オフショアマガジン
2010.5.1号

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港
魅惑のライト五目釣り!!

004_main.jpg
神奈川県・湘南エリア、茅ヶ崎港『まごうの丸』から出船している「ライト五目釣り」という乗合船をご存知だろうか?ウィリー2本バリ+カラバリ1本に沖アミを付け、コマセカゴ40号を使用するとてもライトな仕掛け。この釣り方、どんな魚が釣れて来るのか分からないのも大きな魅力。釣り方の動作もとても簡単なので、家族や恋人や仲間たちと気軽にワイワイ楽しむには最高の釣りだ。

意外と近い湘南・茅ヶ崎

取材日は4月24日(土)。未だに“三寒四温”が続く今春だが、本号が配信される頃には晴天続きの釣り日和になっていてほしいものだ。自宅のある川崎市高津区を午前5時前に出発、茅ヶ崎港に到着したのは丁度1時間後の6時前。ちなみに第三京浜(川崎IC)→横浜新道→国道1号線→新湘南バイパスと走ったが相当に早い(近い)。日中は必ず大渋滞する1号線の“戸塚・原宿交差点”周辺もさすがに渋滞はなかった。そもそも湘南は都心からでも充分近いのだ。

合計6種類の乗り合いが出船

『まごうの丸』では現在、今回乗船した「ライト五目船」の他にも「マルイカ船」、「シロキス船」、「マダイ五目船」、「ビシアジ船」、「ヤリ・スルメイカ船」の計6種類の乗合船を出している。各船とも7時出船なので、遅くとも1時間前には船宿に到着しておきたい。
『まごうの丸』の乗船手順は、“まごうの丸オリジナルHP”をご覧頂きたい。この辺のところがWEBマガジンの良い所でもある!

船宿店舗外観
釣り座選択用紙
各船の看板前に荷物を置き場所取り

無料のレンタルタックル

シカケ類は受付で購入可
今回も船宿のレンタルタックルを利用した。『まごうの丸』では、朝の受け付け時に竿・リール・ビシの一式を1000円支払って借りる。返却時に全て“無事”ならその1000円は戻ってくる。要するに紛失しなければ基本的に道具は無料で借りられるのだ。
※電動リールやその他有料の道具もあるのでレンタルが必要な場合は必ず事前に確認しておこう!

多彩な獲物が魅力

「ライト五目船」には自分を含め12人が乗船して定刻に出船。まずは湘南の海のシンボル“エボシ岩”周辺から釣り始めた。水深は30m前後。どうやら中層にビッシリと魚の反応があるようだ。「15mからやって下さいね!」と船長から指示がある。
今の時期、メインで釣れるのはマアジやマルアジ。しかし、この釣りは様々な魚種が釣れてくるのが最大の魅力。その他にもイシダイ・マダイ・ハナダイ・クロダイ・メジナ・イサキ・メバル・カサゴ・カワハギ・サバ・イワシなどが顔を出すらしい。さて本日は何種目達成できるのか!?
最初の場所ではサクラダイやイスズミなどの餌取りも釣れて来たが、早速メバルをゲットした人もおり、まずは幸先良いスタートを切った。

エボシ岩の向こうに江ノ島が見える
まずはメバルゲット!

笑顔がステキなナイスガイ

仕掛け図
田中船長は年間を通じてライト五目乗合船をやっており、「分からないことがあれば何でも聞いて下さい!」と笑顔がステキなナイスガイだ!

マアジが好調!

その後、小田原方面へポイント移動を繰り返し、通称「コウガネの漁礁」でバタバタとマアジが釣れ出す。見知らぬ釣り人同士が“当りダナ”を教え合う光景を何度か見た。同じ船に乗る釣り好き同士、このように皆仲良く釣りができれば最高だ。その後、国府津沖で大型のマアジが釣れてくる。

嬉しいダブル!
釣れればこの笑顔!

6魚種釣り達成の人も

取材もひと段落したので自分でも竿を出す。目標は“五種目"ゲット!この際魚種は問わないことにする。しかし、食いが悪い…ポツポツと釣れてくるが同じナタで誘っても続かないのだ。と、そこで隣の釣り人にヒット!釣れてきたのは立派なカサゴ。仕掛けを良く見るとコマセカゴを外し胴付きの身エサ仕掛けにチェンジしていた。これが大当たり!その後も大型のカサゴやマハタまで釣れてしまった!少々イレギュラーではあるが…これで本命の魚種、メバル・マアジ(マルアジ)・ベラ・カワハギ・カサゴ・マハタの6種目釣りを達成。その後も再度大型のカワハギを追加し、船は大きく茅ヶ崎方面へ戻った。残り時間は1時間を切っていた。

ダブル!!
カサゴでかっ!
マジで!?マハタです!
カワハギだって良型!

怒涛のラストスパート!

船長が最後に選んだ釣り場は、エボシ岩沖の漁礁群。それまでより水深もグッと深くなり70m前後。「海底付近に濃い魚群反応が出ているよ」と船長。そしてすぐに答えが返ってきた。ハナダイ、ホウボウ、大型アジ、ムシガレイ、そしてアマダイの5魚種が釣り上げられた。 実はこのポイントに入ったのは終了時間の14時丁度。それまで約45分間、船長は魚群反応を探し回っていた。「さすがに今日は、ちょっと残業しなきゃ申し訳ないね!」と気の良い田中船長が笑った。 こうして14時20分に沖上がり。ちなみに自分の釣果は…マアジとマルアジを2種目と数えて良いのならソレである。まっ、あまり多くを語りたくはない…。しかし、船中では合計10種目を制覇!!やっぱ凄い釣りでした。

ハナダイゲット!
ホウボウゲット!
ムシガレイゲット!
アマダイゲット~!!

「釣りビジョンプレミアムマガジンを見た!」と言ってね

この記事を読んで茅ヶ崎港『まごうの丸』に行ってみたくなった方は電話で問い合わせた際に「釣りビジョンプレミアムマガジンを見た」と言ってくれれば話しが早いのでそうお願いしたい。

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
神奈川県・茅ヶ崎港『まごうの丸』
〒253-0061神奈川県茅ヶ崎市南湖6-12988
TEL:0467-86-5938
(5月の定休日:11日(火)、18日(火)/6月の定休日:1日(火)、15日(火)、29日(火))
詳細情報(釣りビジョン)
まごうの丸ホームページ
出船データ
乗船料金:¥9,000-(氷1個付)
7時出船~14時帰港 ※5月初頭に出船時間が6時30になりますがまだ未定。必ず事前にご確認下さい
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー