オフショアマガジン
2016.6.1号

一之瀬丸・神奈川県金沢八景
ドキドキしたいなら、マゴチ釣り(東京湾)がオ・ス・ス・メ

05_main.jpg
「来てるよ!合わせて!!」、「よっしゃ乗ったぁ~~!!」 船上で威勢のいい声が響き渡る~。昨年よりも型が見られるといわれている東京湾のマゴチ。今回は、きめ細かい情報提供や女性にも優しい船宿、横浜・金沢八景『一之瀬丸』の「マゴチ部!」に入部してまいりました!

女性や初心者には本当に嬉しい配慮がたくさん!

看板の下には、今日の釣り物が一目瞭然!
今回の船宿『一之瀬丸』。実は私の女性釣り友達の定宿で、ヤリイカの活魚パックでイカを生きたまま持たせてくれたり、「船長さんからの釣りレクチャーは物凄く手厚い!」と聞いておりました。ネットでホームページを拝見すると、釣りの様々なQ&Aや、初心者にも分かりやすい情報が掲載されている。実際に行ってみると、駐車場への移動は丁寧な誘導付き、釣り人や宿の皆さんの雰囲気も女性ウエルカムな感じが溢れ、おまけに女性専用更衣室&トイレも完備! これは女性釣り師の定宿になるわけだと頷けました。(感動)

釣り座もこれなら確保確実!!
昨日の釣果も今日の参考に!
すべてが親切!

イケメン船長登場!!

テラスから見る船はどの船もキレイ!!
ひとしきり感動した後、いそいそと船へ荷物を移動させていると、大きな発泡を持ったEXILE系のイケメンが現れた! マゴチ船担当、渡辺直人船長と判明。私のひと回りは年下と思われるが、とても貫禄があり頼もしい。餌のサイマキをセット後、自然と船長の周りに釣り人が集まって、船長直々にマゴチ釣りのレクチャーが始まった。私もカメラを構えつつ拝聴すると、とても丁寧で分かりやすく、特に重要な餌付けはとても参考になった。釣りをする前のこのレクチャーはとっても重要で、「初心者の方からベテランまで釣りをサポートする船宿!」とホームページに書かれていた通りでした。

エサのサイマキは鮮度抜群
船長直々の釣りレクチャー
餌付けも丁寧に教えてくれました

潮回りはイマイチ…ここは船長の腕の見せ所!

ベテランの釣り人も準備OK!いよいよ出船です。朝イチ向かうのは、昨日食いが良かったと言う第一海堡沖の浅場。最近の状況を船長に伺うと、「昨日は潮回りがあまり良くなかったが、潮が下げて動いた時にバタバタッと食った」との事。「今日も潮がうまく動いている時間帯か、場所によって潮が動いているところを見つけて、食い気のある魚を探す感じになることとなりそうだ」との事。
30分程走りファーストエリアに到着。船長の「朝イチ集中してみて!」というアナウンスで、みなさん揃って投入。その中で、右舷トモ(船尾)に釣り座を構えたベテラン釣り師の塩井豊さん(金沢区)の竿に目を奪われた。ピカピカに光る手作りの和竿は、釣り物別にご自分で作られるそうで、しかも、釣ってきたハゼを餌にマゴチを狙うというこだわりよう。GW明けには67.5cmのビックワンを釣り上げたのだそうだ。
そんな話を伺っていると、反対側のトモに船長がバビューンと駆け寄って行った! この日のファーストフィッシュを釣り上げたのは、須永照夫さん(磯子区)。マダイ、イサキ、スミイカ、マゴチ釣りなどをされているマルチベテランアングラー。「ガツン!と入ったよ」と感触を伝えてくださいました。それからなんと須永さんにアタリが連発!ですが、なんと上がってきたのは“金アナゴ”。しかも2本も!! 嬉しい悲鳴があがりました。

第一海堡沖に到着!
美しい和竿!
ご自分で釣ったハゼ餌で!

須永さん!素敵な笑顔!!
金アナゴの珍客!太い!!

体育会系?!渡辺直人船長率いる「マゴチ部」!!

そのアナゴの珍客を皮切りに、フグ、シリヤケイカ、などのアタリが続き、中々マゴチらしきアタリが出ない。船長の合図と共に移動を開始。到着したのは水深10m程の場所。「先ほどの場所より根がキツイので、タナ取りをマメに」とスピーカーから船長のアドバイス。ここでのファーストヒットは、大きなカワハギ大会の決勝に出場の経験があると言う遠山靖さん(日野市)。マゴチ釣りは初めてで、繊細な釣りで培った丁寧なタナ取りがキャッチに繋がった。
頻繁にスピーカーから出される船長の指示がとても的確で、皆さん一丸となって釣りしている感じが、昔懐かしい「部活」の雰囲気を思い出させてくれました。名付けて「マゴチ部!!」。移動後またアタリが出始め、私の釣り座のお隣、普段は磯釣りをされていると言う清水康雄さん(新宿区)がキャッチ。続いて、泳がせ釣りが大好きだと言う左舷のミヨシの阿久根雅孝さん(横浜市)も、アタリが何度かあった末に、ようやくマゴチを手に! そして、マイロッド&マイベイトで挑戦の塩井豊さんにも良型が。それを見届けた後、釣りをしたくてウズウズしてきた私は、顧問(船長)の了解を得て、「マゴチ部」への参加を了承していただきました♪

遠山さんのロッドサバキはとても繊細!
清水さんはこの1匹から快進撃が!
料理人の阿久根さん、帰ったら一杯ですねっ♪

塩井さんもマイロッドでこの通り!
仕掛け図

来るか、来ないか…!?

潮の流れが緩いからと、船長のアドバイスでハリスを50cm程短くして結び直し、餌付けを丁寧にしてから仕掛けを投入。ハリのヒューズも外して動きが出るようにしてみた。タナ取りを小まめにして間もなく、竿先にもたれるような感触が。朝のレクチャーの時に聞いた、「アタリが来たと思ったら少しロッドを送り、それから持ち上げて聞いてみる!」を実践。すると、グッグッグッ…っと引っ張られる手応え、そして私の心臓はドキドキドキ…また少しロッドを送ってみると…。
「合わせろ!!」という声と共に、反射的にグィンと腕を振り上げた!「ガツン!」。そして海面に突き刺さる竿先!!「来た、来た、来た~~!!私、持ってる~~!!」と思わず叫んでしまいました(恥)。海面に浮かんできたマゴチを船長が即座にネットイン!「やった~~!!」。またお刺し身が食べられる~~♪ということで、今回も船長をはじめ、皆様の釣り方を見て勉強させて頂いたお蔭で、また貴重な1匹を手にすることが出来ました。『一之瀬丸』「マゴチ部」サイコ~!沖上がり間際に八景沖に移動、そこではこの日最大の61cmも上がった。

サイマキの腕のくぼみにハリを差し込むと元気に泳いでくれる
遠山さんに大型が!
須永さんも良型!

リベンジに来たという西崎肇さんも、初マゴチキャッチ!
マゴチに付ける目印!
「了解です!」

顧問(船長)のアドバイスは的確です!!
61cm!大きい!!

味は抜群!神経締め!!

早業「神経締め」!
ちなみに、沖から上がると、希望者には船長自ら「神経締め」を施してくれて、最高の鮮度で持ち帰ることが出来ます。神経締めをした後、そのまま新聞紙で包んで冷蔵庫で4日間熟成させると、味わい深~いお刺し身が食べられると船長から教えて頂いたので、4日後の夕食にマゴチの熟成刺し身が登場しました。
息子に最初の一口を試してもらうと、「ん~~っ、プリップリ~♪」という返事が(笑)。アッという間に残り少なくなってしまい、「ママ、おかわりないの~?」とのご要望に、今度はもうちょっと大きいの釣らなくちゃね…と苦笑いの“ママ釣り師”でございました(汗)

次々と!!
4日後の熟成マゴチ!
プリップリ~でした!!

(釣りビジョンAPC・ママアングラー 西條亜弥)

今回利用した釣り船
神奈川県金沢八景『一之瀬丸』
〒236-0028 神奈川県横浜市金沢区洲崎町6-7
TEL:045-782-3714 (定休日:毎週木曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
一之瀬丸ホームページ
出船データ
乗船料金:マゴチ船9,500円 女性・子供料金5,000円(サイマキ餌5匹付き)
出船:集合6:30 出船7:00
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー