オフショアマガジン
2010.5.15号

第八幸松丸・静岡県沼津静浦
沼津沖のムギイカ絶好調!束釣り連発

05_main.jpg
麦の穂が付く頃に釣れるので“ムギイカ”、いかにも日本らしい呼び名である。正体は、スルメイカの“子供”だが、身質が柔らかく、味も絶品。“親”を凌ぐ大人気の釣り物だ。そのムギイカ、駿河湾・沼津沖では、例年、GW中には本格的に釣れ出すのだが、今シーズンは少々遅れてスタートを切った。5月12日、沼津・静浦港の『第八幸松丸』船長から、「すぐおいで!」との連絡を貰い、取るものも取り敢えずすっ飛んで行った。

沼津・静浦港へと急行!

出船前のピンクの釣船・第八幸松丸
「やっと本チャンで釣れ出したよ。今夜なら絶対釣れるから、すぐおいで!」。『第八幸松丸』の松坂孝憲船長の電話に、抱えていた仕事を手早く済ませ、釣り道具を車に積み込んで沼津・静浦港へ急行した。

“早夜船”と午後11時出船の“深夜船”の2便

『第八幸松丸』のムギイカ乗り合いは、午後5時半出船の“早夜船”と午後11時出船の“深夜船”の2便あるが、平日は“深夜船”のみの出船ということで、午後10時過ぎ、静浦港漁協横の集合場所へ到着した。車は船の目前に駐車でき、荷物等の積み下ろしも楽だ。既に8人の釣り人がやる気満々の風情で仕度を進めていた。

第一投目から入れ食い!7点掛け!

午後11時、定刻に河岸払い。釣り場は航程10分程の目と鼻の先。すぐに集魚灯を灯した30隻近い船団が現れた。釣り場に着くと僚船3隻がもやいをとって、縦に並んで釣りをしていた。この3隻は“早夜船”だ。30分程前にようやくノリ始め、今まさにピークとのこと。丁度そこに到着したという幸運に恵まれた。我々の船もアンカーが打たれ集魚灯が灯ともされた。
「はい、やって~!まずは50mからやってみようか!」船長のアナウンスにも気合が入る!一斉に仕掛けが投入されたが、指示ダナの50mまで仕掛けが落ちない内に次々にギュンギュンと竿が曲がっていった。
そんな中、出船前、「あの人は上手いよ」と船長から耳打ちされていた関口一(せきぐち・はじめ)さんは、左舷ミヨシに陣取り、鮮やかな手釣りで1投目から7点掛けをやってのけた。ほぼ毎週、来ているとのことで、手返しがとにかく早い。「こりゃー凄い釣れっぷりだね!」と関口さんも満面の笑み。そして2投目も3投目もほぼ全員が2~5点掛けと船中大賑わいでスタートした。

自分のクーラーに水を貼ってイケスがわりに準備しておこう
あっという間にこの釣果!

手釣りは直結仕掛け・竿釣りはブランコ仕掛け

ムギイカ釣りの基本スタイルは手釣りと竿釣りの2通り。手釣りの場合は、市販の道糸に下向きに水中ライトをつけ、直結仕掛け(幹糸8号、浮きスッテ=2.5号=8~10本)が一般的。
竿釣りは、ムーチングタイプのロッドと中型電動リール。道糸はPE3~4号。やはり水中ライト下向きにつけ、ブランコ仕掛けの5本ヅノ(幹糸8号、枝ス5号)。ツノは、プラヅノ(14cm)と浮きスッテ(2.5号)の両方を用意した方がいい。日によってプラヅノがいい時と、逆に浮きスッテがいい時があるためだ。この日も最初の1~2時間は浮きスッテがよかったが、後半ノリが悪くなってからはプラヅノの方が圧倒的によかった。オモリは80号が基本だが潮ぐあいによっては100号も使用する。

LED水中ライト
プラヅノ仕掛け
手釣り道具一式
2.5号の浮きスッテ
仕掛け図
仕掛け図(手釣り)

フォーリング中にノせる業

この日、竿釣りの常連さんが主にやっていた釣り方はフォーリング中、スプールに指をあて、小刻みにサミングして誘いをかける方法。船長の指示ダナが30mとすると、ロッドキーパーに竿を置いた状態で、スプールの上に指を置き、15mあたりから1m刻みにサミングをかけて仕掛けを1~2秒間隔でストップさせながら落としていく。1m刻みにストップすることで、スッテやプラヅノが“ふわ~っ”と落ちてくるイメージを作るのだという。確かに、それを目の前でやって頂くと、ほぼ確実にノって来た。
また、夜のムギイカ釣りはノリが悪いからといって、やたら下まで仕掛けを下ろしてはならない。スッテを追いかけて上がってきたイカの群れが深いタナへと下りていってしまうからだ。そのため、船長から指示されたタナは必ず守ること。その船に乗った釣り人のチームワークによりイカの群れを浮かせて自分の船に群れを寄せることが出来るのだ。

4尾きていたけどはずしちゃったから1尾だけね!
やりましたダブルー!!

今度は10本ヅノに10点掛け、パーフェクト!

開始から1時間。少しノリが悪くなり、船中では1尾ずつポツリポツリといった程度になってきた時、「こりゃ~重いぞ!」。関口さんが急に大声をあげた。1投目の7点掛けよりも重いとのこと。1尾、2尾…9尾、10尾!何とパーフェクト達成である。圧巻の一言だ。
その後、船中もうひと賑わいはあったものの、午前1時半にはピタリとノリが止まってしまった。潮止まりの時間帯なので仕方ない。
船長の話では、明け方にもう1回チャンスがあるとのこと。ここから3時半までは辛抱の釣りとなった。そして、船長の予告通り、沖上がりの4時半少し前、再び2点掛け、3点掛けが連発。最終的な釣果は8人中4人が100尾超えの束釣り、竿頭の関口さんは163尾の好成績で全員が大満足での納竿となった。

もはや持ちきれません(笑)
小型のムギイカは沖漬けにしてもち帰ろう♪

“時合”を逃さず釣ろう!

美しい朝焼け
ムギイカ釣りでは、釣果に大きく差がでることがよくある。その辺を船長に聞いてみた。「ムギイカも他の魚と同じように“時合”がある。その時合を逃がさずいかに釣果に結びつけられるかだな。まぁ、基本どんな釣りも一緒だよ!」

沼津沖のムギイカは今が最盛期!長くても6月半ばまで

ちょっぴりセンチなもうすぐ40歳♪松坂船長
この日は、開始から2時間入れ掛かり状態だったが、日によっては、夜中ずっとその状態が続く日もあるという。また、明け方にノリが集中することもあるそうだ。また、雨の日は釣果が上がるそうだ。雨の日は敬遠されがちだが、暖かくなってくるこの時期、雨の日に入れ食いを狙って出掛けてみるのもいいかも。
例年なら、沼津沖のムギイカは6月頭には終盤を迎える。しかし、今シーズンはスタートが遅れた分もう少し長く楽しめるかもしれない。詳しい状況は、松坂船長まで電話して聞いてみよう!

(吉田 洋一郎)

今回利用した釣り船
沼津静浦港:第八幸松丸
〒410-0105 静岡県沼津市馬込135-1
TEL:090-2578-8218 (定休日:元旦のみ)
詳細情報(釣りビジョン)
第八幸松丸ホームページ
出船データ
全日(深夜船):23時出船、4時沖上がり
土・祝前日のみ(早夜船):17時30分出船/10時30分沖上がり
※ 多少日により出船時間がかわるため、電話にてご確認ください。
乗船料金:9,000円(氷付)
貸竿:1,000円・プラヅノ:1,000円・スッテ:1,500円
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー