浜市・金沢八景『一之瀬丸』の乗合船で出掛けた。